【STEP3-1】ゲームづくりの最初の一歩「空っぽのステージ」を作ってみよう

2022.01.22
ゲームづくりの知識
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!
目次

ゲームを作るために必要な機能が詰まったUnreal Engine 5(以下、UE5)を手に入れたら、いよいよ自分だけのゲームづくりが始まります。この記事では、UE5の起動から、テンプレートを開いてゲームプレイするところまでを解説します。

Epic Games LauncherからUE5を立ち上げる

UE5は「Epic Games Launcher」の中から起動します。まずは「Epic Games Launcher」の左側にある「Unreal Engine」をクリックし、次に「ライブラリ」を選びます。その後、起動というボタンをクリックすると、UE5が立ち上がります。

Epic Games Launcherを起動後、Unreal Engineタブを選択。ライブラリ内のUE5を起動する。見つからない場合はインストールが上手く行っていない可能性があるので、もう一度UE5をインストールしてみよう。

最初の起動では少し時間がかかるかも知れません。「プロジェクトブラウザ」が表示されたら、起動は成功です!

UE5起動後、最初に立ち上がる「プロジェクトブラウザ」。自分が作ったゲームや、Epic Gamesが用意したテンプレートを読み込むことができる。ゲームに使われるデータ一式をまとめたファイルを「プロジェクトファイル」と呼ぶので、余裕があれば覚えておこう。

3Dゲームの基本となる「サードパーソン」テンプレートを読み込む

今回はゲームを作りたいので、左側のタブから「ゲーム」をクリックします。その後に表示されるパネルのようなものは「テンプレート」と呼ばれるゲームの基本的な骨組みです。この中から、「サードパーソン」を選んでみましょう。

今回はゲームをクリックする。プロジェクトブラウザにはEpic Gamesが用意したテンプレートが複数用意されており、UE5はゲームだけでなく、映画やテレビ、建築や自動車、プロダクトデザインにも活かされていることが分かる。

ゲームを選択したあとの画面。中央にいくつかのテンプレートが用意されている。今回はキャラクターを3D空間上で自由に動かすことのできる「サードパーソン」を選んでみよう。

最後に、あなたのゲームに名前をつけてください。ここでは、半角英数字を使った名前を入力しましょう。今回は「MyFirstGame」という名前を付けました。

ここにゲームのタイトルを入力しよう。プロジェクト名として保存されるので、ひと目で内容が分かる名前にしておく。

日本語も入力可能だが、半角英数字が一般的。なお、使用できない特殊文字を入力した場合は警告が出る。その場合は焦らず、半角英数字で入力しよう。よく分からなければ、例と同じく「MyFirstGame」で問題ない。

名前を決めたあとに「作成」という青いボタンをクリックします。これでいよいよ、サードパーソンテンプレートが立ち上がります。

作成を押すとテンプレートが立ち上がる。PCスペックによっては少し待つ場合もあるので、ここで少し休憩しよう。準備ができたら、次の項目に進もう。

実際にゲームを「プレイ」してみよう

灰色の壁とさまざまな立体物、そしてキャラクターが表示されていますか?これが「サードパーソン」テンプレートの中身です。プレイボタンを押すとゲームが始まり、Escキーを押すと元の画面に戻ります。

立ち上げた最初の画面。中央にゲーム画面(難しく言うと”ビューポート”と呼ばれるもの)があり、周りには設定に関する項目が並んでいる。最初から全てを理解する必要はないので、焦らずに進めていこう。

ゲームプレイ中、キャラクターの操作は、キーボードで行います。W,A,S,Dキーで移動、スペースキーでジャンプ、マウスで視点の移動ができます。

ここまで分かったら、まずはプレイボタンを押して実際に遊んでみましょう。

作業を中断する場合は「名前をつけて保存」をします。再開する場合はUE5を立ち上げて、最近使ったファイルから「MyFirstGame(または自分で付けた名前)」のものをダブルクリックして再び立ち上げましょう。

プレイ画面でキャラクターを動かすために、画面の適当なところをクリックする必要があります。その後はステージの中を走り回ってみましょう。スロープを上ったり、段差から飛び降りたり、青いボックスを転がしてみたり……一通り楽しんだら、Escキーを押してプレイを終了します。

無事にキャラクターを動かすことができましたか?これが今の「MyFirstGame」の中身です。走ったりジャンプしたり、キャラクターを動かす仕組みは最初から用意されているものの、まだ「ゲーム」というには物足りないです。

次のSTEPではステージの配置を変更したり、色を付けたりしてオリジナルのステージを作る方法をお伝えします。

 

NEXT STEP >>

【STEP3-2】サードパーソンテンプレートを”改造”してオリジナルステージを作ろう


『ゲームづくりを始めよう』に戻る

作業を中断する場合は「名前をつけて保存」をします。再開する場合はUE5を立ち上げて、最近使ったファイルから「MyFirstGame(または自分で付けた名前)」のものをダブルクリックして再び立ち上げましょう。

関連記事

ゲームサウンドの「技術」と「デザイン」を繋ぐ”テクニカルオーディオデザイナー”の世界【CEDEC2022】
2022.09.01
アドリブ全開、観客とのコール&レスポンスも。『プロセカ』コネクトライブの演出コンセプトを支える高度なオペレーションと配信基盤技術【CEDEC2022】
2022.08.30
RTAのプロモーション活用──伝説のRTA走者えぬわた氏が語るRTA配信の「瞬間風速」と「熱量の保温」【CEDEC2022】
2022.08.29
『レッツプレイ!オインクゲームズ』のUIを徹底解剖。アナログゲームのデジタル化で失われた心理的要素と解決策、そして辿り着いた”デジタルならでは”の面白さ【CEDEC2022】
2022.08.26
「キャラクターゲーム」のUI制作の秘訣をサイバーコネクトツーが解説―世界観と機能性の両立やローカライズ対応におけるフォント選択フローなど【CEDEC2022】
2022.08.26
【8月の無料アセット紹介】MySQLってなに?データベース管理システムの基本から『MySQL Integration』を使ったデータベース環境の構築までを実践的に解説
2022.08.25

注目記事ランキング

2022.09.18 - 2022.09.25
1
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
4
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
5
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
6
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
7
フォートナイトがv21.30にアップデート!クリエイティブに「プレイヤーマーカー」や新しい小道具ギャラリーが追加
8
ZETA DIVISIONのFORTNITE部門にNeverty7氏、Ta-Key氏、yappy氏の3名が加入。クリエイティブモードで世界的に高い評価を得るマップビルダー
9
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
10
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
11
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
12
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
13
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
14
フォートナイトがv21.10へアップデート。騎乗可能な野生動物やガードの雇用、アイテムプレーサーなどがクリエイティブに追加
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

プラットフォーム(Platform)
プラットフォーム
  1. サービスやシステムを動作させるための共通基盤とその環境のこと。
  2. ゲームにおいては、特定のゲームハードやゲームを販売しているストアのことを示す。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!