『スプラトゥーン3』開発者へのインタビュー記事が公開。シリーズの世界観や新要素追加へのこだわりを詳しく解説

2022.09.09
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 任天堂による開発者インタビュー企画「開発者に訊きました」第7回目
  • 『スプラトゥーン3』開発者へのインタビュー記事
  • 世界観の描き方や新要素の追加経緯などの開発の裏側が紹介される

任天堂は、ゲーム開発における意匠を紹介する企画「開発者に訊きました」の第7回として『スプラトゥーン3』の開発者へのインタビュー記事を公開しました。本インタビュー記事は4部構成で、2022年9月7日より2日間に分けて公開されています。

記事では、シリーズ通してのプロデューサー 野上 恒氏をはじめとする4人のゲーム開発者の『スプラトゥーン3』開発における考えやこだわりが紹介されました。スプラトゥーンシリーズの世界観の描き方や本作の舞台設定の工夫、「ロッカー」や「ナワバトラー」といった今作からの新要素の追加経緯などの開発の裏側を知ることができます。

ロッカー
プレイヤーの個性を表現できるだけでなく、アイテム収集を目標に対戦することも可能に(画像は「開発者に訊きました:スプラトゥーン3より引用)

ナワバトラー
集めたカードで対戦できるため、カードゲームの流行をプレイヤーが実感できる。説得力のある世界観(画像は「開発者に訊きました:スプラトゥーン3より引用)

また、他にも「お祭り」をテーマにしたBGM、強化されたユーザー間のコミュニケーション機能における工夫など、『スプラトゥーン3』の開発情報が多くの画像や動画とともに分かりやすく解説されています。詳しくは「開発者に訊きました:スプラトゥーン3」のインタビュー記事をご確認ください。

スプラトゥーン3 公式サイト「開発者に訊きました:スプラトゥーン3」インタビュー記事

関連記事

税込5万円以下でMini LED・量子ドットを採用した「Xiaomi Mini LED ゲーミングモニター G Pro 27i」、7/25(木)に発売
2024.07.16
インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲームのボイス制作全般を担う新たな分野「ボイスデザイン」とは。Audiokineticのブログで解説記事が公開
2024.07.11
『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10

注目記事ランキング

2024.07.10 - 2024.07.17
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ラグドール(Rag Doll)
ラグドール ぬいぐるみを意味する英語。 ゲームにおける、キャラクターの全身が脱力したかのような挙動を行う物理シミュレーション。ラグドール物理。 例えば、上空からの落下やキャラクターが死亡した際に用いられる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!