UE4で開発中のゲームをUE5に移行するには。サバイバルゲーム『Nightingale』開発チームによる事例紹介記事をEpic Gamesが公開

2023.11.20
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Epic Games、サバイバルゲーム『Nightingale』の開発に関する記事を公開
  • Unreal Engine 4で開発していた作品をUnreal Engine 5に移行した背景や方法を紹介
  • Unreal Engine 5ならではのメリットなども語られる

Epic Gamesは、『Nightingale』を開発中の企業『Inflexion Games』の開発チームの記事を、Unreal Engine(以下、UE)公式ブログにて公開しました。

(画像は公式ブログより引用)

Nightingale』は2024年2月23日(金)にリリース予定の、オープンワールドサバイバルゲームです。

本記事では、Inflexion Games テクニカルディレクターのJacques Lebrun氏と環境ディレクターのNoel Lukasewich氏が、本作の開発をUE4からUE5に移行した方法などを語っています。

(画像は公式ブログより引用)

UE4からUE5に移行するきっかけは、LumenNaniteによるビジュアルの向上にあったといいます。他にもオープン ワールド システムやアセット管理など、ワークフローを大幅に改善できる見込みがあった点も、移行理由として挙げられています。

ブループリントを使ったプロジェクトであれば、UE5へのアップデートは、新しいバージョンでロードして、表示されるアセットのエラーを確認・修正するだけで済みます。

しかし、エンジンをコードでカスタマイズしていた場合は、移行する作業が複雑になります。今回の記事では、中程度のカスタマイズを施していた本作における、移行の際に行った管理や作業について解説しています。

エンジンからの乖離を管理する

エンジンへの変更をマークアップして追跡することで、エンジンをアップデートした際にコードの競合をマージしやすくします。本作では、エンジンへのすべての変更を承認者グループでレビューしたり、すべてのコードの変更をタグ付け、プロジェクト管理ツールJiraで管理したりしたといいます。

統合プロセス

通常のエンジンアップデートではGitHubを介して取得し、「Engine」フォルダの内容をすべて置き換えることで行います。しかし、エンジンのコードに変更を加えていると、一気に管理が難しくなります。

本作ではPerforceのストリームを活用して、変更を加えていないUE4・UE5のリリースのストリーム、実際に作業する開発ストリーム、エンジンのアップデートをマージするストリームに分けて管理しています。段階を踏んでアップデートをマージし、エラーを修正していきます。

オートメーション

統合プロセスの一部を自動化することで、アップグレードのプロセスが簡素化され、多くの問題の検出に役立ちます。

なお、同記事ではUE5にアップグレードしたことによるメリットについても語っています。LumenNanite仮想シャドウ マップを組み合わせることで、非常に印象的なビジュアルを実現できたそう。他にも、レベル インスタンスPacked Level アクタの導入が、開発に大きく役立ったといいます。

(画像は公式ブログより引用)

(画像は公式ブログより引用)

記事の全文は、こちらをご確認ください。

Nightingale の飛躍的向上を実現:Inflexion Games が開発途中で UE4 から UE5 にアップグレードした方法

関連記事

ヒストリア、日本で唯一「Unreal Engine サービス パートナー プログラム」で「ゴールド ステータス」を獲得。Epic Gamesが定める技術支援プログラム
2024.04.11
Adobe、「Substance 3D Connector」をオープンソースとして公開。Blender・Maya・3ds MaxやUE5・Unityなどの間でのアセット共有を目指す
2024.04.08
UE5で流体シミュレーションを行うプラグイン「Niagara Fluids」の公式チュートリアル4点が公開。波立つ水面や煙の揺れを表現可能
2024.04.06
「Unreal Engine」2024年4月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!森の中の村を表現できるクレイ風アセットパック、ゴーレムのリグ付き3Dモデルなど
2024.04.03
「猫でもわかる UE5 シーケンサー自動生成!」など、「Unreal Engine Meetup in Nagoya Season2 Vol.1」の講演で使われたスライド資料が公開
2024.03.29
Unreal Engine 5.4 Preview 1がリリース。アニメーション制御の新機能「Motion Matching」などが導入
2024.03.21

注目記事ランキング

2024.04.08 - 2024.04.15
1
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
2
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
11
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
12
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
13
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
14
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
15
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
16
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
25
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
26
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
30
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!