サイバーエージェントが『Unity パフォーマンスチューニングバイブル』PDFを無料公開。大規模開発の現場で行われているパフォーマンス最適化が学べる1冊

2022.08.26
ニュース公開資料まとめUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

サイバーエージェントのゲーム・エンターテイメント事業部が、社内研修用の書籍『Unity パフォーマンスチューニングバイブル』のPDFを公開し、同時にオープンソース化したことを公式ブログにて発表しました。約300ページに及ぶ分量にて、いかにUnityゲームのパフォーマンスを保つかについてをまとめています。

本書が製作された背景

本書は専用の公式ブログの記事にてこう書かれています。「モバイルゲーム開発においては、常にパフォーマンスを意識した開発を行う必要」があり、それをおろそかにしていると「メモリ圧迫によるクラッシュやFPSの低下、ロード時間やダウンロード時間の増大といった深刻な問題」が発生してしまいます。なので「パフォーマンスチューニングに関する知識は重要ですが、その一方で体系的な学習が難しいという問題」があるため、本書の制作し、社内のUnityエンジニアと共有したとのことです。

オープンソース化の意図

そんな本書を無償公開し、ならびにオープンソース化した理由についてはこうまとめています。「本書の内容は十分に汎用的なものであり、あらゆるモバイルゲーム開発で役立つ知識」がまとまっているため、社内で話し合った結果「モバイルゲーム業界全体としてよりオープンでより良いモノ作りができる環境づくりの一助となればという思い」から無償公開に踏み切ったとのことです。

Gifhub上でのオープンソース化の恩恵としては、社外からの開発者からのプルリクエスト(本プロジェクトの場合は、修正希望箇所の提案)を受け付けることができることです。実際に本書の公開後、何例かの修正案が採用されています。

サイバーエージェントはモバイルゲーム開発の大手として有名ながら、自社の技術で汎用性の高いものを業界に広く公開する活動を実施しています。今回の書籍の公開をはじめ、パーティクル製作用のツールである「NOVA Shader」をオープンソースで公開するといった事例もありました。ゲーム産業全体に貢献する姿勢を見せているのがわかる事例でもあるでしょう。

『Unity パフォーマンスチューニングバイブル』ダウンロード

この記事は「IndieGamesJp.dev」の提供により掲載しています。
元記事URL: https://indiegamesjp.dev/?p=6092

葛西 祝

「ジャンル複合ライティング」というスタンスで活動。ビデオゲームを中核に、映画やアニメーションをはじめ、現代美術から格闘技、社会など数多くのジャンルを横断した企画やテキストを執筆している。

関連記事

Unity Technologies、初心者から上級者まで幅広くカバーしたアニメーションの電子書籍を無料で公開。Blenderからのインポート、AIナビゲーションなど解説
2024.06.14
Unity 6からURPで正式導入される「RenderGraph」、サイバーエージェント「コアテク」が紹介記事を公開
2024.06.11
「シェーダー最適化入門」、サイバーエージェントのゲーム・エンタメ技術組織が新設ブログで公開
2024.06.10
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
Unity Technologies、データ指向プログラミングをサポートするUnityの新たなアーキテクチャ「DOTS」について解説した電子書籍を無料公開
2024.05.31
「Unity ゲーミングレポート 2024」、日本語版が無料公開。Unityで開発する約500万人のデータをもとに、AI活用など5つのトピックで動向をレポート
2024.05.30

注目記事ランキング

2024.06.08 - 2024.06.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!