タブレットでUEを使ったインカメラVFXのコントロールができるiPadアプリ『Unreal Stage』がリリース。UE技術者でなくても撮影中の3DCG背景の調整が可能に

2023.08.17
ニュースアンリアルエンジン映像制作
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • UEでのインカメラVFXの操作ができるiPad用アプリ『Unreal Stage』がリリース
  • タブレットをタップすることで直感的に背景用LEDウォールの操作・管理ができる
  • Androidタブレット向けとしてFlutterベースのアプリのソースもGitHubで公開

Epic Gamesは、Unreal Engineを使用したインカメラVFXのコントロールができるiPad用アプリ『Unreal Stage』をリリースしました。

このアプリを利用することで、スタジオのLEDウォールに映し出されたリアルタイム3DCGを背景として撮影を行うインカメラVFXにおいて、UEで稼働する背景CGをタブレット上で直感的に操作できるようになります。

『Unreal Stage』はUnreal Engine(以下、UE)5.2のリリース時に「強化されたバーチャル プロダクション ツールセット」として予告されていたタブレット向けアプリです。

UE上のインカメラVFX向けステージエディタと連携するもので、LEDボリューム内でのカラーグレーディングやライトカードの配置、複数のディスプレイデバイスのレンダリング処理を行うnDisplayの管理といったステージ操作を、iPadをタップすることで直感的に行うことができます。このアプリを利用することで、映画制作者がUEの操作担当者の手を借りずとも、撮影現場で直接、手軽に調整を行うことができるようになります。

本アプリはスマートフォン向けではなく、タブレット用アプリとしてリリースされています。 AppleのApp StoreでリリースされているiPadアプリの利用が推奨されていますが、必要に応じて Android デバイスにデプロイして実行できるFlutterベースのアプリのソースコードもGitHubにて公開されています(要 GitHub アカウントと Epic Games アカウントの接続)。

詳細はEpic Developer Communityの当該記事をご覧ください。

Unreal Stage App | Epic Developer Community‎Unreal Stage | App Store

関連記事

設定漏れも一目で分かる。おかず氏、Actor・PrimitiveComponentを条件で色分けできるUE5.4用プラグイン「Custom Actor Coloration」を公開
2024.05.14
「ゼロから始めるプロシージャル入門!」など、Epic Gamesが講演した技術セミナー「Epic Games Conference 2024」の講演資料が公開
2024.05.09
マテリアルについて知る講演、UE5.4で改良されたActor Coloration機能の解説も。UE勉強会「Unreal Engine Meetup Connect」第2回の講演資料が公開
2024.05.09
「Unreal Engine」2024年5月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!東京をイメージした環境アセットや、魚群をシミュレーションできるプラグインなど
2024.05.08
対戦TPS『FOAMSTARS』開発に活用したUE4の「エフェクトのプール機能」、トイロジックが紹介記事を公開
2024.05.08
Unreal Engine 5.4.1がリリース。新機能「Modular Control Rig」の改善、MSVCの不正利用時にエラーが検出されない不具合などが修正
2024.05.02

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!