日本最大級のインディーゲーム紹介番組『INDIE Live Expo 2023』、5/20(土)と21(日)に開催決定!

2023.02.02
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • インディーゲーム情報を紹介する日本最大級の番組『INDIE Live Expo 2023』の開催が決定
  • 開催日は2023年5月20日(土)、21日(日)
  • 前回開催された『INDIE Live Expo Winter 2022』では、視聴数1,632万回を記録

INDIE Live Expo実行委員会は、インディーゲーム紹介番組『INDIE Live Expo 2023』を2023年5月20日(土)、21日(日)に開催することを発表しました。

『INDIE Live Expo』は、「ゲームへの貢献」をテーマに世界中に最新のインディーゲーム情報を発信する、日本最大級のインディーゲーム紹介番組です。放送は日本語・中国語・英語で行われ、複数のプラットフォームで同時配信されます。

前回開催された『INDIE Live Expo Winter 2022』では、295タイトルのインディーゲームを紹介。視聴数は1,632万回を記録し、番組の情報は200以上のメディアで取り上げられました。

同番組内では、優れたインディーゲームを表彰する「INDIE Live Expo Awards」のほか、新作インディーゲームの初出情報を紹介する「INDIE Live Premiere」、各国のユニークな開発チームを取り上げる「世界のインディスタジオ」など、さまざまなコーナーが企画されています。

『INDIE Live Expo Awards 2022』で大賞に輝いた『Unpacking』は、完成後に数多くの賞を獲得。日本の番組としては、『INDIE Live Expo』が初めて取り上げた(画像はニュース記事より引用)

詳細は、ニュース記事をご覧ください。

『INDIE Live Expo』公式サイトプレスリリース

以下、プレスリリースからの引用です。


 

INDIE Live Expo実行委員会より、世界にゲームを紹介する番組「INDIE Live Expo」が2023年5月20日、21日の2日間、「INDIE Live Expo 2023」のイベント名で実施決定したことをお知らせいたします。
本イベントは「ゲームへの貢献」をテーマに、インディーゲームを多くのユーザーに知ってもらうために実施されるインディーゲーム紹介番組です。日本語・中国語・英語の放送を、各言語向けの異なるプラットフォームで同時配信し、世界のプレイヤーに向けてインディーゲーム情報を発信するものとなります。

<世界にゲームを紹介できる、日本最大級のインディーゲーム情報番組>
「INDIE Live Expo」は2020年からこれまで6回開催され、累計1,800本のゲームを紹介し、7,000万回以上の視聴数を誇る日本最大級のインディーゲーム紹介番組です。

前回2022年12月3日(土)、4日(日)に開催された「INDIE Live Expo Winter 2022」では、ニコニコ動画、bilibili、Steam、Twitch、Youtubeの5プラットフォームで同時放送し、295タイトルのインディーゲームを紹介。1,632万視聴数を獲得しています。
また、番組の情報は国内33メディア、国外84メディアに合計200以上の記事で掲載され、出展者のインディーゲームを、日本のみならず広く世界に向けて紹介する役割を果たしております。

「INDIE Live Expo Winter 2022」視聴URL
ザ・プレショウ:https://www.youtube.com/watch?v=K8MDMegB1DA
1日目:https://www.youtube.com/watch?v=oGrBzi_Yyhs
2日目:https://www.youtube.com/watch?v=LlT2eQccIdE

<優れたインディーゲームに光を当てる特別コーナーも充実>
本イベントでは、優れたインディーゲームをプレイヤーとともに決定して表彰する「INDIE Live Expo Awards」、ユニークなインディー開発文化を紹介する「世界のインディースタジオ」など、優れたインディーゲームに光を当てる特別コーナーを設けております。

2021年に「世界のインディースタジオ」コーナーで日本の番組として初めて取り上げた「Unpacking」は、完成後世界で数十の賞を獲得。2022年に実施した「INDIE Live Expo Awards 2022」では、大賞タイトルに輝きました。

Witch Beam Games  Tim Dawson氏の受賞コメント
Unpackingが短編賞と大賞の両方を獲得できたことを、大変光栄に思っています。開発中は、幸いなことに日本を含む複数の国でゲームを出展することができ、プレイヤーの方々に直接会うことができました。私たちのゲームが多くの人に届き、世界中で楽しんでいただけていることに感謝しています!

INDIE Live Expo実行委員会では、「INDIE Live Expo 2023」においても、まだ見ぬインディーゲームを紹介し、プレイヤーの皆様にお届けするコーナーを予定しております。

<イベント出展者の声>
本イベントは「ゲームへの貢献」をテーマに、「インディーゲーム」を多くのユーザーに知名度を上げるだけでなく、実際の数値でも貢献することを目標としております。
「INDIE Live Expo Winter 2022」では、世界初公開の情報を紹介する「INDIE Live Premiere」コーナーにて、紹介されたインディーゲームが Steam ウィッシュリストを10,000件獲得したという連絡をいただきました。

また、「INDIE Live Expo Awards 2022」の発表後、ノミネートされた作品について少ないものでもSteamウィッシュリスト登録数で数百、多いケースでは数千も登録が増えたと連絡をいただいております。

実行委員会では開発者の皆様の声を、インディーゲームの盛り上がりに寄与することを目的した本アワードの成果としてここに発表し、この成果をより大きくするべく、今後より一層インディーゲームに貢献できるよう活動を続けてまいります。

<詳細レポートは無料マガジン「INDIE Live Expo Letter」で公開>
INDIE Live Expo実行委員会では、開発者向けにインディーゲームの宣伝と開発に役立つ情報をお届けするメールマガジン「INDIE Live Expo Letter」を刊行しています。
「INDIE Live Expo Winter 2022」出展時、Awardsノミネート時などのより詳細な影響データ資料なども公開予定ですので、ぜひご登録ください。

INDIE Live Expo Letter 登録:https://indie.live-expo.games/contact/magazine/

<INDIE Live Expo概要>
公式サイト:https://indie.live-expo.games/
公式Twitter:https://twitter.com/INDIELiveExpo
主催:INDIE Live Expo実行委員会
共催:株式会社リュウズオフィス
制作協力:スタジオオンサイト株式会社

関連記事

Nintendo SwitchでRPG制作!『RPG MAKER WITH』は作ったマップや武器を他の人と「シェア」できる
2024.04.12
「3ds Max 2025」の新機能や更新を紹介する動画がYouTubeで公開。カラー管理にOCIO追加、Retopology Toolの処理速度アップなど
2024.04.12
参加費無料、ボドゲでゼロからゲーム制作体験ができる!5月25日開催『2時間でアナログゲームを完成させる!?初心者歓迎ワークショップ』、事前申込受付中!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.04.12
参加費無料、未経験でも簡単な3Dアクションゲームが作れる!5月25日開催『初心者歓迎!UE5&Blenderハンズオン』、事前申込受付中!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.04.12
『グランブルーファンタジー』の、100万行を超える大規模なシステム再構築ノウハウを補足解説。「Developers Summit 2024」で行われた講演のフォローアップ記事をサイゲームスが公開
2024.04.11
「ZBrush 2023」から「ZBrush 2024」までの新要素を解説する公式動画が公開。「Anchorブラシ」や「スライムブリッジ」などの新機能をおさらい
2024.04.11

注目記事ランキング

2024.04.07 - 2024.04.14
1
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
2
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
12
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
13
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
14
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
15
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
16
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
21
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
23
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
30
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!