Maya用のフリーリグ『アプリボットリグ』、中級者向けとして「グミー」が公開

2024.03.27
ニュースMaya
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • アプリボット、Maya用フリーリグ『アプリボットリグ』の「グミー」をリリース
  • 『アプリボットリグ』シリーズは、これまで「エイビー」「スイレン」を提供している
  • 「グミー」のカラーは5色用意。また、背景モデルも付属

2024年3月15日(金)、アプリボットはMaya用のフリーリグ「グミー」をリリースしました。

(画像は公式サイトのニュースページより引用)

アプリボットは、同社内で実際に使用されているリグを元にしたMaya用フリーリグ『アプリボットリグ』シリーズを展開しており、このたび最新作として「グミー」をリリースしました。

なお、同シリーズはこれまでに、初級者向けの「エイビー」と中級者向けの「スイレン」を提供しています。

関連記事
アプリボット、Maya用のフリーリグ『アプリボットリグ』をリリース。初級者向け・中級者向けの2種を提供
2023.01.31

今回リリースされた「グミー」は、中級者向けのフリーリグ。モデルのカラーは5色用意され、背景モデルも付属しています。

(画像は『アプリボットリグ』公式サイトより引用

「グミー」のviewport紹介動画

「グミー」を含めた3種類の『アプリボットリグ』は、すべて公式サイトからダウンロードできます。

いずれも非営利目的の場合に限り利用を許諾され、公式サイトに書かれた条項を遵守できれば、モデルの改変は自由とのこと。

詳細は公式サイトをご確認ください。

『アプリボットリグ』公式サイト

関連記事

業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
効率的なリギングやアニメーション制作をサポート。無料で使えるMaya用フレームワーク「eST3」をポリゴン・ピクチュアズがリリース
2024.05.27
Adobe、「Substance 3D Connector」をオープンソースとして公開。Blender・Maya・3ds MaxやUE5・Unityなどの間でのアセット共有を目指す
2024.04.08
「Maya 2025」リリース。スマート押し出しやベベルのフィルタが追加されたほか、アニメーション関連機能も使いやすく
2024.03.28
オリジナルキャラクター「流流」のリグ付きローポリモデル、3DアーティストのLee氏が無料公開
2024.02.28
MayaツールをPythonで制作する流れを丁寧に解説。「COYOTE 3DCG STUDIO」の技術ブログで初学者向け記事が公開
2024.01.30

注目記事ランキング

2024.06.08 - 2024.06.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!