【STEP4-1】ゲームの仕組みを作る「ブループリント」の概念を理解しよう

2022.01.22
ゲームづくりの知識
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!
目次

ゲームの仕組みを作るには「プログラム」が必要ですが、UE5であればコードを一切書かずにゲームの仕組みを作ることができます。UE5ならではのグラフィカルな「ブループリント」を使って、いろいろな仕組みを作ってみましょう。なお、このSTEPでは特に作業を行う必要はありません。「習うより慣れろ」の精神で、一通り目を通したらすぐにSTEP4-2に進みましょう。

プログラムは「順番通りに動いてもらう指示書」

プログラムとは、コンピュータに命令をして、指示通りに動いてもらうためのデータのこと。このデータの作り方(プログラミング)は何通りもありますが、最も想像しやすいのは「プログラマーと呼ばれる職業の人が、英語で難しいコードを書いていく」ことではないでしょうか。

例えば私たち人間は、「目の前に落ちているリンゴを拾う」という行為を容易く行うことができます。しかし、コンピュータの場合は「一歩前に進む」→「しゃがむ」→「右腕をリンゴまで伸ばす」→「握力10kgで掴む」→「右腕をもとの場所に戻す」→「立ち上がる」→「一歩下がる」など、細かく命令を出してあげる必要があります。

これらの動作をコードで細かく書くことは難しく、スキルの習得には時間がかかります。一方で「誰にでも分かりやすくプログラムが作れるように」と開発された仕組みがあります。それが、グラフィカルにプログラミングを行う方法である「ブループリント」です。

UE5ならではの「ブループリント」の仕組み

UE5では文字を打つことなく、プログラミングを行うことが可能です。

ブループリント画面のサンプル。カラフルな箱(ノード)を線でつないで、データを渡したり、動きを指定したりする。

これは、STEP4-2でも取り扱う「動く床」のブループリントです。画像では赤い箱、黄色い箱、青い箱の3つが用意されていますが、これらはそれぞれ「ノード」と呼ばれています。さまざまな機能を持つノードを並べて繋げることで、コンピュータに指示を出していきます。

アクションゲームでよく見かける「動く床」は、このような概念で作られている。ゲームが始まったら、時間の流れに沿ってなんらかの数字を出力し、その数値をもとに物体を横に(あるいは縦、奥に)移動させる。難しそうに見えるが、ブループリントに慣れ親しんでいる方なら2~3分で実現できる。

ノードにはたくさんの種類があり、「ボタンの入力があったら○○する」という仕組みや、「当たり判定の中に入ったら☓☓する」という仕組みであれば、3~4個のノードを組み合わせるだけで作ることができます。

ブループリントの基本が詰まった「動く床」「刺さるトゲ」

今の段階でノードの種類をすべて知る必要はまったくありません。というより、ある程度UE5が使える方でさえ全てのノードを完璧に把握している方は少ないでしょう。次のステップからは、ブループリントの基本となる「動く床」と、「触ったらゲームオーバーになるトゲ」を作っていきます。

「ノードをどこに繋げば、なにがどう動くのか?」「そもそもUE5の中でどのようにブループリントを設定するのか?」などの疑問はあると思いますが、まずは実際に手を動かしてみて、一連の流れを体験することが大切です。少しずつできることが増えていく感覚を楽しみましょう。

NEXT STEP >>

【STEP4-2】アスレチックステージ風の「動く床」を作ってステージに配置しよう


『ゲームづくりを始めよう』に戻る

作業を中断する場合は「名前をつけて保存」をします。再開する場合はUE5を立ち上げて、最近使ったファイルから「MyFirstGame(または自分で付けた名前)」のものをダブルクリックして再び立ち上げましょう。

関連記事

Unity Technologies、HDRPを解説した無料の電子書籍をUnity 2022 LTS版にアップデート。進化した水面の表現やSpeedTreeを組み合わせたTerrainの使い方を183ページにわたって紹介
2024.04.19
RE ENGINEで10,000体の恐竜群を制御!『エグゾプライマル』超大量のエネミーを表現するために施された最適化を深堀りしたセッションをレポート【GCC2024】
2024.04.12
ゲーム制作者が選ぶ!「クリエイターにオススメな書籍」読者アンケートを大募集!
2024.04.10
【Godot Engine】よく使うショートカットまとめ
2024.04.09
【Blender】よく使うショートカットまとめ
2024.04.08
【UEFN】よく使うショートカットまとめ
2024.04.05

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
18
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!