【総額6万円超えが無料!】7月限定のUE無料アセットを使い倒す特集Vol.02:『Wild West Sky City – Town』で『Paragon』キャラクターを動かして、西部劇風スチームパンクの世界を旅しよう

2022.07.25
注目記事ゲームづくりの知識見た目を良くするお役立ち情報アセットレビューツール紹介アンリアルエンジンマーケットプレイス
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

毎月UEマーケットプレイスではEpic Gamesが選出した5つのアセットが無料配布されていますが、 今月はゲーム開発者向けメディア『GameFromScratch』コミュニティの特別協力による、極めて実践的な高品質アセットが無償で提供される形となりました。

「絶対にこのタイミングで手に入れて欲しい!」というアセットを全て紹介する本特集。今回は『Wild West City – Wild West Town – Wild West Sky City – Town』の内容とUEマーケットプレイスで無料配布されているキャラクターアセット『Paragon』との組み合わせ方について解説します。

目次

スチームパンク風のビジュアルが秀逸な背景アセット

Wild West City – Wild West Town – Wild West Sky City – Town』(以下、Wild West Sky City – Town)は西部劇風スチームパンクの環境アセットです。巨大な飛空船や木製の梁やつり橋で構成された空中都市など、インパクトのあるビジュアルが魅力的なアセットです。

アセットの使用方法

Wild West Sky City – Townは「プロジェクトに追加して使う」タイプのアセットです。今回は「サードパーソン」のテンプレートプロジェクトを作り、そこにWild West Sky City – Townを追加して使用していきます。

まずはサードパーソンテンプレートを作成。この手順をおさらいしたい場合は、「ゲームづくりをはじめよう!」内の【STEP3-1】ゲームづくりの最初の一歩「空っぽのステージ」を作ってみようを参照のこと

作成したサードパーソンテンプレートのプロジェクトファイルにWild West Sky City – Townを追加する。アセットの購入・追加方法の詳細については「マーケットプレイスで建物や植物の3Dモデルを入手しよう」を参照のこと

プロジェクトを起動し、コンテンツドロワーを開きます。「コンテンツ\Wild_West\Maps」内に「WildWest」というマップがありますので、こちらをダブルクリックで展開します。

展開されたサンプルシーン。本アセットに含まれる構造物のみで構成されており、周辺を飛行艇がゆっくりと飛び回っている

また、「コンテンツ\Wild_West」の中には、このマップで使用されているブループリント3Dモデルテクスチャなどが格納されています。あとは一般的な背景アセットと同様、ドラッグ&ドロップでオブジェクトを配置してマップを作っていく運用になります。

3Dモデルに関しては「コンテンツ\Wild_West\Maps」の「Overview」マップで内容一覧を見ることができる

ブループリントで作られているのは飛空船のみ。プロペラの回転やスプラインに沿って飛空船を動かす機能が内蔵されている。理解しやすいシンプルな構造なので、学習の参考にしても良いだろう

Paragonのキャラクターをインポートしよう

環境アセットは眺めているだけでも楽しいですが、ここからは一般的なゲームと同じようにプレイヤーキャラクターを操って世界を旅するシーンを作ってみようと思います。Epic Gamesが提供しているキャラクターアセット「Paragon」シリーズのキャラクターをプレイヤーにして、実際にWild West Sky City – Townの世界を歩いてみましょう。

ここでは一例として『Paragon: Revenant』(以下、Revenant)をプロジェクトに追加し、動かす方法を解説します。

テンガロンハットを被った拳銃を持つキャラクター、ということで本アセットとの相性も悪くない。今回はRevenantを対象に説明していく

『Paragon: Revenant』ダウンロードページ

Wild West Sky City – Townを追加した時と同じように、Revenantをプロジェクトに追加しましょう。

Revenantは最初からブループリントを持っているので、簡単にプレイヤーとしてセットアップすることができます。

ブループリントは「コンテンツ\ParagonRevenant\Characters\Heroes\Revenant」内に「RevenantPlayerCharacter」という名前で用意されています。

「RevenantPlayerCharacter」

このままではプレイヤーとして利用することはできません。イベントグラフを開いてみると、入力設定の名称が異なるため警告が出てしまっています

[WARNING!]と書かれている赤いノードを以下のように差し替えましょう。

  • 「インプットAxis TurnRate」→「インプットAxis Turn Right/Left Gamepad
  • 「インプットAxis LooUpRate」→「インプットAxis Look Up/Down Gamepad
  • 「インプットAxis Turn」→「インプットAxis Turn Right/Left Mouse
  • 「インプットAxis LookUp」→「インプットAxis Look Up/Down Mouse
  • 「インプットAxis MoveForward」→「インプットAxis Move Forward/Backward
  • 「インプットAxis MoveRight」→「インプットAxis Move Right/Left
  • 「インプットアクションResetVR」→削除

入力のためのノードが正しいものになれば警告が消える

これで、Revenantをプレイヤーとして利用するための準備が整いました。

『Pragon: Revenant』で西部劇風スチームパンク世界を満喫しよう

ここまでの設定が終わったら、「RevenantPlayerCharacter」をマップ上の好きな場所にドラッグ&ドロップします。

配置された場所が思っていた所と違った場合は、矢印ツールで位置を調整できる。少しモデルが大きいので、拡大・縮小は0.8ぐらいにすると丁度よい

次に「WildWest」のレベルブループリントを開き、以下のようなノードを組みます。

「RevenantPlayerCharacter」のノードはマップ上のRevenantPlayerCharacterを選択したまま、エディタ上で右クリックすることで出すことができる

これでセッティングは完了です。プレイボタンを押せば、Revenantのキャラクターを使ってWild West Sky City – Townのマップを楽しむことができます。

プレイを開始するとこのような警告が出るが、これはすべてのライトの”可動性”を「ムーバブル」に設定して再起動することで消すことができる

豪華な見た目が特徴のアセットですが、当たり判定についても見た目通りとなるため、ゲームで本格的に使うためには最適化が必要になる場合もあります。キャラクターのすり抜けなどをケアする場合は、別途3DCGツールなどで判定を設定し直すことも検討した方がいいかもしれません。

当たり判定のほとんどが見た目通りになっているため、何かの拍子にキャラクターがすり抜けて下に落ちる、ハマってしまうなどのトラブルが発生する可能性もある

もちろん、ゲームの背景だけでなくリアルタイム3DCGによる映像制作やスチル撮影などの目的にも有効なアセットになります。自身で制作した3Dキャラクターを歩かせてみても楽しいかも知れません。発想次第でさまざまな活用方法が見出だせるアセットになりますので、この機会にぜひ入手しておきましょう。

アニメーションやライティングを調整するだけで、非常にレベルの高いビジュアルを作ることができる

7月限定の無料アセットを必ず入手しよう!

Wild West City – Wild West Town – Wild West Sky City – Town』を含む7月の無料アセットについてはこちらでも取り上げています。

関連記事
「Unreal Engine」7月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!海外メディア『GameFromScratch』のコミュニティが選定協力した豪華アセットが目白押し!
2022.07.06

「作品に活かす機会がない」「使い方が分からない」といった場合も、無償期間にダウンロードさえ済ませておけば、必要になったタイミングで使用することができます。この機会にぜひ、高品質な有償アセットを無料で入手しておきましょう!

アンリアルエンジンの基本は「ゲームづくりを始めよう!」を、マーケットプレイスからのアセットの入手方法はこちらの記事をご確認ください。

『Wild West City - Wild West Town - Wild West Sky City - Town』ダウンロードページ
wvigler

アンリアルエンジンにハマり、ぷちコンでゲーム作ってた男。映像編で2連覇したことも。
昔はよくアーケードゲームとかやってました。
一番やり込んだのは「ケツイ ~絆地獄たち~」「戦国BASARAX」あたり。ローグライトゲームとかも好きです。

関連記事

9月のUnreal Engineマーケットプレイスセールがスタート!1,500以上のアセットが50%オフ、期間は9/26まで
2022.09.21
日本最大級のUnreal Engine勉強会『UNREAL FEST WEST ’22』が11/19(土)20(日)に開催決定。京都会場とオンラインのハイブリット形式
2022.09.13
「Unreal Engine」9月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!3種類の環境アセットをまとめたアセットパックやリアルな天球システムなどが無料に
2022.09.07
緻密に描写されたサイバーシティを探索する猫アドベンチャーゲーム『Stray』開発者インタビューをエピック ゲームズ ジャパンが公開。猫から学ぶアンリアルエンジン活用法
2022.09.05
エピック ゲームズ ジャパン 鈴木氏によるChaos物理システムのコンソールコマンドまとめ記事が公開
2022.09.03
Epic Games主催のゲームジャム『2022 Epic MegaJam』がスタート!今年のテーマは「As Above So Below」、応募期間は9月2日(金)12時59分まで
2022.08.26

注目記事ランキング

2022.09.18 - 2022.09.25
1
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
4
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
5
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
6
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
7
フォートナイトがv21.30にアップデート!クリエイティブに「プレイヤーマーカー」や新しい小道具ギャラリーが追加
8
ZETA DIVISIONのFORTNITE部門にNeverty7氏、Ta-Key氏、yappy氏の3名が加入。クリエイティブモードで世界的に高い評価を得るマップビルダー
9
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
10
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
11
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
12
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
13
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
14
フォートナイトがv21.10へアップデート。騎乗可能な野生動物やガードの雇用、アイテムプレーサーなどがクリエイティブに追加
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

プラットフォーム(Platform)
プラットフォーム
  1. サービスやシステムを動作させるための共通基盤とその環境のこと。
  2. ゲームにおいては、特定のゲームハードやゲームを販売しているストアのことを示す。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!