Unity Technologies、「Unity 2022 LTS」をリリース!2025年半ばまでのサポートを保証

2023.06.01
ニュースUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Unity Technologies、「Unity 2022 LTS」をリリース
  • およそ2025年半ばまでのサポートが保証されている
  • データ指向型の技術「DOTS」やレンダーパイプライン「HDRP」「URP」などがアップデート

2023年5月30日、Unity Technologiesは、Unity 2022Long Term Supportバージョンである「Unity 2022 LTS」リリースしました。

(画像は公式サイトより引用)

Long Term Support(LTS)とは、安定したソフトウェアの提供を目的とした、長期にわたってサポートされるバージョンを指す言葉です。

Unity 2022 LTSは、2024年半ばまで隔週更新、その後は最初のリリース日の2年後(およそ2025年半ば)まで毎月更新されることが保証されています。また、Unity 2022 LTSに適用されるアップデートでは、安定性を向上させるための修正のみが行われます。

Unity 2022およびUnity 2022 LTSには、データ指向型の設計に役立つ「Entity Component System(ECS) for Unity」のアップデートや「Netcode for Entities」の正式対応、HDRPとURPに対する機能の追加など、複数の新要素が存在します。

関連記事
Unity 2022 LTSが6月に公開!DOTSによるパフォーマンス向上やHDレンダーパイプラインを使ったエフェクト機能などを紹介
2023.05.26

詳細は、リリースに伴い公開された、Unity 2022 LTSの新機能を紹介する資料をご覧ください。資料は、プログラマー向けアーティスト向けが用意されています。

Data Oriented Technology Stack(DOTS)に関連する機能「ECS for Unity」が本番環境をサポート(画像は公式サイトより引用)

新機能「6-way lighting」。高負荷な煙や爆発のライティングをリアルタイムで計算するのを避けるため、6方向の光に対応するライトマップを使用する手法(画像は公式サイトより引用)

Unity 2022 LTSのダウンロードは、ダウンロードページもしくはUnity Hubから行います。

Unity 2022 LTSの詳細は、こちらをご覧ください。

Unity 2022 LTS ダウンロードページUnity 2022 LTS 紹介ページ

関連記事

Unity Technologies、初心者から上級者まで幅広くカバーしたアニメーションの電子書籍を無料で公開。Blenderからのインポート、AIナビゲーションなど解説
2024.06.14
Unity 6からURPで正式導入される「RenderGraph」、サイバーエージェント「コアテク」が紹介記事を公開
2024.06.11
「シェーダー最適化入門」、サイバーエージェントのゲーム・エンタメ技術組織が新設ブログで公開
2024.06.10
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
Unity Technologies、データ指向プログラミングをサポートするUnityの新たなアーキテクチャ「DOTS」について解説した電子書籍を無料公開
2024.05.31
「Unity ゲーミングレポート 2024」、日本語版が無料公開。Unityで開発する約500万人のデータをもとに、AI活用など5つのトピックで動向をレポート
2024.05.30

注目記事ランキング

2024.06.13 - 2024.06.20
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マージ(Merge)
マージ 何か複数のものをまとめて1つに融合・統合すること。ゲーム開発において、多くの場合、異なる作業者が同一のファイルを編集したのち、ひとつに統合する作業のこと。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!