「mocopi」のトークライブで、1月18日リリースのVer2.0.0の内容発表。VR機器併用時のトラッキング精度の改善や配信時などに適した上半身集中モードを実装予定

2024.01.15
ニュース周辺機器・ハードウェアVR・AR・MR
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • ソニーのモバイルモーションキャプチャーシステム「mocopi」の開発者トークライブが、YouTube Liveで行われた
  • 1月18日に予定されているver2.0.0アップデートの内容や、開発者による質疑応答を放送
  • ver2.0.0アップデートでは、VR機器併用時のトラッキング精度改善や、上半身にトラッキングを集中させるモードの追加などを予定

ソニーは2024年1月12日、モバイルモーションキャプチャーシステム「mocopi(モコピ)」の開発者によるトークライブを、YouTube Liveにて行いました。そのトークライブの中で、1月18日に行われる予定の最新アップデートver2.0.0」に関する情報公開や、開発者がライブ配信のコメントに答えるリアルタイムの質疑応答が行われています。

トークライブの模様は、YouTube Liveのアーカイブにて視聴が可能です。

YouTube動画『【#mocopi】mocopi 開発者トークライブ』

mocopiは、6個の小型・軽量なトラッキングセンサーと専用のAndroid/iOS向けアプリ『mocopi』で構成された、モバイルモーションキャプチャーシステムです。

センサーを頭部・両手首・腰・両足首に装着し、専用アプリとBluetooth接続することで、PCを使うことなくフルボディトラッキングできます。

mocopiアプリが生成したモーションデータをリアルタイムに取り込むプラグインは、記事執筆時点で、アンリアルエンジン/MotionBuilder/Unityの3種が用意されています。

また、ベータ機能として手首のセンサーを太ももに装着し、下半身の動きを重点的にトラッキングする「下半身優先モード」が公開中です。これはVR機器に付随するハンドコントローラーを併用することを想定した機能となっています。

関連記事
ソニー、スマホと6個の小型軽量センサーだけでモーションキャプチャーできる「mocopi」を発表。2023年1月下旬に約5万円で発売予定
2022.11.30

今回のver2.0.0では、VR機器併用時のトラッキング精度改善や、上半身を集中してトラッキングする機能追加などが行われています。

VR機器併用時のこれまでのトラッキングでは、センサーが専用アプリを通じて作成したモーションデータがVRアプリケーションに送信されていました。

今回のアップデートで、SteamVRの環境上でmocopiのモーションデータを作成できるようになりました。これにより、VR機器併用時のトラッキング精度が大幅に改善されるとのことです。

モーションデータ作成には、オープンソースのVRトラッカーシステム『SlimeVR』を使用(画像はYouTube『【#mocopi】mocopi 開発者トークライブ』より引用)

また、「下半身優先モード」の対となる「上半身集中モード」の実装も予定されています。

「上半身集中モード」では、足首のセンサーを上腕に装着することで、mocopiのみでトラッキングする際の上半身トラッキング精度を大幅に改善しています。

これまでmocopiが苦手としていた「手をゆっくりと上げる」などの動作が実現可能とのことで、ライブ配信時など、上半身のみを集中してトラッキングする場面に適した機能となっています。

「上半身集中モード」について(画像はYouTube『【#mocopi】mocopi 開発者トークライブ』より引用)

また、スマートフォンのカメラで撮影した写真から3Dアバターを作成できる『Avaturn』と連携し、スマートフォンにダウンロードした『Avaturn』のアバターをmocopiで利用できるようになります。その他、データ保存時の挙動変更など、さまざまなアップデートが予定されています。

写真から作成したアバターをmocopiで利用できるように(画像はYouTube『【#mocopi】mocopi 開発者トークライブ』より引用)

トークライブでは、YouTube Liveのコメントに開発者がリアルタイムで答える、質疑応答の時間も設けられました。

質疑応答には、mocopi 事業部長の相見氏、ソフトウェア開発責任者 あきら氏、事業開発 南氏の3人が登場し、今回のアップデート内容を踏まえた実際の応用例や、mocopi利用時のキャリブレーションにおけるトラブルなど多くの質問に回答しています。

詳しい情報は、YouTube Liveのアーカイブをご確認ください。

YouTube Liveアーカイブ『【#mocopi】mocopi 開発者トークライブ』「mocopi」公式サイト

関連記事

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、Apple Vision Pro向けOS「visionOS」サポート開始を発表。有料プランユーザーがUnity 2022 LTS以降のバージョンで利用可能に
2024.02.02
「Apple Vision Proデベロッパの事例とQ&A」、Appleが公開。visionOSアプリの開発チームの紹介や、Q&Aページを集約
2024.01.31
スタンドアロンヘッドセットに最適化された『VIVEトラッカー(Ultimate)』発売。2台の広角カメラを搭載し、ベースステーションなしでのトラッキングを実現
2023.12.01
NianticのUnity向けAR開発ツール「Lightship ARDK」が3.0にアップデート。VPS導入により、現実で近くにいるプレイヤー同士によるマルチプレイに対応
2023.11.03
MR機能を強化したヘッドセット「Meta Quest 3」が10/10に発売。12月には「Xbox Cloud Gaming」への対応も
2023.09.28
Google、AR ゲーム『スペースインベーダー ワールドディフェンス』におけるARCore Geospatial APIやStreetscape Geometry APIの活用例などを紹介
2023.09.08

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!