【STEP3-2】サードパーソンテンプレートを”改造”してオリジナルステージを作ろう

2022.01.22
ゲームづくりの知識
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!
目次

前回はサードパーソンテンプレートを開き、ゲームをプレイするところまでを終えました。いよいよ今回から、自分でステージの中身を改造して、カラフルで楽しいオリジナルステージを作っていきます。ほとんどがマウスでの操作で完結するので、プログラムが分からなくても大丈夫。さっそく始めていきましょう!

もう一度、自分のゲームを立ち上げよう

前回から続けてこの記事を読んでいる方は、ここはスキップしてOKです。保存して中断した方は、改めて「MyFirstGame」を立ち上げていきます。UE5を立ち上げて(立ち上げ方が分からない方は前回の記事を確認しましょう)、プロジェクトブラウザにある「MyFirstGame」を開いていきます。

前回と同じように「Epic Games Launcher」を起動して、「Unreal Engine」の「ライブラリ」から「5.0.1」と書かれたパネルの「起動」をクリックしよう。プロジェクトブラウザが立ち上がったら、前回作った「MyFirstGame」が画面の中央に表示されているはず。選択後、青い「開く」ボタンをクリックしよう。見つからない場合は、左側の「ゲーム」から、ふたたびサードパーソンテンプレートを開いて、ゼロから始めてもOK。

マウスを動かして視点の移動を覚えよう

「サードパーソン」は3D空間にたくさんの物体(専門的にはオブジェクトと呼びます)が配置されているため、視点によってはほかの物体に隠れて見えないものもあります。ステージづくりに取り掛かる前に、視点の移動の操作を知っておきましょう。

視点の移動はマウスの右ボタンを押しながら、マウスの動きとW,A,S,Dキーで操作します。キーボードの画像を参考にしながら、視点をぐりぐりと動かしてみてください。

右クリックをしながらマウスを操作することで視点の移動が可能。また、その状態でW,A,S,Dキーを押すと、視点が前後左右に移動する。文字で読むだけでは感覚が掴めないので、まずは試してみよう。

スロープを動かしたり、増やしたり

視点の操作が分かったら、まずは試しに「スロープ」を動かしてみましょう。サードパーソンに最初から存在するステージは、スロープや立方体など、複数のパーツが組み合わさって出来ています。スロープを左クリックすると、オレンジ色のラインで囲まれます。これが選択状態です。

スロープを選択するとオレンジ色のラインで囲まれる。これがオブジェクトの選択状態。選択したオブジェクトに対して、移動や複製、はたまた削除など、さまざまな操作を行うことができる。

選択すると、矢印が3方向に伸びている見た目の「移動ツール」が表示されます。まずはスロープを横に移動させてみましょう。緑色の矢印にマウスカーソルを合わせて、ドラッグします。

移動ツール上の緑色の矢印にカーソルを合わせ、横にドラッグ。スロープが移動するはずだ。ちなみに、青い矢印にカーソルを合わせて上にドラッグすれば上に移動する。赤い矢印は「奥行き」で、奥側に向かって移動させることができる。

ちなみに、もとの場所に戻したい場合はショートカットの[Ctrl]+[Z]で、手順をひとつ巻き戻すことができます。こうしたショートカットは便利なので、少しずつ覚えていくと良いでしょう。

続いてはスロープを2つに増やします。先ほどと同じくスロープを選択し、[Ctrl]+[C]を押してコピーを行います。スロープをコピーしたら、そのまま[Ctrl]+[V]でその場にペーストします。このようなコピー&ペースト、略してコピペはこれからも多く使います。

同じ場所にペーストされているため、スロープ同士が重なって配置されました。見た目上の変化はありませんが、スロープを横に移動させてみると2つに増えていることが分かります。

スロープをコピー&ペーストで増やし、移動させた。今回はその場でペーストしたため、同じ場所に2つのオブジェクトが重なっていたが、手前のオブジェクトを移動させることで両方を確認することができる。

発想次第で本格的なステージを作れる

ここまでで物体の移動と増やし方を覚えました。あとは自分の発想次第で、自由にステージを作ってみましょう!例えばスロープをたくさん置いて壁を越えてみたり、ブロックを縦に重ねてみたり。キャラクターだって増やすことができます。「増やしすぎたな」と思ったら、オブジェクトを選択して「Delete」キーを押すことで削除できます。これも合わせて覚えておきましょう。

NEXT STEP >>

【STEP3-3】1クリックで完結!ステージにボールを配置して転がしてみよう


『ゲームづくりを始めよう』に戻る

作業を中断する場合は「名前をつけて保存」をします。再開する場合はUE5を立ち上げて、最近使ったファイルから「MyFirstGame(または自分で付けた名前)」のものをダブルクリックして再び立ち上げましょう。

関連記事

UE4におけるUI最適化のコツが盛りだくさん。UIアーティストからテクニカルアーティストへの転身奮闘記【CEDEC2022】
2022.09.30
ゲームサウンドの「技術」と「デザイン」を繋ぐ”テクニカルオーディオデザイナー”の世界【CEDEC2022】
2022.09.01
アドリブ全開、観客とのコール&レスポンスも。『プロセカ』コネクトライブの演出コンセプトを支える高度なオペレーションと配信基盤技術【CEDEC2022】
2022.08.30
RTAのプロモーション活用──伝説のRTA走者えぬわた氏が語るRTA配信の「瞬間風速」と「熱量の保温」【CEDEC2022】
2022.08.29
『レッツプレイ!オインクゲームズ』のUIを徹底解剖。アナログゲームのデジタル化で失われた心理的要素と解決策、そして辿り着いた”デジタルならでは”の面白さ【CEDEC2022】
2022.08.26
「キャラクターゲーム」のUI制作の秘訣をサイバーコネクトツーが解説―世界観と機能性の両立やローカライズ対応におけるフォント選択フローなど【CEDEC2022】
2022.08.26

注目記事ランキング

2022.09.25 - 2022.10.02
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
3
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
4
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
5
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
6
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
7
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
8
メイキング動画「マインクラフトの秘密」第10話:ディープ ダーク (深淵)が公開。コンセプトアートやボツ案になった幽霊のブロックなどを紹介!
9
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
10
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
11
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
12
フォートナイトがv21.20にアップデート!クリエイティブに新武器「チャージサブマシンガン」や「ボーラースポナーの新オプション」が追加
13
『Fortnite』建築なしの「ゼロビルド」が実装、新武器アンヴィルロケットランチャー追加など
14
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ローカル座標
ローカルザヒョウ 各オブジェクトの原点を基点とした座標系における、特定の一点を示した座標。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!