インディーゲーム開発者向け育成プログラム「iGi indie Game incubator」の第三期生募集が開始

2022.12.23
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

iGi indie Game incubatorが、来年4月から開始する「第三期生」の募集を開始しました。

iGiは、国内インディーゲーム開発者に技術面とビジネス面の支援を行うプログラムです。半年間、400時間以上のサポートが無償で提供され、権利は開発者が保持。作品は80社以上のパブリッシャーに紹介されます(IndieGamesJp.devの運営元株式会社ヘッドハイは、本プログラムのアドバイザーとして参画しています)。

昨今さまざまなインディーゲーム開発者向けのプログラムやコンテストがある中で、iGiはゲームの販売(パブリッシング)を行わない唯一のプロジェクトです。ゲーム開発者が世界中のパブリッシャーの中からより良い契約条件を引き出せるようにするための育成をテーマとしています。そのため、ゲームの権利に関する契約はありませんし、ゲームを完成させるための期限もありません。

具体的には「開発者への知見の提供」に力を入れ、400時間を超えるメンタリング(オンラインミーティングによる技術・マーケ・法的知見などのセッション)を実施します。参加チームを支えるメンター陣は、先行して成功しているインディーゲーム開発者やゲーム産業に実際に従事する各分野のエキスパートを用意しています。

「ゲームデモのブラッシュアップ」と「作家として生きるための知見」を提供

iGiのプログラム期間は半年間ですが、ゲームの完成を目指すものではありません。より良い条件でパブリッシャー契約や投資を獲得するためのデモ(バーティカルスライス)を作ることを目指します。また、ゲームをパブリッシャーへ紹介するための短いプレゼンテーション(ピッチ)についても訓練を行い、日本語・英語でのプレゼンができるようになります。英会話ができる必要はありません。

iGiが持つパブリッシャーとのつながりを生かし、プログラム最終日にはパブリッシャー担当者を一堂に集めたプレゼン機会を提供。メディアやプラットフォーマーも来場し、ゲーム作品が今後販売に向けて活動していくための基礎作りを提供します。

iGiに採択されるのは毎年5チーム限定です。これまでどのようなゲームが採択されたかは、公式サイトから確認できます。そのうちの1組、『虹の降る海』を開発中の白黒羊氏は、振り返りの記事を公開しています。

応募には、「ゲームがSteamで販売予定であること」「ゲームがある程度動くデモが存在すること」「パブリッシング契約がまだ締結されていないこと」などの条件があります。今すでに作っているプロジェクトにおいてさらなる発展を目指したい開発者は、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

iGi公式サイトはこちら

本記事はIndieGamesJp.devとのメディア提携により掲載しています。

元記事URL:https://indiegamesjp.dev/?p=6586

関連記事

日本最大級のインディーゲーム紹介番組『INDIE Live Expo 2023』、5/20(土)と21(日)に開催決定!
2023.02.02
Adobe『Substance 3D Sampler』、複数の写真から3Dモデルを生成する「フォトグラメトリ」機能を追加。『Substance 3D Designer』もアップデート
2023.02.02
UE5.1で開発されているフォートナイトで、Naniteはどう活用されているのか。Epic Gamesが解説記事を公開
2023.02.02
フォートナイトがv23.30にアップデート!「バジェット超過編集」や「クラウドボリューム」など、クリエイティブモードで多くのアップデート
2023.02.01
ピクシブ、BOOTHの「3Dモデル」カテゴリにおける取引関連データを公開。2022年の取扱高は約24億円、注文件数は約148万件
2023.02.01
Xbox Series X|S、本体価格がそれぞれ5,000円値上げ。2/17(金)より
2023.02.01

注目記事ランキング

2023.01.27 - 2023.02.03
1
フォートナイトがv23.20にアップデート!「ファルコンスカウト」が新たに追加されたほか、全ての島でゲーム終了後の演出設定が可能に
2
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
フォートナイトがv23.30にアップデート!「バジェット超過編集」や「クラウドボリューム」など、クリエイティブモードで多くのアップデート
5
フォートナイトがv22.30にアップデート!クリエイティブモードにて「バトルロイヤル島」が登場したほか、メモリ使用量を表示する新たなマップUIが追加
6
フォートナイトがUnreal Engine 5.1に移行。Nanite、Lumen、仮想シャドウマップ、テンポラル スーパー解像度に対応
7
Epic Games、フォートナイトで動作する新たな専用エディターを2023年3月末頃までにリリース予定であることを報告
8
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
9
フォートナイトがv23.00にアップデート!クリエイティブモードにおける仕掛けが大幅アップデート、バトルロイヤルモードは新チャプターへ
10
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
11
フォートナイトがv23.10にアップデート!イベントブラウザの追加による島制作の効率化、当たり判定カプセルの縮小化など
12
iPhoneやAndroidから『フォートナイト』がプレイ可能に。マイクロソフトのクラウドサービスXbox Cloud Gamingが提供開始
13
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
14
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
15
フォートナイトがv21.10へアップデート。騎乗可能な野生動物やガードの雇用、アイテムプレーサーなどがクリエイティブに追加
16
『Fortnite』建築なしの「ゼロビルド」が実装、新武器アンヴィルロケットランチャー追加など
17
フォートナイトがv22.20にアップデート!クリエイティブモードに新しいイベントシステム「ディレクトイベントバインディング」が追加
18
フォートナイトがv22.40にアップデート!クリエイティブモードにてクリエイター用の仕掛け「クラスセレクターUI」などが登場
19
メイキング動画「マインクラフトの秘密」第10話:ディープ ダーク (深淵)が公開。コンセプトアートやボツ案になった幽霊のブロックなどを紹介!
20
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
21
ZETA DIVISIONのFORTNITE部門にNeverty7氏、Ta-Key氏、yappy氏の3名が加入。クリエイティブモードで世界的に高い評価を得るマップビルダー
22
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
23
フォートナイトがv21.30にアップデート!クリエイティブに「プレイヤーマーカー」や新しい小道具ギャラリーが追加
24
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
25
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
26
フォートナイトがv21.20にアップデート!クリエイティブに新武器「チャージサブマシンガン」や「ボーラースポナーの新オプション」が追加
27
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

リグ(Rig)
リグ 3Dモデルを動かす場合に、すべてのボーンを編集するのではなく、少ない編集箇所で直感的に動作などを付けるために作られたコントローラーやコントロールする仕組み。 またスケルトン自身をリグと呼ぶ場合もある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!