小型eGPUボックス「GPD G1」の最新バージョンが登場。OCuLinkにより3画面同時出力を実現する「GPD G1 2024」、リンクスインターナショナルから発売中

2024.03.29
ニュース周辺機器・ハードウェア
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • AMD Radeon RX 7600M XTを搭載したeGPUボックス「GPD G1 2024」がリンクスインターナショナルから発売
  • 2023/11/2発売の「GPD G1」からサイレントモード切り替え機能などが追加
  • OCuLink接続によりグラフィック性能が飛躍的に向上

AMD Radeon RX 7600M XTを搭載したeGPUボックス「GPD G1 2024」が、リンクスインターナショナルから発売されています。価格は108,800円(税込)です。

(画像はGPD G1 2024製品情報ページより引用)

本製品は、2023年11月2日(木)にリンクスインターナショナルより発売されたeGPUボックス「GPD G1」に新機能を搭載した2024年モデルです。

「GPD G1」にはAMD Radeon RX 7600M XTが搭載されており、240 W窒化ガリウム電源を使用することで小型・軽量化を実現しています。Thunderbolt 3/Thunderbolt 4/USB4でPCに接続可能であり、またOCuLink規格で接続をすればグラフィック性能を飛躍的に向上させることができます。

GPD G1は2023年11月2日(木)に発売された(画像はGPD G1製品情報ページより引用)

今回、「GPD G1 2024」にバージョンアップするにあたり、「サイレントモード」と「通常モード」の物理切り替えスイッチが実装されました。また、SD4.0カードスロットが搭載されたほか、USB PD給電時の対応W数が65Wに増加しました。

(画像はGPD G1 2024製品情報ページより引用)

多彩なインターフェースが備えられており、OCuLinkによるeGPU機能を用いることで、最大3画面の同時出力が可能です。

(画像はGPD G1 2024製品情報ページより引用)

「GPD G1 2024」の基本スペックは以下の通りです。

グラフィックスチップ GPU AMD Radeon™ RX 7600M XT
ベースクロック 1500MHz
ゲームクロック 2300MHz
ブーストクロック 2615MHz
メモリ 規格 GDDR6
帯域 288GB/s
容量 8GB
インターフェース 1×Oculink (SFF-8612)
1×USB4
1×HDMI 2.1
2×DisplayPort 1.4a
3×USB 3.2 Type-A
1×SD4.0 カードスロット
※1
搭載電源容量 240W
1×USB4ケーブル
1×電源ケーブル
1×マニュアル
※2
保証期間 1年
本体サイズ 225×111×30mm(D×W×H)
本体重量 約920g

※1 USB 4はPD充電対応
※2 OCuLinkケーブルは別売りオプション

また、OCuLinkケーブルM.2 to Oculink変換カードをセットにした「GPD G1 アクセサリ」が別売りで販売されています。価格は6,450円(税込)。

詳細は製品情報ページをご確認ください。

「GPD G1 2024」製品情報ページニュースリリース

関連記事

最薄部は3.7mm。10.5インチの薄型モバイルモニター「UQ-PM10FHDNT-GL」、ユニークから発売
2024.04.09
Steamの「実績解除」を手軽に実装。インディーゲーム開発者のザクロスケ氏、Unity用ビジュアルノベル制作ツール「宴」のプラグインを無料公開
2024.04.16
「GDC 2024」講演の動画・スライド資料の多くが「GDC Vault」で無料公開。『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』や『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』などの講演も
2024.04.15
Xiaomi、4万円を切る34型の湾曲ウルトラワイドゲーミングモニター「G34WQi」を発売。リフレッシュレートは180Hz、応答速度は1msをサポート
2024.04.15
Nintendo SwitchでRPG制作!『RPG MAKER WITH』は作ったマップや武器を他の人と「シェア」できる
2024.04.12
「3ds Max 2025」の新機能や更新を紹介する動画がYouTubeで公開。カラー管理にOCIO追加、Retopology Toolの処理速度アップなど
2024.04.12

注目記事ランキング

2024.04.09 - 2024.04.16
1
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
10
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
16
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
17
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
24
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
25
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
26
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
27
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
30
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マーケットプレイス(Market Place)
マーケットプレイス
  1. インターネット上で売買を行う仕組みやウェブサイト自体を示す。
  2. Epic Games LauncherやアンリアルエンジンのWebサイトからアクセスできる、アンリアルエンジン用のオンラインストア。アセットやプラグインなどの販売・購入が可能。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!