【STEP3-1】ゲームづくりの最初の一歩「空っぽのステージ」を作ってみよう

2022.01.22
ゲームづくりの知識
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!
目次

ゲームを作るために必要な機能が詰まったUnreal Engine 5(以下、UE5)を手に入れたら、いよいよ自分だけのゲームづくりが始まります。この記事では、UE5の起動から、テンプレートを開いてゲームプレイするところまでを解説します。

Epic Games LauncherからUE5を立ち上げる

UE5は「Epic Games Launcher」の中から起動します。まずは「Epic Games Launcher」の左側にある「Unreal Engine」をクリックし、次に「ライブラリ」を選びます。その後、起動というボタンをクリックすると、UE5が立ち上がります。

Epic Games Launcherを起動後、Unreal Engineタブを選択。ライブラリ内のUE5を起動する。見つからない場合はインストールが上手く行っていない可能性があるので、もう一度UE5をインストールしてみよう。

最初の起動では少し時間がかかるかも知れません。「プロジェクトブラウザ」が表示されたら、起動は成功です!

UE5起動後、最初に立ち上がる「プロジェクトブラウザ」。自分が作ったゲームや、Epic Gamesが用意したテンプレートを読み込むことができる。ゲームに使われるデータ一式をまとめたファイルを「プロジェクトファイル」と呼ぶので、余裕があれば覚えておこう。

3Dゲームの基本となる「サードパーソン」テンプレートを読み込む

今回はゲームを作りたいので、左側のタブから「ゲーム」をクリックします。その後に表示されるパネルのようなものは「テンプレート」と呼ばれるゲームの基本的な骨組みです。この中から、「サードパーソン」を選んでみましょう。

今回はゲームをクリックする。プロジェクトブラウザにはEpic Gamesが用意したテンプレートが複数用意されており、UE5はゲームだけでなく、映画やテレビ、建築や自動車、プロダクトデザインにも活かされていることが分かる。

ゲームを選択したあとの画面。中央にいくつかのテンプレートが用意されている。今回はキャラクターを3D空間上で自由に動かすことのできる「サードパーソン」を選んでみよう。

最後に、あなたのゲームに名前をつけてください。ここでは、半角英数字を使った名前を入力しましょう。今回は「MyFirstGame」という名前を付けました。

ここにゲームのタイトルを入力しよう。プロジェクト名として保存されるので、ひと目で内容が分かる名前にしておく。

日本語も入力可能だが、半角英数字が一般的。なお、使用できない特殊文字を入力した場合は警告が出る。その場合は焦らず、半角英数字で入力しよう。よく分からなければ、例と同じく「MyFirstGame」で問題ない。

名前を決めたあとに「作成」という青いボタンをクリックします。これでいよいよ、サードパーソンテンプレートが立ち上がります。

作成を押すとテンプレートが立ち上がる。PCスペックによっては少し待つ場合もあるので、ここで少し休憩しよう。準備ができたら、次の項目に進もう。

実際にゲームを「プレイ」してみよう

灰色の壁とさまざまな立体物、そしてキャラクターが表示されていますか?これが「サードパーソン」テンプレートの中身です。プレイボタンを押すとゲームが始まり、Escキーを押すと元の画面に戻ります。

立ち上げた最初の画面。中央にゲーム画面(難しく言うと”ビューポート”と呼ばれるもの)があり、周りには設定に関する項目が並んでいる。最初から全てを理解する必要はないので、焦らずに進めていこう。

ゲームプレイ中、キャラクターの操作は、キーボードで行います。W,A,S,Dキーで移動、スペースキーでジャンプ、マウスで視点の移動ができます。

ここまで分かったら、まずはプレイボタンを押して実際に遊んでみましょう。

作業を中断する場合は「名前をつけて保存」をします。再開する場合はUE5を立ち上げて、最近使ったファイルから「MyFirstGame(または自分で付けた名前)」のものをダブルクリックして再び立ち上げましょう。

プレイ画面でキャラクターを動かすために、画面の適当なところをクリックする必要があります。その後はステージの中を走り回ってみましょう。スロープを上ったり、段差から飛び降りたり、青いボックスを転がしてみたり……一通り楽しんだら、Escキーを押してプレイを終了します。

無事にキャラクターを動かすことができましたか?これが今の「MyFirstGame」の中身です。走ったりジャンプしたり、キャラクターを動かす仕組みは最初から用意されているものの、まだ「ゲーム」というには物足りないです。

次のSTEPではステージの配置を変更したり、色を付けたりしてオリジナルのステージを作る方法をお伝えします。

 

NEXT STEP >>

【STEP3-2】サードパーソンテンプレートを”改造”してオリジナルステージを作ろう


『ゲームづくりを始めよう』に戻る

作業を中断する場合は「名前をつけて保存」をします。再開する場合はUE5を立ち上げて、最近使ったファイルから「MyFirstGame(または自分で付けた名前)」のものをダブルクリックして再び立ち上げましょう。

関連記事

SDFを活用した低負荷なアニメ調のシェーディングをUE5で実装。alwei氏が解説記事を公開
2024.03.01
「鉄拳」流 ユーザーコミュニティとの付き合い方。競技シーンに対し、公式としてどう関わるか【台北ゲームショウ2024】
2024.02.22
イラストに魂を吹き込むCygames流・2Dアニメーション術ーー『Shadowverse』『プリコネ』に見る“奥行きを意識したキャラクター演出”とワークフローを徹底解説
2024.02.15 [PR]
ヒットエフェクト、ヒットストップ、ノックバックなど。ゲームの「ヒット演出」代表10選を、実例動画付きでトイロジックが紹介
2024.02.13
アプリボット、マスターデータがクライアント側で起こすデータ不整合を防止する方法をブログ記事で解説。『FINAL FANTASY VII EVER CRISIS』でも採用した手法
2024.01.24
『IDOLY PRIDE』のカメラ機能の実装についてQualiArtsが解説。キャラクターを観察しやすく、歪みを抑えながらズームも可能なカメラ
2024.01.23

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
18
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!