ビル清掃を通じてスリルもローグライクもADVも味わえる2Dアクション『SKY THE SCRAPER』【BitSummit Let’s Go!!】

2023.07.16
注目記事イベントレポートBitSummit2023
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

2023年7月14日(木)から16日(日)の3日間、京都みやこめっせで開催されたBitSummit Let’s Go!!展示された作品の中から、今回はゲームクリエイターの古淵寮さんが個人開発中のビル清掃アクションゲーム『SKY THE SCRAPER』を紹介します。

TEXT / ハル飯田

目次

命綱でスイングしながら汚れを落とす異色のアクション

命綱を頼りにスルスルとビルの壁面を移動しながら窓清掃の姿と言えば、街中で誰もが一度は目にしたことがある光景ではないでしょうか。『SKY THE SCRAPER』は、そんな見ているだけでもスリルを感じる仕事をモチーフとしたアクションゲームです。プレイヤーは高層ビルの壁面にぶら下がり、上下左右にスイングしながら制限時間内に汚れを落として報酬を稼いでいきます。

清掃アクションでは白の「ワイパーの汚れ」と黄色い「吸着力」との2種のゲージ管理が重要。1ステージ60秒と非常にスピーディーな展開ですが、吸着力がなくなると踏ん張りが効かなくなって壁から落下してしまいますので適宜体を休めつつ、汚れたワイパーを洗って磨く能力を復活させる時間も確保しなければいけません。

命綱でスイングする曲線的な移動も独特で、急ぐあまりビル幅から飛び出して落下してしまうことも。風が吹き鳥が飛ぶスリル満点な職場では安全ばかり意識していても清掃が進まず、仕事ぶりを発揮するのが高得点のコツに。

風船を取れば一定時間吸着力が減らなくなるが、鳥に当たると真っ逆さま

一定時間汚れを落とし放題になる「トリック」は爽快ですが、効果の終了に気付かず操作しているとあっという間に吸着力がなくなって落下の危機に。どうしても固まった汚れは一気に落としたい気持ちになりますが、そこをグッと我慢してどれだけ丁寧・安全な清掃作業に取り組めるか。気持ちのマネジメントが問われます。

清掃に臨む主人公の若者「スカイ」は家を飛び出してアルバイトで生計を立てようとしており、アルバイトを通じて彼の進路が決まって行くシナリオに。オフの日には街に出かけて気晴らしをしたり、所持金を考えて仕事のスケジュールや進め方を変更したりと、シミュレーション的な要素も楽しめるゲームシステムも印象的でした。

アクションの内容で報酬が変化し、アドベンチャーパートの行動に影響

清掃アクションの新鮮な面白さに加え、アドベンチャーパートがあることで「怪我をしたくない」気持ちと「資金を稼ぎたい」気持ちとが生まれ、高得点を目指すモチベーションにも繋がります。

最終的にはスカイが進路を決めるまでの2カ月間が描かれるマルチエンディング方式になるとのことで、終盤になればちょっとしたミスから怪我やゲームオーバーになってしまう緊張感を更に味わいながらプレイに臨めるのではないでしょうか。

友人の職業をきっかけに、アウトゲームも充実した内容を目指して開発中

本作はゲームクリエイターの古淵 寮さんが個人開発で制作しており、デザイナーからエンジニアまで殆ど全てのタスクをひとりでこなしています。ゲームエンジンはUnityを使用し、模型を参考にしながらドット絵のグラフィックを制作している様子などをTwitterでも公開しています。

ビル清掃を題材に選んだきっかけは「友人が実際にビル清掃の仕事をしていて、色々とゲームの内容を考えるうちに、こういうのも面白いんじゃないかと試してみた」と、交友関係から生まれたアイデアとのこと。ブースではアイデアのきっかけになったご友人も仕事着姿でビラ配りに協力し、ゲームをPRしていました。

プレイするごとにステージの内容が変わるローグライクなシステムで繰り返しのプレイが楽しめるようになっており、清掃アルバイト以外の主人公の活動をマネジメントできるのも魅力。アクションゲームに加えてアルバイトで得た資金のリソースマネジメントも楽しめるハイブリッドさは「アウトゲーム部分も充実した作品が好き」という古淵さんの嗜好も反映されています。

お金を溜めれば装備を買ってスカイの能力を上げられるが、資金が尽きるとゲームオーバーにもなる

本作は「第1回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト」で入賞を果たした注目作で、Steamストアページでは今回のBitsummit用デモも公開されています。珍しい題材のアクションが気になった方は、是非チェックしてみてください。

公式サイト https://twitter.com/kobuti505
販売サイト(ストアページ) https://store.steampowered.com/app/2387430/SKY_THE_SCRAPER/?l=japanese
リリース時期 2024年
開発者 古淵 寮さんTwitterBitSummit Let's Go!!公式サイト
ハル飯田

大阪生まれ大阪育ちのフリーライター。イベントやeスポーツシーンを取材したり懐ゲー回顧記事をコソコソ作ったり、時には大会にキャスターとして出演したりと、ゲーム周りで幅広く活動中。
ゲームとスポーツ観戦を趣味に、日々ゲームをクリアしては「このゲームの何が自分に刺さったんだろう」と考察してはニヤニヤしている。

関連記事

『BitSummit Let’s Go!!』の総来場者数、BitSummit史上最高の23,789人を記録。来年は7/19(金)~7/21(日)に開催を予定
2023.07.25
叩きこむ!振りまわす!変わったコントローラーの気になる中身も見せちゃいます。「make.ctrl.Japan」ブース【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.20 [PR]
長考続出!?フルスクラッチ開発の3Dパズル『Synchronity』は専用エディタも完備の意欲作【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.20
『BitSummit Let’s Go!!』アワード受賞作品が発表。エレキギターを操る横スクロールアクション『Death the Guitar』が大賞に輝く
2023.07.19
アルゼンチンと東京の超長距離リモート開発。スマホ展開も見据えた対戦ゲーム『MonstaBox(モンスタボックス)』【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.19
画面の「回転」を駆使する「シュレディンガーシステム」が特徴の3DパズルRPG『CASSETTE BOY』、Web制作会社の社長が一人で開発中【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.18

注目記事ランキング

2024.02.26 - 2024.03.04
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
8
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
20
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
26
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ローパスフィルター(Low-Path Filter)
ローパスフィルター
  1. 電気信号のうち、指定した周波数(カットオフ周波数)以下の信号を通し、それより上を大きく低減させるフィルター。
  2. ゲーム開発において、基本的にはサウンド用語として用いられる。例として、特定のセリフをローパスフィルターによってくぐもった音に加工することで、隣の部屋や遮蔽物の後ろで話しているかのような表現を行うことができる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!