ゲーム開発者向けの技術ビジネスイベント『GTMF2023』が東京・大阪で開催へ。一般参加者は入場無料

2023.03.01
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • ゲーム開発者向けの技術ビジネスイベント『GTMF2023』が6月30日(金)に大阪で、7月4日(火)には東京で開催
  • 出展企業のブース展示やセッションのほか、ライトニングトークの場も設けている
  • 一般参加者は入場料無料。後日公開予定の受付フォームにて事前登録が必要

CRI・ミドルウェアが幹事を務めるGTMF運営委員会は、ゲーム開発者向けの技術ビジネスイベント『GTMF2023』を東京・大阪の2会場で、オフライン開催することを発表しました。

「GTMF(Game Tools & Middleware Forum)」は、ゲーム開発向けのツールやミドルウェアなどのソリューションに特化したビジネスイベントです。ゲーム開発に関連する企業によるブースが出展されるほか、企業によるツールの最新情報や事例紹介などのセッションも実施されます。

そうしたセッションの合間には、ライトニングトーク「GTMF Meet-Ups」の場も提供されているうえ、『GTMF2023』では誰でも申し込み・登壇できます。

GTMFは2003年から2019年までに17回開催されてきましたが、2020年から2022年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により中断。

4年ぶりに開かれる今回のイベントは、大阪会場であるナレッジキャピタル コングレコンベンションセンターでは6月30日(金)に、東京会場の秋葉原UDXでは7月4日(火)に開催されます。

どちらの会場でも一般参加者の入場料金は無料ですが、後日公開予定の「事前来場者登録」の受付フォームから申し込みが必要です。

なお、本イベントの対象者はゲーム開発者だけでなく、ゲーム開発者を育成する団体の関係者(教員、学生)  、ゲーム開発技術に興味を持ち、他業界で開発に携わる方と多岐にわたります。  

また、本イベントは出展社の募集も開始しており、『GTMF2023』公式サイトで公開している「出展プログラム資料」で詳細を確認可能。 一部プログラムは2023年3月31日(金)までの申し込み、かつ先着順で早期申し込み割引が適用されるとしています。

『GTMF2023』の詳細は、こちらからご確認ください。

『GTMF2023』公式サイト

関連記事

Godot Engine勉強会「Godot Meetup Tokyo Vol.2」、7/26(金)19時から渋谷で開催
2024.07.18
Unreal Engine 5.4.3がリリース。Mac向けにパッケージ化する際に起こるエラーの修正や、BaseDeviceProfiles.iniの2024年発売のiPadへの対応など
2024.07.17
税込5万円以下でMini LED・量子ドットを採用した「Xiaomi Mini LED ゲーミングモニター G Pro 27i」、7/25(木)に発売
2024.07.16
インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!