自作ゲームの紹介動画を「INDIE Live Expo」公式YouTubeチャンネルで公開できる。8/1(木)スタートの新企画「週刊 INDIE Waves」、紹介タイトルを随時募集

2024.06.17
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 「INDIE Live Expo」による新たなゲーム紹介企画「週刊 INDIE Waves」、2024年8月1日(木)より開始
  • ゲーム開発者から自作ゲームの紹介動画を募集し、公式YouTubeチャンネルで公開する企画
  • エントリー料は無料。応募動画は、素材不備などの事情がない限りすべて公開予定

インディーゲーム情報を世界中に発信する番組「INDIE Live Expo」は、2024年8月1日(木)より、誰でも気軽にゲームを紹介できる新しい企画「週刊 INDIE Waves」公式YouTubeチャンネルで開始します。

それに伴い、同企画で紹介するタイトルの募集が開始されています。

「週刊 INDIE Waves」は、「INDIE Live Expo」内のコーナー「INDIE Waves」と同じような形式で、ゲーム開発者が応募申請したインディーゲームを映像とともに紹介する、という内容。24時間365日流れるのも特徴の一つです。

INDIE Waves 1 日本語ナレーション版【INDIE Live Expo 2024.5.25】

本企画では、個人/チーム問わずあらゆるゲーム開発者から、自作ゲームを紹介する30秒以内の動画を募集しています。

1週間に一度、新たなタイトルの動画が追加されていき、各タイトルの動画の公開期間は4週間。期間が過ぎると、新たなタイトルの動画と交代します。

応募するタイトルは、素材不備やYouTubeガイドラインの抵触がなく、公序良俗に反していないものであれば、すべて公開予定です。

応募は専用の募集フォームより受け付けています。エントリー料は無料。締切の設定はなく、いつでも応募できます

(画像はニュースページより引用)

また、本企画で高い注目を集めたタイトルは「INDIE Live Expo」本編でも紹介予定とのことです。

なお、基本的に発表済みタイトルの紹介に「週刊 INDIE Waves」を活用し、初出のタイトルである場合は「INDIE Live Expo」本編へ出展することが推奨されています。

詳細は、公式サイトのニュースページをご確認ください。

「誰でも気軽にゲームを紹介できる新企画「週刊 INDIE Waves」紹介タイトル募集開始!」INDIE Live Expo公式サイト

関連記事

Unreal Engine 5.4.3がリリース。Mac向けにパッケージ化する際に起こるエラーの修正や、BaseDeviceProfiles.iniの2024年発売のiPadへの対応など
2024.07.17
税込5万円以下でMini LED・量子ドットを採用した「Xiaomi Mini LED ゲーミングモニター G Pro 27i」、7/25(木)に発売
2024.07.16
インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲームのボイス制作全般を担う新たな分野「ボイスデザイン」とは。Audiokineticのブログで解説記事が公開
2024.07.11

注目記事ランキング

2024.07.10 - 2024.07.17
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ラグドール(Rag Doll)
ラグドール ぬいぐるみを意味する英語。 ゲームにおける、キャラクターの全身が脱力したかのような挙動を行う物理シミュレーション。ラグドール物理。 例えば、上空からの落下やキャラクターが死亡した際に用いられる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!