セル画調・イラスト調にレンダリングするBlender用アドオン「PSOFT Pencil+ 4 Material for Blender」、ピー・ソフトハウスが発売

2024.02.27
ニュースBlender
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • ピー・ソフトハウス、「PSOFT Pencil+ 4 Material for Blender」を発売
  • Blender上でセル画調やイラスト調の表現が可能なトゥーンシェーダーアドオン
  • 3ds MaxとMaya、Blenderの間でマテリアルの設定を受け渡しできる無償アドオンもアップデートされた

ピー・ソフトハウスは2024年2月26日(月)、Blender用アドオン「PSOFT Pencil+ 4 Material for Blender」発売しました。

同社のオンラインストアでの価格は7,480円(税込)で、「Pencil+ 4 Render App for Windows」を所有している場合は無償で提供されます。

『PSOFT Pencil+ 4 Material for Blender | 機能紹介』

PSOFT Pencil+ 4 Material for Blender」は、Blender上でセル画調やイラスト調の表現を行えるトゥーンシェーダーアドオンです。

Before
After

(画像は製品ページから引用)

本アドオンには、色の境界を確認しながら調整できる独自のグラデーションプレビューや、分かりやすいレイアウトで構成された専用パネルが搭載されています。これにより、表現の調整が直感的かつ容易になるとのこと。

(画像は製品ページから引用)

同アドオンの機能は以下の通り。

  • トゥーンレンダリング機能
  • グラデーションオフセットマップ機能
  • グラデーションの位置・カラーグループ機能
  • ベースカラー機能
  • ライトカラーの影響設定機能
  • マテリアルのレンダーエレメント出力機能
  • マテリアル変換機能
  • EEVEEの仕様にしたがった半透明機能
  • マテリアルのビューポート表示

なお、「PSOFT Pencil+ 4 Material for Blender」はシェーダー専用のアドオンであり、ライン描画は「Pencil+ 4 Render App for Windows」やPSOFT Pencil+ 4 Line for Blender」で行えます

関連記事
ビューポート上でのライン描画に対応。リアルタイムで手描きのような線を高品質かつ高速に描画する『Pencil+ 4 Line for Blender』、ピー・ソフトハウスが発表
2023.01.17

そのほか、「PSOFT Pencil+ 4」の無償アドオン「Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max / Maya / Unity / Blender」もアップデート。

このアドオンは、3ds Max、Maya、Blender、Unityの間で「PSOFT Pencil+ 4」のラインとマテリアルの設定を受け渡しするためのもの。今回「v4.0.1」にアップデートされたことによって、マテリアル設定のインポートとエクスポート機能が追加されました。

(画像は製品ページから引用)

「PSOFT Pencil+ 4 Material for Blender」の詳細は、製品ページをご確認ください。

「PSOFT Pencil+ 4 Material for Blender」製品ページ「PSOFT Pencil+ 4 Material for Blender」ストアページ

関連記事

Adobe、「Substance 3D Connector」をオープンソースとして公開。Blender・Maya・3ds MaxやUE5・Unityなどの間でのアセット共有を目指す
2024.04.08
Blender4.1がリリース。Menu Switchなどジオメトリノードで使用できるノードの追加や、コンポジットの強化など、さまざまな機能がアップグレード
2024.03.28
PLATEAU、3D都市モデル・Unity・Blenderを使ってリアルな映像を制作するチュートリアル記事を公開
2024.03.27
ユーザーが作った便利なBlenderアドオンを無料で使える!Blender 4.2 Alphaに拡張機能プラットフォーム「Blender Extensions」が登場
2024.03.21
『Blenderジオメトリノードではじめるプロシージャルモデリング』が2023年12月下旬にボーンデジタルより発売
2023.11.23
Wonder Studio、「Maya」「Blender」向けの新たなアドオンを導入。3Dモデルデータの互換性をローカル環境で検証
2023.11.17

注目記事ランキング

2024.04.09 - 2024.04.16
1
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
10
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
16
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
17
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
24
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
25
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
26
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
27
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
30
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マーケットプレイス(Market Place)
マーケットプレイス
  1. インターネット上で売買を行う仕組みやウェブサイト自体を示す。
  2. Epic Games LauncherやアンリアルエンジンのWebサイトからアクセスできる、アンリアルエンジン用のオンラインストア。アセットやプラグインなどの販売・購入が可能。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!