【STEP3-4】ステージ内のオブジェクトに「色や模様」を付けていこう

2022.01.22
ゲームづくりの知識
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!
目次

ゲームにおいて、グラフィックスの重要性は語るまでもありません。これまでは灰色一色でしたが、このSTEPからカラフルな世界に生まれ変わります。見た目や質感に変化を与えるテクスチャやマテリアルを貼り付けて、ステージ上のオブジェクトや配置したボール(スフィア)、あるいはキャラクターを彩りましょう。

テクスチャとマテリアル

ここでは詳しい説明を行いませんが、この2つはゲームづくりにおいてよく出てくるキーワードです。いずれも見た目を変えるものですが、役割は少し異なります。

テクスチャ オブジェクトに貼り付ける画像ファイルのこと

マテリアル 反射や光沢など含む、表面上の質感のこと

細かいことはさておき、この2つはUE5に最初からたくさんのパターンが用意されています。これらをステージの中のボールやスロープに適用して、見た目を変えていきます。

コンテンツドロワーから「Materials」を選んでドラッグ&ドロップする

これらをステージ上のオブジェクトに適用するのはとても簡単です。まずは、画面の左下の「コンテンツドロワー」をクリックしてください。パネルが飛び出してきたら、その中にある「StarterContent」フォルダをダブルクリックします。

左下の「コンテンツドロワー」をクリックするとパネルが展開する。この中には、ゲームづくりに役立つさまざまなデータが入っている。

「StarterContent」をクリックすると、その中に「Materials」「Textures」というフォルダが入っています。試しに、Materialsフォルダの中から、自分の好きな見た目のマテリアルを選んで、前回作ったボールにドラッグ&ドロップをしてみましょう。

コンテンツドロワーを開き、All > コンテンツ > Starter Content > Materialsと進むと、中に43個のマテリアルが用意されている。一見すると複雑だが、どこになにがあるかを全て把握する必要はない。今のところは、「この中の素材を使えば、対象の素材や色を変えることができる」という理解で問題ない。

「M_Ground_Grass」というマテリアルをスフィアに適用した。真緑の塊になってしまったが、この状態でも今まで通りに転がして遊ぶことはできる。見た目が変わっているだけで、機能は変わっていないためだ。好きな見た目を選んで、オブジェクトに貼り付けていこう。

ステージに彩りを与える

同じ手順で、ステージ上のさまざまなものにテクスチャやマテリアルを適用していきましょう。床や壁にも変化を与えることができます。

いくつかのテクスチャやマテリアルを壁、床、ボールなどに適用した。操作としてはドラッグ&ドロップだけなので、慣れてくれば2,3分でこのくらいの見た目は作れるはず。自分が撮影した写真からテクスチャを作る方法もあるが、ここでは割愛する。慣れてきたら挑戦してみてもよい。

それらしい雰囲気になってきました。ただし、今はまだゲームクリアやゲームオーバーはありませんので、ゲームと呼ぶには少し物足りなさもあります。次のステップでは、いよいよ「ゲームのルールづくり」に挑戦していきます。

NEXT STEP >>

【STEP4-1】ゲームの仕組みを作る「ブリープリント」の概念を理解しよう


『ゲームづくりを始めよう』に戻る

作業を中断する場合は「名前をつけて保存」をします。再開する場合はUE5を立ち上げて、最近使ったファイルから「MyFirstGame(または自分で付けた名前)」のものをダブルクリックして再び立ち上げましょう。

関連記事

Unity Technologies、HDRPを解説した無料の電子書籍をUnity 2022 LTS版にアップデート。進化した水面の表現やSpeedTreeを組み合わせたTerrainの使い方を183ページにわたって紹介
2024.04.19
RE ENGINEで10,000体の恐竜群を制御!『エグゾプライマル』超大量のエネミーを表現するために施された最適化を深堀りしたセッションをレポート【GCC2024】
2024.04.12
ゲーム制作者が選ぶ!「クリエイターにオススメな書籍」読者アンケートを大募集!
2024.04.10
【Godot Engine】よく使うショートカットまとめ
2024.04.09
【Blender】よく使うショートカットまとめ
2024.04.08
【UEFN】よく使うショートカットまとめ
2024.04.05

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
24
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
25
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!