振動で「ズシンと重い」や「左右に揺れる」感触を表現!「ハプティクス」の紹介記事がakBlogで公開

2024.03.30
ニュースサウンド
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Audiokinetic、ハプティクスの概念やハプティクスのデザインツールを紹介する記事を「akBlog」で公開
  • ハプティクスとは利用者に力や振動、動きなどで皮膚感覚フィードバックを与える技術のこと
  • デザインツール「AMPTIX」は、Audiokinetic提供のオーディオミドルウェア「Wwise」と連携可能

Audiokineticは2024年3月19日、「Wwiseで実現するリアリティのあるハプティクス効果」と題した記事を「akBlog」上で公開しました。

本記事は、ゲーム用ハプティクスのデザインツール「AMPTIX」を開発しているミライセンスの代表取締役 香田 夏雄氏による執筆です。ハプティクスの概念や、Audiokineticの提供するオーディオミドルウェア「Wwise」とAPMTIXの連携などについて解説しています。

ハプティクスとは、利用者に力や振動、動きなどで皮膚感覚フィードバックを与えるテクノロジーのこと。ゲームにおいては、コントローラーの振動などがハプティクスの歴史の始まりとされています。

(画像はakBlogより引用)

同記事では、作成した効果音などの音声をもとに「AMPTIX」を用いて触感を作成する仕組みが解説されています。

同社の「力覚感」と呼ばれる技術を使えば、重みを感じたり、左右に振られたりする感覚をコントローラーの振動に入れ込むことが可能になるとのこと。

(画像はakBlogより引用)

AMPTIXは、プラグインを追加することでWwiseとの連携も可能です。記事では、プラグインを追加し、ハプティクスを再生するまでの具体的な連携手順が記載されています。

また、プラグイン追加後のWwise上で利用可能な「RTPC再生」などについても紹介されています。これは、コントローラーを振動させたままハプティクスのパラメーターを変更し、リアルタイムで確認しながら編集できる機能です。

詳細は、akBlogをご確認ください。

「Wwiseで実現するリアリティのあるハプティクス効果」akBlog

関連記事

ゲームのボイス制作全般を担う新たな分野「ボイスデザイン」とは。Audiokineticのブログで解説記事が公開
2024.07.11
18,939曲のフリーBGMが掲載。フリーBGM協会、協賛作曲家のBGMを検索・視聴できる「フリーBGMデータベース」を発表
2024.06.26
Epic Games、UEとUEFNにおけるオーディオ技術の紹介記事を公開。メタバースのサウンド構築に使える「MetaSounds」、音楽制作ツールセット「Patchwork」なども解説
2024.06.18
ゲームの振動は誰が、どのように作るべきか?――『FORSPOKEN』開発者やサウンドディレクターら4名が“現代の触覚デザイン”を徹底討論【SIG-AUDIO 2024 Vol.03レポート】
2024.06.06
荷ほどきゲーム『Unpacking(アンパッキング)』に収録された効果音は14,000種以上。膨大なサウンドデータを効率よく命名・整理した方法を、Audiokineticが公開
2024.05.22
iZotope、高機能オーディオリペアツール「RX 11」を発売。機械学習による超強力なノイズ除去ツールの進化など、注目の新機能を紹介
2024.05.17

注目記事ランキング

2024.07.08 - 2024.07.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!