『CLIP STUDIO PAINT バージョン3.0』が2024年3月にリリース。VRM読み込み対応やレイヤーカンプなど多数の新機能が追加

2023.11.27
ニュースアニメーション映像制作
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

  • 『CLIP STUDIO PAINT バージョン3.0』が2024年3月にリリース
  • VRMファイルの読み込みやレイヤーカンプ機能などの新機能が追加される
  • 新規購入者や前バージョン所有者向けの無償・優待バージョンアップも実施

セルシスは、ペイントソフト『CLIP STUDIO PAINT バージョン3.0』を2024年3月にリリースすることを発表しました。今回発表された情報では、追加予定の新機能や、利用プランの方法などが紹介されています。

3D関連の強化

3D関連では、3DアバターやVTuberのモデルにも使われるVRM形式のモデルを読み込めるようになります。

また、3Dモデルを用いたデッサン人形機能が強化され、モデルの親子関係を設定することで複数のモデルをまとめて動かすことができるようになります。

ほかにも、ポーズの左右対称化法線マップの読み込みに対応するなど、作画に活用できるさまざまな機能が追加されます。

VRMの読み込みに対応。ポーズ変更も可能(画像は公式ページより引用)

複数の3Dモデルをまとめて動かしている様子(画像は公式ページより引用)

作品管理機能の強化

作品管理の面では、レイヤーカンプ機能が追加されます。

レイヤーカンプは、各レイヤーの表示/非表示などの情報を記憶し、まとめて操作できる機能です。これにより、彩色の切り替えなどが瞬時に可能なほか、差分の制作や管理も簡単になります。

また、作品の制作にかけた作業時間が「情報」のパレットで確認できるようになります。

レイヤーカンプを使った色変更の例(画像は公式ページより引用)

作業時間が「情報」のパレットで確認できる(画像は公式ページより引用)

その他の強化ポイント

そのほか、メッシュ変形機能の改善色調補正の強化、タブレットやスマートフォンに向けたシンプルモードの追加、テキストレイアウトの編集機能の強化やアニメーション制作時のUIの改善など、さまざまなアップデートが行われます。

メッシュ変形は格子点を複数選択できるようになったほか、最大分割数が増加(画像は公式ページより引用)

タブレットやスマートフォンではシンプルなUIが実装され、画面を広く使った制作が可能になった(画像は公式ページより引用)

2.0の新規購入で3.0へ無償バージョンアップキャンペーンも

『CLIP STUDIO PAINT バージョン3.0』は、一度の購入で無期限に使用可能な無期限版のほか、月額で利用できる料金プランも用意されています。また、バージョン2.0の無期限版を購入している人は、優待価格でのバージョンアップが可能です。

なお、2023年12月31日までの期間限定で、「いま買うとバージョン3.0がもらえる!」キャンペーンが行われています。キャンペーン中に『CLIP STUDIO PAINT バージョン2.0』の無期限版を新規購入すると、バージョン3.0のリリースに合わせて無償でのバージョンアップが可能になります。

CLIP STUDIO PAINTにはProとEXの二種類のプランが存在しており、購入したグレードと同グレードのものにバージョンアップできます。

新しく「CLIP STUDIO PAINT」を利用したい人向けのガイド(画像は公式ページより引用)

既に前バージョンの「CLIP STUDIO PAINT」を利用している人向けのガイド(画像は公式ページより引用)

詳しい情報は、公式サイトのニュースプレスリリースをご確認ください。

『CLIP STUDIO PAINT バージョン3.0の提供開始予定・価格・新機能のお知らせ』プレスリリース

 

以下、プレスリリースからの引用です。


 

セルシスは、イラスト・マンガ・Webtoon・アニメーション制作アプリのメジャーバージョンアップを行い、「CLIP STUDIO PAINT バージョン3.0」として2024年3月からグローバルに提供いたします。あわせて、買い切りモデルの価格改定を行い、収益性の向上と継続的なサービス提供を実現いたします。

CLIP STUDIO PAINTバージョン3.0について
https://www.celsys.com/topic/20231122

「CLIP STUDIO PAINT」は、一括でまとまった金額のライセンス料をお支払いいただくWindows / macOS版の買い切りモデルのみにおいて、2012年の提供開始より10年間にわたり、無償の機能アップデートの実施を継続してまいりましたが、2023年3月より提供開始したバージョン2.0から、最新の機能アップデートを行うには、買い切りモデルのユーザーもサブスクリプション契約をしていただくか、買い切りモデルの新バージョンを優待購入いただく形に改定いたしました。バージョン2.0は国内外から多くの反響をいただき、売上及び利用者数の底上げを実現しました。

CLIP STUDIO PAINT バージョン2.0 提供開始後1週間の契約および販売の実績のお知らせ
https://www.celsys.com/topic/20230323

この度、2024年3月に「CLIP STUDIO PAINT バージョン3.0」を、最新の機能アップデートを行うには、バージョン2.0と同様に、買い切りモデルのユーザーもサブスクリプション契約をしていただくか、買い切りモデルの新バージョンを優待購入いただく形で提供いたします。また、バージョン3.0提供にあわせ、2012年の提供開始から11年間据え置いてきた買い切りモデルの新規購入および、バージョンアップ価格などは最大20%の値上げも行います。

バージョン3.0買い切りモデルの価格改定例(日本円の価格の場合)
CLIP STUDIO PAINT EX
・バージョンアップ ¥6,000 → ¥7,200
CLIP STUDIO PAINT PRO
・新規購入 ¥5,000 → ¥5,900

その他の買い切りモデルのラインナップでも、価格改定を各通貨で実施します。

SaaSサービスとして提供している、「CLIP STUDIO PAINT」のサブスクリプション契約でもバージョン3.0が利用可能です。

今後もメジャーバージョンアップ施策や、価格改定などを通じて収益性を向上し、「CLIP STUDIO PAINT」への新機能開発投資を続け、より良い創作環境をグローバルに提供してまいります。

「CLIP STUDIO PAINT」の売上などは、コーポレートサイト内のIRページの「月次事業進捗レポート」で毎月公開しています。
https://www.celsys.com/irinfo_news/contents_type=47

CLIP STUDIO PAINTについて
CLIP STUDIO PAINTは、3,000万人以上が利用した(*)イラスト・マンガ・Webtoon・アニメーション制作アプリです。 Windows、macOS、iPad、iPhone、Android、Chromebookといったあらゆるデバイスに対応しています。気持ちの良い描き味と豊富な機能を備えており、世界各国のエントリーユーザーからマンガ家、イラストレーター、アニメーターなどのプロのクリエイターまで幅広く愛用されています。

https://www.clipstudio.net/ja/

* 体験版ユーザーおよびiPad版、iPhone版、Galaxy版、Android版、Chromebook版のインストール数を含む

株式会社セルシスについて
セルシスは、「クリエイションで夢中を広げよう」をミッションに掲げ、クリエイションを取り巻くすべての人をデジタル技術でサポートします。
イラスト・マンガ・Webtoon・アニメーション制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」や「CLIP STUDIO」などの創作活動をサポートするサービスを通じて、世界中のみなさまが、クリエイションを通じた多彩な体験を楽しんでいただけるよう支援を行ってまいります。

セルシスコーポレートサイト: https://www.celsys.com/
X: https://twitter.com/clip_celsys
YouTube: https://www.youtube.com/c/CLIPSTUDIOchannel
Instagram: https://www.instagram.com/clipstudioofficial/
TikTok: https://www.tiktok.com/@clipstudioofficial

お問い合わせ先
株式会社セルシス 広報担当 古野 / 髙橋
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド 2F
e-mail: press@celsys.com

法人のお客様
https://www.celsys.com/clipsolution/

関連記事

VRM用アニメーションファイル形式「VRMA」が正式リリース。あらゆるVRMモデルでアニメーションを共有可能
2024.02.22
実写映像を3Dアニメーション化するAIツール「Wonder Studio」にUEエクスポート機能追加。カメラやキャラクターアニメーションなどの要素に分解も可能
2024.02.16
テキストからAIでモーションを作成・編集できるUE5用プラグイン『MotionTwin』のベータ版がリリース。AIを使った複数のモーションの滑らかなつなぎ合わせも可能
2024.01.05
Epic Games、MayaとUE5向けツール「Pose Driver Connect」を公開。Mayaで作成したセカンダリアニメーションをUE5に簡単インポート
2023.12.21
Unreal Engine向け映像制作コンテスト『UE5ぷちコン 映像編5th』がエントリー開始。テーマは「脱出」
2023.12.15
『FINAL FANTASY XVI』キャラクターリグのワークフローを大公開!人間と召喚獣で同じフェイシャルリグを共有する手法から、揺れもの調整に使われた3つのアプローチまで【CEDEC2023】
2023.12.12

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!