プログラミング不要のRPG制作ツール『RPG Developer Bakin』、Steamにてアーリーアクセス開始。使いやすい機能とアセットが豊富に揃い、ゲーム作りをサポートする

2022.10.20
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • SteamでRPG制作ツール『RPG Developer Bakin』のアーリーアクセスを提供開始
  • プログラミング知識不要で制作できる機能が揃う
  • 3Dと2Dのグラフィックやサウンド、エフェクトのアセットも豊富に用意

2022年10月18日(火)、スマイルブームはRPG制作ツール『RPG Developer Bakin』のアーリーアクセス版をSteamでリリースしました。価格は6,980円(税込)で、10月25日(火)までは10%オフの6,282円(税込)で購入可能。

『RPG Developer Bakin』は、プログラミング知識が不要であることが特徴のRPG制作ツール。マップエディター、イベントエディター、キャラクターのステータス設定用のデータベースなど、ゲーム制作を補助する機能が揃っています。本作で制作したゲームは、有償無償を問わず、ロイヤリティーフリーで配布可能としています。

地面を高低差をつけたり、オブジェクトを配置したりといった操作が手軽に行えるマップマップエディター機能

会話やサウンドを鳴らすといった機能を備えた「イベントパネル」を組み合わせてイベントを作り上げる

会話イベントで使える「吹き出し」機能も実装している。吹き出し画像を自作のものに差し替えも可能

建物や自然物などの3Dグラフィック、2Dキャラクターグラフィック、パーティクルを使ったエフェクト、BGM・SEを含むサウンドなど、ゲーム制作に役立つアセットも多く提供されています。本作とは別に無料DLCとしてSteamで配信されているアセットについては、別途ダウンロードが必要です。また、有料DLCとして、モチーフの異なる3Dモデルリソースパック『Ancient Pack』『Western Pack』『Modern City Pack』も配信中。

ピクセルアートのキャラクター素材は、フィールド・バトルで使えるモーションを含んだ11体のメインキャラクター、36体のサポートキャラクター(Wait/Walkモーション)、26種類66体のモンスター(Waitモーション)を用意している

なお、『RPG Developer Bakin』の「Bakin」の読みは「バキン」。曲亭馬琴のように素晴らしい物語を、ユーザーがゲームとして描き出せるツールにしたい思いを込めて名付けたという。

本作の詳細は、『RPG Developer Bakin』公式サイトSteamのストアページをご確認ください。

『RPG Developer Bakin』公式サイト『RPG Developer Bakin』Steamストアページ

関連記事

インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲームのボイス制作全般を担う新たな分野「ボイスデザイン」とは。Audiokineticのブログで解説記事が公開
2024.07.11
『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10
デザインツール「Affinity」シリーズの3製品、6か月無料の試用版を提供開始。各製品のセールも実施中
2024.07.09

注目記事ランキング

2024.07.08 - 2024.07.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!