オンラインで開催された「ゲーム制作ワークフローセミナー第5弾『ELDEN RING』メイキングセミナー」資料公開!

2022.09.08
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • オンライン開催された「ゲーム制作ワークフローセミナー第5弾『ELDEN RING』メイキングセミナー」のウェビナーの内容、資料が公開
  • 開発体制、背景デザインの注意点やキャラクター制作過程などを解説
  • コンセプトアート公開や、Q&Aでは開発現場の雰囲気などの回答も

2022年8月26日(月)、Tooゲーム制作ワークフローセミナー第5弾『ELDEN RING』メイキングセミナーのウェビナーの内容と資料を公開しました。

本講演は2022年7月8日(金)にオンラインで開催されており、フロム・ソフトウェアの『ELDEN RING』のビジュアルや世界観の制作アプローチ、DCCツールの使用事例と社内ツールについて紹介しています。

オープンフィールド型ゲームの制作経験のなかったフロム・ソフトウェアがどのようにしてエルデンリングを制作したのか、考え方や工夫を含めて説明がされています。

背景とデザインデータについて

マップデザインについて説明するトピックでは、どのようなコンセプトのもとにオープンフィールドとレガシーダンジョンが制作されていったのか知ることができます。

未知の世界を自由に冒険するオープンフィールド、対して、攻略性が高く立体的に作り込まれたレガシーダンジョン。そのそれぞれを実現していく過程がコンセプトアートから公開されています。

オープンフィールドのデザイン。左上から雪のマップ、草原のマップ、高原のマップ、湖のマップ。強い敵から逃げたり、探索を後回しにしたりプレイヤーの自由度が高い設計
画像はゲーム制作ワークフローセミナー第5弾「ELDEN RING」メイキングセミナーより引用

攻略性の高いレガシーダンジョンのデザイン。フィールドデザインの後に、「魔術学院」など場所固有のコンセプトデザインを詰めていった
画像はゲーム制作ワークフローセミナー第5弾「ELDEN RING」メイキングセミナーより引用

背景デザインをするにあたっての注意点も

背景デザインをするにあたっての注意点も「リアリティとフィクションのバランス」、「印象や記憶に残るデザイン」、「ゲーム都合にならないデザイン」という3つの観点から紹介しています。

たとえば「ゲーム都合にならないデザイン」というトピックでは、マップの造形をゲーム都合で作り込んでしまうと世界観にあわないビジュアルになってしまう問題について言及しています。

ゲーム要件で構成された設計マップ(左)に倒れた樹木や建築様式のアーチを追加し設計マップの構造を自然に表現(右)。周囲の環境になじませている
画像はゲーム制作ワークフローセミナー第5弾「ELDEN RING」メイキングセミナーより引用

キャラクターの制作工程について

キャラクターの制作工程についても語られており、イメージ共有ミーティングなどを経て制作が行われたことが『接ぎ木のゴドリック』というキャラクターを例にして説明しています。重要なキャラクターのコンセプトアートを制作する場合、ディレクターから提示された文章をもとにキャラクターデザインを行うこともあるとのこと。

1キャラクターを作るにあたって、複数のラフデザインが描き起こされる。中にはA案とB案の異なる2つのラフ案にある要素を組み合わせて、C案を作成する場合も
画像はゲーム制作ワークフローセミナー第5弾「ELDEN RING」メイキングセミナーより引用

ゲーム内で「弱き男はおぞましい接ぎに力を求めた」と紹介されるキャラクター『接ぎ木のゴドリック』はディレクターによってゴドリックが力を求めた理由や結末などが記された文書をもとにデザイン
画像はゲーム制作ワークフローセミナー第5弾「ELDEN RING」メイキングセミナーより引用

本記事で紹介した分野の他にも、開発体制、使用ツール、エルデンリングの開発、開発時の工夫点、モデルの最適化、オープンフィールドの制作過程、3ds Maxによるレイアウト事例、シェーダー、モーション、リグなどについて説明されており、終盤のQ&Aでは開発現場の雰囲気や3DCGを制作するにおいて必要な要素といった技術面以外のトピックについて触れられています。

インタビューの詳細はToo公式サイトをご確認ください。

ゲーム制作ワークフローセミナー第5弾「ELDEN RING」メイキングセミナーレポート

関連記事

インディーゲーム情報番組「INDIE Live Expo 2024.5.25」、番組内容発表!『ピギーワン SUPER SPARK』『少年期の終り』などが注目タイトルに
2024.04.19
Unity Technologies、HDRPを解説した無料の電子書籍をUnity 2022 LTS版にアップデート。進化した水面の表現やSpeedTreeを組み合わせたTerrainの使い方を183ページにわたって紹介
2024.04.19
オーディオミドルウェア「Wwise」のサウンドをUnreal Engineで再生。「書かれた通りに設定すれば必ず動作する」ガイド、Audiokineticが公開
2024.04.18
【2024年5月25日(土) 東京開催】ゲームづくりで盛り上がろう!「ゲームメーカーズ スクランブル2024」 イベント情報(随時更新)
2024.04.18
“弾が大きくて遅い”対戦TPS『FOAMSTARS』、戦闘システムが生まれた経緯をトイロジックが解説。重視したポイントは「いかに上手くエイムできるか」ではない
2024.04.18
インディーゲーム開発者向け支援プログラム「iGi」、第4期がスタート。選出された6チームやiGi特別賞が発表される
2024.04.17

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
24
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
25
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!