XRプラットフォーム・アプリ間の標準化を目指す「OpenXR」、バージョン「1.1」が公開

2024.04.16
ニュースVR・AR・MR
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • The Khronos Group、「OpenXR」のバージョン「1.1」を公開
  • 拡張機能として提供されていた複数の機能が統合されるといった更新が行われた
  • 実装がOpenXRに準拠しているかを確認できる「OpenXR Conformance Test Suite(CTS)」もアップデート

The Khronos Groupは2024年4月15日(現地時間)、「OpenXR」のバージョン「1.1」を公開しました。

OpenXRは、VR・AR・MRにおけるプラットフォームとアプリ間の標準化を目的とした、オープンかつロイヤリティフリーの規格です。

本アップデートでは、XRアプリの開発を簡素化するため、複数の拡張機能をOpenXRのコア仕様に統合しています。

(画像はニュースリリースより引用)

OpenXR 1.1のアップデートでは、レジストリの一部記述を削除して要件が明確化されたほか、13種類の新たなインタラクション・プロファイルの追加なども行われています。

また、実装がOpenXRに準拠しているかを確認できる「OpenXR Conformance Test Suite(CTS)」も、OpenXR 1.1に対応するようにアップデート。記事執筆時点でGitHubで公開されているものは開発版であり、正式リリースは第2四半期(7月~9月ごろ)の予定としています。

詳細は、こちらをご確認ください。

Khronos Releases OpenXR 1.1 to Further Streamline Cross-Platform XR Development「OpenXR」SDK

関連記事

Unityのプロジェクトをインポートできるプラグインも無料公開。3DゲームやVRアプリの開発に向いた「UNIGINE Engine」、バージョン「2.18.1」がリリース
2024.04.25
「Meta Quest」のOS、サードパーティのハードウェアメーカーに開放。ASUSやレノボはデバイスを開発中
2024.04.23
VRで感覚を生じさせる仕組み「神経刺激インタフェース」について解説した書籍、コロナ社から発売
2024.03.25
「Meta Quest 2/Pro」を寝転がった状態で使いやすくなる新機能、ソフトウェア・バージョン「v63」で試験導入。新たな決済方法「Quest Cash」も
2024.03.07
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、Apple Vision Pro向けOS「visionOS」サポート開始を発表。有料プランユーザーがUnity 2022 LTS以降のバージョンで利用可能に
2024.02.02
「Apple Vision Proデベロッパの事例とQ&A」、Appleが公開。visionOSアプリの開発チームの紹介や、Q&Aページを集約
2024.01.31

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!