ボタンひとつで忍が駆ける高速跳躍アクション『Ninja or Die: Shadow of the Sun』【BitSummit Let’s Go!!】

2023.07.15
注目記事イベントレポートBitSummit2023
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

2023年7月14日(金)から16日(日)の3日間、京都・みやこめっせで開催された『BitSummit Let’s Go!!』。今回はリリースを間近に控えての出展となった「Nao Games」開発の『Ninja or Die: Shadow of the Sun(以下、Ninja or Die)』のプレイレポートをお届けするとともに、同作品の開発したNaoさんに2年半に渡る開発期間の振り返りを聞きました。

TEXT / ハル飯田

目次

方向指定とジャンプ操作だけでダンジョンを駆け抜ける爽快なアクション

『Ninja or Die』は、そのタイトル通り忍者が主人公のローグライトアクションゲームです。厄災の影響によって凄まじい力を得た主人公の操作方法は「方向を定めてジャンプボタンを押す」だけ。すると指定方向に放物線を描きながら忍者が跳躍し、着地点からまたジャンプを繰り返します。

画像はSteamより引用

歩くことも走ることもなく、移動手段はジャンプのみ。忍者は垂直な足場にも着地できるので壁ジャンプを繰り返して壁を登ることも可能です。ジャンプ軌道上の敵には自動で斬撃を繰り出すので攻撃操作も特に必要なく、アイテムを使う以外は完全にジャンプだけでダンジョンを踏破していきます

ダンジョンには広範囲の攻撃を繰り出す強敵や毒の罠も張り巡らされており、ジャンプ出始めの無敵時間や飛距離と攻撃力が増幅する溜めジャンプが攻略のカギに。とにかく敵や壁に向かってジャンプを連続で繰り出しつつ、マップに仕組まれたギミックや敵の攻撃を見極めて即座に操作を切り替える瞬間が楽しい、歯ごたえのあるアクションが特徴です。

画像はSteamより引用

画像はSteamより引用

体験中には迷路のような仕掛けによって同じエリアをグルグル周回させられてしまうこともありましたが、とにかく移動がスピーディーなので失敗やリトライでストレスを感じづらいのが印象的。ドット絵のグラフィックと派手な演出の組み合わせも、忍者と言う和風の題材にスタイリッシュな設定が詰め込まれた本作の世界観にマッチしています。

ゲームを進めればシナリオやアイテムが充実していき、自動生成ステージやゲームオーバーからの恒久的なキャラクター強化を引き継いでの復活などローグライク作品としてもこだわりを感じさせるボリュームになっているのではないでしょうか。

やり込みレベルを確認できる機能も

イベント出展を糧にブラッシュアップを重ねた2年半の開発

本作を開発したのは17年間のゲーム会社勤務から独立してゲーム制作を行っているNaoさん。開発環境はエンジンにUnityを使用し、Edgeを使用したドット絵作成やOpenMPTによるサウンドなど、多彩なツールを駆使して個人開発を続けてきました。

開発に着手してから2年半の時を経て、遂に今年8月2日にMarvelous Europeからリリースされる『Ninja or Die』。特殊なゲーム性もさることながら、特にNaoさんが注力したのはグラフィック作りの部分で「作業のうち7割くらいはグラフィック関連だった」と振り返りました。ゲームの原型が固まってからも定期的にイベントへの出展を経てブラッシュアップを続け、今回のリリースへと至りました。

ブースではクリアファイルなどのノベルティを配布

「BitSummitのようなイベントに出展するのはモチベーションにもなりますし、実際にプレイしている姿を横から見ていると、感想を聞かずとも迷ったり難しいと感じていたりする場面は分かります。そうした姿は難易度調整や分かりやすいチュートリアル作成の参考になりました」(Naoさん)

敵の全滅や鍵の入手などステージごとに異なる脱出条件もチュートリアルで解説

ジャンプのみで操作するというアイデア「元々は無限に下っていくゲームが好きで、その逆の無制限に登っていくゲームを作ろう」と考えたことから生まれた本作。今ではステージ制のアクションゲームとして完成したものの、実はひたすら上へと昇り続けていくだけのシンプルなモードも着想の名残としてゲーム内に実装されているとのこと。

多彩なインディーゲームが集まった会場の中でもNaoさんが苦心したグラフィックは非常に目を惹く存在であり、一度耳にしたら忘れないインパクトあるタイトルと相まって、強い存在感を放つ作品でした。

公式サイト https://naogames.jp/
販売サイト(ストアページ) https://store.steampowered.com/app/2090980/Ninja_or_Die_Shadow_of_the_Sun/?l=japanese
リリース時期 2024年8月2日
Nao Games 公式サイトBitSummit Let's Go!!公式サイト
ハル飯田

大阪生まれ大阪育ちのフリーライター。イベントやeスポーツシーンを取材したり懐ゲー回顧記事をコソコソ作ったり、時には大会にキャスターとして出演したりと、ゲーム周りで幅広く活動中。
ゲームとスポーツ観戦を趣味に、日々ゲームをクリアしては「このゲームの何が自分に刺さったんだろう」と考察してはニヤニヤしている。

関連記事

『BitSummit Let’s Go!!』の総来場者数、BitSummit史上最高の23,789人を記録。来年は7/19(金)~7/21(日)に開催を予定
2023.07.25
叩きこむ!振りまわす!変わったコントローラーの気になる中身も見せちゃいます。「make.ctrl.Japan」ブース【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.20
長考続出!?フルスクラッチ開発の3Dパズル『Synchronity』は専用エディタも完備の意欲作【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.20
『BitSummit Let’s Go!!』アワード受賞作品が発表。エレキギターを操る横スクロールアクション『Death the Guitar』が大賞に輝く
2023.07.19
アルゼンチンと東京の超長距離リモート開発。スマホ展開も見据えた対戦ゲーム『MonstaBox(モンスタボックス)』【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.19
画面の「回転」を駆使する「シュレディンガーシステム」が特徴の3DパズルRPG『CASSETTE BOY』、Web制作会社の社長が一人で開発中【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.18

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!