「シェーダー最適化入門」、サイバーエージェントのゲーム・エンタメ技術組織が新設ブログで公開

2024.06.10
ニュースUnityプログラム
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • サイバーエージェントのコア技術本部チーム、『シェーダー最適化入門 第1回目「条件分岐を使いこなせ」』と題した記事を公開
  • シェーダーコーディングにおける条件分岐の際に発生する問題や、その対策方法について解説している
  • 条件分岐の利用に関する指針も紹介

サイバーエージェント ゲーム・エンターテイメント事業部 コア技術本部(以下、コアテク)は2024年5月29日(水)、『シェーダー最適化入門 第1回目「条件分岐を使いこなせ」』と題した記事を、同日に新設した技術ブログ「CORETECH ENGINEER BLOGにて公開しました。

Unityにおけるシェーダーコーディングを例に上げ、条件分岐(いわゆるif文など)を利用する際に発生しやすい問題点や、その対策方法について解説しています。

(画像はCORETECH ENGINEER BLOGより引用)

記事中では、条件分岐の記述の仕方によって、実行コードがコンパイル時に確定する「静的分岐」と、実行時までコードを確定できない「動的分岐」に分けることができるとし、それぞれの特徴やパフォーマンスに与える影響などを説明しています。

同記事によると、比較的処理が軽いとされる静的分岐の中でも、事前に複数パターンのコードをコンパイルする機能「シェーダーバリアント」は、メモリ使用量やコンパイル時間の増加といった要因から、ビルド時間が長くなるといった問題が発生する可能性があるとのことです。

シェーダーバリアント機能を使用することで、条件分岐が存在しない3パターンのコードを自動でコンパイル可能(画像はCORETECH ENGINEER BLOGより引用)

また、実行速度に劣るとされる動的分岐のうち、シェーダー実行時の計算により決まる分岐が最もパフォーマンスに悪影響を及ぼすとしています。

一方、マテリアルパラメーターの値によって決まる分岐は、パフォーマンスに与える影響が小さいと述べています。

コードの実行時まで分岐を決定できない「動的分岐」に該当するコード(画像はCORETECH ENGINEER BLOGより引用)

両者の違いが生まれる理由として、最近のスマートフォンで採用されているGPUのアーキテクチャ「SIMT(Single Instruction Multiple Thread)」の並列処理について触れ、マテリアルパラメーターの値による分岐の優位性を解説しています。

「シェーダー実行時の計算によって決まる分岐」(左)と、「マテリアルパラメーターの値によって決まる分岐」(右)について、SIMTのスレッドグループで行われる並行処理について解説した図(画像はCORETECH ENGINEER BLOGより引用)

その他、コアテクのグラフィックスチームが条件分岐を利用する際の基準や優先順位など、シェーダーコーディングに関するコアテク独自の指針についても紹介しています。

詳細はコアテクの技術ブログをご確認ください。

『シェーダー最適化入門 第1回目「条件分岐を使いこなせ」』CORETECH ENGINEER BLOG

関連記事

Epic Gamesが開発中のプログラミング言語「Verse」って知ってる?編集部員が感じる2つの特徴「ロールバック」「非同期処理」などを解説
2024.06.12
Apple、統合開発環境「Xcode 16」のベータ版をリリース。予測的コード補完エンジンや、処理負荷を可視化する「flame graph」の実装など
2024.06.11
Unity 6からURPで正式導入される「RenderGraph」、サイバーエージェント「コアテク」が紹介記事を公開
2024.06.11
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
Unity Technologies、データ指向プログラミングをサポートするUnityの新たなアーキテクチャ「DOTS」について解説した電子書籍を無料公開
2024.05.31
「Unity ゲーミングレポート 2024」、日本語版が無料公開。Unityで開発する約500万人のデータをもとに、AI活用など5つのトピックで動向をレポート
2024.05.30

注目記事ランキング

2024.06.07 - 2024.06.14
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!