Adobe、画像生成AI「Adobe Firefly」の3つの新モデルを発表。初代モデルの進化版やベクター画像・グラフィックデザインを生成するモデルも

2023.10.13
ニュースAI
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Adobeがテキストから画像生成するAI「Adobe Firefly」の3種の新モデルを発表
  • 「Adobe Firefly Image 2 Model」は初代モデルをベースにアップデート
  • ベクター画像やグラフィックデザインを生成するモデルも

2023年10月10日(現地時間)、Adobeは生成AI「Adobe Firefly」の新しいモデルとして、「Adobe Firefly Image 2 Model」「Adobe Firefly Vector Model」「Adobe Firefly Design Model」の3モデルを発表しました。

Adobe Firefly Image 2 Model

Adobe Firefly Image 2 Model」は、Adobe Fireflyの初代モデル「Adobe Firefly Image 1 Model」をベースに、いくつかの新機能が追加された画像生成AIモデルです。

同じプロンプトで生成された画像による、初代モデルであるAdobe Firefly Image 1 Modelと今回発表されたAdobe Firefly Image 2 Modelの比較(画像はプレスリリースより引用)

追加された新機能は以下の通りです。

  • 生成Match:ユーザーの指定したスタイルでコンテンツを生成する
  • 写真設定:カメラの設定と同じように、画像にモーションブラーや被写界深度などのエフェクトをかけることができる
  • プロンプト候補:プロンプトの改善点や言い換えの提案機能(リリース時は英語のプロンプトにのみ対応)
  • ライブラリに保存して共有:画像をどのようなプロンプトで生成したかを他ユーザーに共有することができる

10月10日より、Adobe FireflyのWeb版で「Adobe Firefly Image 2 Model」(ベータ版)の提供が開始されています。

Adobe Firefly Vector Model

Adobe Firefly Vector Model」は、Adobe Illustratorに搭載される生成AIモデルです。ベクター画像(※)をテキストプロンプトから生成することができます。

Adobe Illustrator内の「テキストからベクター生成」から使用可能です。

※ピクセルではなく、数値と計算式によって構成された画像。どれだけ拡大・縮小を繰り返しても、画像が粗くなることなく表示されるのが特徴

画像は公式Xより引用

Adobe Firefly Design Model

Adobe Firefly Design Model」は、Adobe Expressに搭載される生成AIモデル。同モデルは、Adobe Expressのテンプレートでトレーニングされており、印刷・SNS・WEB広告などのAdobe Expressで編集可能なアスペクト比であれば、テンプレートデザインを生成することが可能です。

Adobe Express内の「テキストからテンプレート生成(ベータ版) 」から使用することができます。

画像は公式Xより引用

また、テンプレート生成機能に加えて、2023年初めにAdobe Photoshopに搭載された「生成塗りつぶし機能」もAdobe Expressに追加されました。テキストプロンプトで、画像にオブジェクトや人物を挿入、削除、置換できます。

画像は公式ドキュメントより引用

Adobeは、生成AIの発展にはクリエイターによるコミュニティの存在が不可欠だとし、Adobe Fireflyのトレーニング用に使用された作品の提供者が実用的なメリットが得られる報酬モデル「Adobe Fireflyコントリビューターボーナス」を発表。

さらに、生成AIにフィードバック機能が搭載していることを説明し、ユーザーからの報告をもとに生成AIの改良を行っていくとしています。

発表記事の本文はこちらをご確認ください。

クリエイティブの未来はAdobe Fireflyにあり〜新次元の創造性を解き放つ生成AIの新機能をご紹介

関連記事

AIによる高解像技術「XeSS 1.3」、Intelがリリース。AIモデルの改善などによりパフォーマンスが向上し、ゴーストやモアレも軽減
2024.04.10
Adobe Substance 3Dアプリ、「Firefly」の生成AI機能が導入。テキストからテクスチャ・背景を生成できる
2024.03.20
ユーザーの声を自動監視・AI分析するツール「Oreo」、無料プランを新設。Xだけでなく、Steamの投稿も監視対象に追加可能
2024.03.14
Unity Museのテクスチャ生成機能のAIモデルがアップデート。石畳や木材がより精細に、奥行きも表現
2024.03.09
実写映像を3Dアニメーション化するAIツール「Wonder Studio」にUEエクスポート機能追加。カメラやキャラクターアニメーションなどの要素に分解も可能
2024.02.16
NVIDIA、ローカル環境で動くAIチャットボット『NVIDIA Chat With RTX』を無料で公開
2024.02.14

注目記事ランキング

2024.04.07 - 2024.04.14
1
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
2
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
12
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
13
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
14
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
15
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
16
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
21
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
23
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
30
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!