【STEP4-1】ゲームの仕組みを作る「ブリープリント」の概念を理解しよう

2022.01.22
ゲームづくりの知識
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!
目次

ゲームの仕組みを作るには「プログラム」が必要ですが、UE5であればコードを一切書かずにゲームの仕組みを作ることができます。UE5ならではのグラフィカルな「ブループリント」を使って、いろいろな仕組みを作ってみましょう。なお、このSTEPでは特に作業を行う必要はありません。「習うより慣れろ」の精神で、一通り目を通したらすぐにSTEP4-2に進みましょう。

プログラムは「順番通りに動いてもらう指示書」

プログラムとは、コンピュータに命令をして、指示通りに動いてもらうためのデータのこと。このデータの作り方(プログラミング)は何通りもありますが、最も想像しやすいのは「プログラマーと呼ばれる職業の人が、英語で難しいコードを書いていく」ことではないでしょうか。

例えば私たち人間は、「目の前に落ちているリンゴを拾う」という行為を容易く行うことができます。しかし、コンピュータの場合は「一歩前に進む」→「しゃがむ」→「右腕をリンゴまで伸ばす」→「握力10kgで掴む」→「右腕をもとの場所に戻す」→「立ち上がる」→「一歩下がる」など、細かく命令を出してあげる必要があります。

これらの動作をコードで細かく書くことは難しく、スキルの習得には時間がかかります。一方で「誰にでも分かりやすくプログラムが作れるように」と開発された仕組みがあります。それが、グラフィカルにプログラミングを行う方法である「ブループリント」です。

UE5ならではの「ブループリント」の仕組み

UE5では文字を打つことなく、プログラミングを行うことが可能です。

ブループリント画面のサンプル。カラフルな箱(ノード)を線でつないで、データを渡したり、動きを指定したりする。

これは、STEP4-2でも取り扱う「動く床」のブループリントです。画像では赤い箱、黄色い箱、青い箱の3つが用意されていますが、これらはそれぞれ「ノード」と呼ばれています。さまざまな機能を持つノードを並べて繋げることで、コンピュータに指示を出していきます。

アクションゲームでよく見かける「動く床」は、このような概念で作られている。ゲームが始まったら、時間の流れに沿ってなんらかの数字を出力し、その数値をもとに物体を横に(あるいは縦、奥に)移動させる。難しそうに見えるが、ブループリントに慣れ親しんでいる方なら2~3分で実現できる。

ノードにはたくさんの種類があり、「ボタンの入力があったら○○する」という仕組みや、「当たり判定の中に入ったら☓☓する」という仕組みであれば、3~4個のノードを組み合わせるだけで作ることができます。

ブループリントの基本が詰まった「動く床」「刺さるトゲ」

今の段階でノードの種類をすべて知る必要はまったくありません。というより、ある程度UE5が使える方でさえ全てのノードを完璧に把握している方は少ないでしょう。次のステップからは、ブループリントの基本となる「動く床」と、「触ったらゲームオーバーになるトゲ」を作っていきます。

「ノードをどこに繋げば、なにがどう動くのか?」「そもそもUE5の中でどのようにブループリントを設定するのか?」などの疑問はあると思いますが、まずは実際に手を動かしてみて、一連の流れを体験することが大切です。少しずつできることが増えていく感覚を楽しみましょう。

NEXT STEP >>

【STEP4-2】アスレチックステージ風の「動く床」を作ってステージに配置しよう


『ゲームづくりを始めよう』に戻る

作業を中断する場合は「名前をつけて保存」をします。再開する場合はUE5を立ち上げて、最近使ったファイルから「MyFirstGame(または自分で付けた名前)」のものをダブルクリックして再び立ち上げましょう。

関連記事

ゲームサウンドの「技術」と「デザイン」を繋ぐ”テクニカルオーディオデザイナー”の世界【CEDEC2022】
2022.09.01
アドリブ全開、観客とのコール&レスポンスも。『プロセカ』コネクトライブの演出コンセプトを支える高度なオペレーションと配信基盤技術【CEDEC2022】
2022.08.30
RTAのプロモーション活用──伝説のRTA走者えぬわた氏が語るRTA配信の「瞬間風速」と「熱量の保温」【CEDEC2022】
2022.08.29
『レッツプレイ!オインクゲームズ』のUIを徹底解剖。アナログゲームのデジタル化で失われた心理的要素と解決策、そして辿り着いた”デジタルならでは”の面白さ【CEDEC2022】
2022.08.26
「キャラクターゲーム」のUI制作の秘訣をサイバーコネクトツーが解説―世界観と機能性の両立やローカライズ対応におけるフォント選択フローなど【CEDEC2022】
2022.08.26
【8月の無料アセット紹介】MySQLってなに?データベース管理システムの基本から『MySQL Integration』を使ったデータベース環境の構築までを実践的に解説
2022.08.25

注目記事ランキング

2022.09.18 - 2022.09.25
1
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
4
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
5
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
6
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
7
フォートナイトがv21.30にアップデート!クリエイティブに「プレイヤーマーカー」や新しい小道具ギャラリーが追加
8
ZETA DIVISIONのFORTNITE部門にNeverty7氏、Ta-Key氏、yappy氏の3名が加入。クリエイティブモードで世界的に高い評価を得るマップビルダー
9
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
10
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
11
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
12
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
13
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
14
フォートナイトがv21.10へアップデート。騎乗可能な野生動物やガードの雇用、アイテムプレーサーなどがクリエイティブに追加
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

プラットフォーム(Platform)
プラットフォーム
  1. サービスやシステムを動作させるための共通基盤とその環境のこと。
  2. ゲームにおいては、特定のゲームハードやゲームを販売しているストアのことを示す。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!