【総額6万円超えが無料!】7月限定のUE無料アセットを使い倒す特集Vol.02:『Wild West Sky City – Town』で『Paragon』キャラクターを動かして、西部劇風スチームパンクの世界を旅しよう

2022.07.25
注目記事ゲームづくりの知識見た目を良くするお役立ち情報アセットレビューツール紹介アンリアルエンジンマーケットプレイス
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

毎月UEマーケットプレイスではEpic Gamesが選出した5つのアセットが無料配布されていますが、 今月はゲーム開発者向けメディア『GameFromScratch』コミュニティの特別協力による、極めて実践的な高品質アセットが無償で提供される形となりました。

「絶対にこのタイミングで手に入れて欲しい!」というアセットを全て紹介する本特集。今回は『Wild West City – Wild West Town – Wild West Sky City – Town』の内容とUEマーケットプレイスで無料配布されているキャラクターアセット『Paragon』との組み合わせ方について解説します。

TEXT / wvigler
EDIT / 神山 大輝

目次

この記事はUnreal Engine バージョン5.0.3を利用して書かれています。

スチームパンク風のビジュアルが秀逸な背景アセット

Wild West City – Wild West Town – Wild West Sky City – Town』(以下、Wild West Sky City – Town)は西部劇風スチームパンクの環境アセットです。巨大な飛空船や木製の梁やつり橋で構成された空中都市など、インパクトのあるビジュアルが魅力的なアセットです。

アセットの使用方法

Wild West Sky City – Townは「プロジェクトに追加して使う」タイプのアセットです。今回は「サードパーソン」のテンプレートプロジェクトを作り、そこにWild West Sky City – Townを追加して使用していきます。

まずはサードパーソンテンプレートを作成。この手順をおさらいしたい場合は、「ゲームづくりをはじめよう!」内の【STEP3-1】ゲームづくりの最初の一歩「空っぽのステージ」を作ってみようを参照のこと

作成したサードパーソンテンプレートのプロジェクトファイルにWild West Sky City – Townを追加する。アセットの購入・追加方法の詳細については「マーケットプレイスで建物や植物の3Dモデルを入手しよう」を参照のこと

プロジェクトを起動し、コンテンツドロワーを開きます。「コンテンツ\Wild_West\Maps」内に「WildWest」というマップがありますので、こちらをダブルクリックで展開します。

展開されたサンプルシーン。本アセットに含まれる構造物のみで構成されており、周辺を飛行艇がゆっくりと飛び回っている

また、「コンテンツ\Wild_West」の中には、このマップで使用されているブループリント3Dモデルテクスチャなどが格納されています。あとは一般的な背景アセットと同様、ドラッグ&ドロップでオブジェクトを配置してマップを作っていく運用になります。

3Dモデルに関しては「コンテンツ\Wild_West\Maps」の「Overview」マップで内容一覧を見ることができる

ブループリントで作られているのは飛空船のみ。プロペラの回転やスプラインに沿って飛空船を動かす機能が内蔵されている。理解しやすいシンプルな構造なので、学習の参考にしても良いだろう

Paragonのキャラクターをインポートしよう

環境アセットは眺めているだけでも楽しいですが、ここからは一般的なゲームと同じようにプレイヤーキャラクターを操って世界を旅するシーンを作ってみようと思います。Epic Gamesが提供しているキャラクターアセット「Paragon」シリーズのキャラクターをプレイヤーにして、実際にWild West Sky City – Townの世界を歩いてみましょう。

ここでは一例として『Paragon: Revenant』(以下、Revenant)をプロジェクトに追加し、動かす方法を解説します。

テンガロンハットを被った拳銃を持つキャラクター、ということで本アセットとの相性も悪くない。今回はRevenantを対象に説明していく

『Paragon: Revenant』ダウンロードページ

Wild West Sky City – Townを追加した時と同じように、Revenantをプロジェクトに追加しましょう。

Revenantは最初からブループリントを持っているので、簡単にプレイヤーとしてセットアップすることができます。

ブループリントは「コンテンツ\ParagonRevenant\Characters\Heroes\Revenant」内に「RevenantPlayerCharacter」という名前で用意されています。

「RevenantPlayerCharacter」

このままではプレイヤーとして利用することはできません。イベントグラフを開いてみると、入力設定の名称が異なるため警告が出てしまっています

[WARNING!]と書かれている赤いノードを以下のように差し替えましょう。

  • 「インプットAxis TurnRate」→「インプットAxis Turn Right/Left Gamepad
  • 「インプットAxis LooUpRate」→「インプットAxis Look Up/Down Gamepad
  • 「インプットAxis Turn」→「インプットAxis Turn Right/Left Mouse
  • 「インプットAxis LookUp」→「インプットAxis Look Up/Down Mouse
  • 「インプットAxis MoveForward」→「インプットAxis Move Forward/Backward
  • 「インプットAxis MoveRight」→「インプットAxis Move Right/Left
  • 「インプットアクションResetVR」→削除

入力のためのノードが正しいものになれば警告が消える

これで、Revenantをプレイヤーとして利用するための準備が整いました。

『Pragon: Revenant』で西部劇風スチームパンク世界を満喫しよう

ここまでの設定が終わったら、「RevenantPlayerCharacter」をマップ上の好きな場所にドラッグ&ドロップします。

配置された場所が思っていた所と違った場合は、矢印ツールで位置を調整できる。少しモデルが大きいので、拡大・縮小は0.8ぐらいにすると丁度よい

次に「WildWest」のレベルブループリントを開き、以下のようなノードを組みます。

「RevenantPlayerCharacter」のノードはマップ上のRevenantPlayerCharacterを選択したまま、エディタ上で右クリックすることで出すことができる

これでセッティングは完了です。プレイボタンを押せば、Revenantのキャラクターを使ってWild West Sky City – Townのマップを楽しむことができます。

プレイを開始するとこのような警告が出るが、これはすべてのライトの”可動性”を「ムーバブル」に設定して再起動することで消すことができる

豪華な見た目が特徴のアセットですが、当たり判定についても見た目通りとなるため、ゲームで本格的に使うためには最適化が必要になる場合もあります。キャラクターのすり抜けなどをケアする場合は、別途3DCGツールなどで判定を設定し直すことも検討した方がいいかもしれません。

当たり判定のほとんどが見た目通りになっているため、何かの拍子にキャラクターがすり抜けて下に落ちる、ハマってしまうなどのトラブルが発生する可能性もある

もちろん、ゲームの背景だけでなくリアルタイム3DCGによる映像制作やスチル撮影などの目的にも有効なアセットになります。自身で制作した3Dキャラクターを歩かせてみても楽しいかも知れません。発想次第でさまざまな活用方法が見出だせるアセットになりますので、この機会にぜひ入手しておきましょう。

アニメーションやライティングを調整するだけで、非常にレベルの高いビジュアルを作ることができる

7月限定の無料アセットを必ず入手しよう!

Wild West City – Wild West Town – Wild West Sky City – Town』を含む7月の無料アセットについてはこちらでも取り上げています。

関連記事
「Unreal Engine」7月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!海外メディア『GameFromScratch』のコミュニティが選定協力した豪華アセットが目白押し!
2022.07.06

「作品に活かす機会がない」「使い方が分からない」といった場合も、無償期間にダウンロードさえ済ませておけば、必要になったタイミングで使用することができます。この機会にぜひ、高品質な有償アセットを無料で入手しておきましょう!

アンリアルエンジンの基本は「ゲームづくりを始めよう!」を、マーケットプレイスからのアセットの入手方法はこちらの記事をご確認ください。

『Wild West City - Wild West Town - Wild West Sky City - Town』ダウンロードページ
wvigler

アンリアルエンジンにハマり、ぷちコンでゲーム作ってた男。映像編で2連覇したことも。
昔はよくアーケードゲームとかやってました。
一番やり込んだのは「ケツイ ~絆地獄たち~」「戦国BASARAX」あたり。ローグライトゲームとかも好きです。

関連記事

UE 5.4の新機能「Motion Matching」のチュートリアル記事がEpic Developer Communityで公開。キャラクターの入力状態に応じて滑らかに複数のモーションを遷移するまでを60分で
2024.05.24
オープンワールドアクションRPG『鳴潮』開発者インタビューをEpic Gamesが公開。精細な昼夜表現やキャラクターのグラデーション表現を実現した方法などを解説
2024.05.23
設定漏れも一目で分かる。おかず氏、Actor・PrimitiveComponentを条件で色分けできるUE5.4用プラグイン「Custom Actor Coloration」を公開
2024.05.14
「ゼロから始めるプロシージャル入門!」など、Epic Gamesが講演した技術セミナー「Epic Games Conference 2024」の講演資料が公開
2024.05.09
マテリアルについて知る講演、UE5.4で改良されたActor Coloration機能の解説も。UE勉強会「Unreal Engine Meetup Connect」第2回の講演資料が公開
2024.05.09
「Unreal Engine」2024年5月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!東京をイメージした環境アセットや、魚群をシミュレーションできるプラグインなど
2024.05.08

注目記事ランキング

2024.05.23 - 2024.05.30
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!