Unity Museのテクスチャ生成機能のAIモデルがアップデート。石畳や木材がより精細に、奥行きも表現

2024.03.09
ニュース3DCGAIUnity
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Unity TechnologiesがUnity Museのテクスチャ生成AIモデルを改善したことを発表
  • 木材・レンガ・コンクリート・皮革・金属・砂利・土などのマテリアルの生成精度が上がっている
  • ハイトマップもデフォルトで16ビットになり、奥行き表現が改善

Unity Technologiesは、Unity Museのテクスチャ生成AIモデル「Photo-Real-Unity-Texture-1」の改良版「 Photo-Real-Unity-Texture-2」が利用可能になったことを発表しました。

Unity Museは生成AIをベースとした機能で、今回アップデートしたテクスチャ生成機能のほかに、スプライト生成、チャットAI(ベータ)、アニメーション生成(プレリリース)などがあります。

Unity Muse のテクスチャ機能では、プロンプトまたは画像による入力からPBR対応マテリアルを生成します。その生成AIのモデルにはこれまでPhoto-Real-Unity-Texture-1が使われていました。これはUnity が所有またはライセンスを取得したデータを使ってゼロからトレーニングしたモデルで、潜在拡散モデルのトレーニングデータにインターネットから収集したデータを使っていません。

今回のアップデートにより使用モデルがPhoto-Real-Unity-Texture-2になり、ゲームでよく使われる木材・レンガ・コンクリート・皮革・金属・砂利・土などのマテリアルの改善がされています。

なお、Photo-Real-Unity-Texture-2は既にUnity Museに実装されており、利用可能です。

左がPhoto-Real-Unity-Texture-1で、右がPhoto-Real-Unity-Texture-2で生成した「cobblestone, grass」(画像はUnityブログより引用)

Terrain(地形)上の各点または頂点の高さを格納する、グレースケールテクスチャのハイトマップはデフォルトで 16 ビットになりました。これにより奥行きの表現も改善しています。

今後は特定の色・パターンの同時指定もUnity Museのテクスチャ機能に実装されるとのこと。 

左がPhoto-Real-Unity-Texture-1で、右がPhoto-Real-Unity-Texture-2で生成した「aged wood planks」(画像はUnityブログより引用)

Unity Museは、2024年春までの早期アクセスが展開中です。早期アクセス期間中は、有料サブスクリプションの契約者は上限なしでUnity Museを使用できます(※15日のトライアルの後、月額30ドル。JPYでの購入は不可。記事執筆時点)。

なお、早期アクセス期間終了後は、サブスクリプション契約者に配布されるその月のみ有効なMuse Pointsを消費しながらの生成となります。Muse Pointsは毎月3,000ポイントが配布され、1回のテクスチャアクションにつき8ポイントの消費となることが予定されています。

詳しくはUnityブログUnity Museのページをご確認ください。

「AI model improvements for higher-quality textures in Unity Muse」Unityブログ「Unity Muse で創造性を解き放つ」Unity Muse

関連記事

AIはイテレーションを回すために活用すべし!中割りの生成やリアルなエフェクトのアニメ調変換など、エフェクト制作へのAI活用を模索したR&Dの苦労と展望をインタビュー【CAGC2024】
2024.04.16
Steamの「実績解除」を手軽に実装。インディーゲーム開発者のザクロスケ氏、Unity用ビジュアルノベル制作ツール「宴」のプラグインを無料公開
2024.04.16
「3ds Max 2025」の新機能や更新を紹介する動画がYouTubeで公開。カラー管理にOCIO追加、Retopology Toolの処理速度アップなど
2024.04.12
「ZBrush 2023」から「ZBrush 2024」までの新要素を解説する公式動画が公開。「Anchorブラシ」や「スライムブリッジ」などの新機能をおさらい
2024.04.11
AIによる高解像技術「XeSS 1.3」、Intelがリリース。AIモデルの改善などによりパフォーマンスが向上し、ゴーストやモアレも軽減
2024.04.10
Adobe、「Substance 3D Connector」をオープンソースとして公開。Blender・Maya・3ds MaxやUE5・Unityなどの間でのアセット共有を目指す
2024.04.08

注目記事ランキング

2024.04.09 - 2024.04.16
1
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
10
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
16
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
17
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
24
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
25
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
26
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
27
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
28
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
30
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マーケットプレイス(Market Place)
マーケットプレイス
  1. インターネット上で売買を行う仕組みやウェブサイト自体を示す。
  2. Epic Games LauncherやアンリアルエンジンのWebサイトからアクセスできる、アンリアルエンジン用のオンラインストア。アセットやプラグインなどの販売・購入が可能。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!