1,000種類以上のベースメッシュを無料で公開している「The Base Mesh」がリニューアル。ダウンロード形式にGLBファイルが追加、3Dビューワーの搭載など

2024.05.07
ニュース3DCG
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • ベースメッシュの無料配布サイト「The Base Mesh」がリニューアル
  • 1,000種類以上の3DアセットをCC0ライセンスで無料公開しているWebサイト
  • Web上でモデルを確認できるビューワーの搭載、GLBファイルが新たにダウンロード可能に

2024年4月4日(現地時間)、ベースメッシュの無料配布サイト「The Base Mesh」のリニューアルが発表されました。

(画像はThe Base Meshより引用)

「The Base Mesh」は、3DアーティストのTim Steer氏が運営するベースメッシュ配布サイトです。

同サイトは衣類や食べ物、楽器、日用品など、1,000種類以上のベースメッシュをUV展開済みの状態で、CC0ライセンスのもと無料で公開しています。

(画像はThe Base Meshより引用)

今回、同サイトは「The Base Mesh 2.0」としてリニューアル。

機能改善やモデルの修正のほか、Webブラウザ上で動作する3Dビューワーが搭載されています。また、これまではダウンロード可能なファイル形式としてFBXとOBJが用意されていましたが、新たにGLBが追加されました。

そのほかの更新内容は以下の通りです。

  • モデルのポリゴン数(Tris)の表示を追加
  • 「Kitbash」などの新カテゴリを追加
  • ソート機能を追加(新しい順/古い順)
  • その他、モデルの修正や各種機能の追加など

リニューアル内容の詳細は、The Base Meshのブログ記事をご確認ください。

「The Base Mesh」

関連記事

Adobeの「Substance 3D Modeler」のバージョン1.10.50がパブリックベータに。ブーリアンを使った非破壊プリミティブやオブジェクトのアウトライン管理が可能に
2024.05.20
『NieR Replicant ver.1.22474487139…』におけるHoudiniの活用事例、トイロジックがブログで紹介。UVスクロールで複雑なエフェクトを作成
2024.05.13
3Dモデルの見た目は変わらず、データサイズを3分の1に。インフィニットループ、自社ブログで頂点レイアウトについて解説
2024.05.13
【Adobe・Maya・ZBrushなど】学生向け無料・割引プランがあるDCCツールまとめ
2024.05.12
Epic Games、NaniteとGPU駆動のマテリアルパイプラインの関連を解説した「GDC 2024」の講演資料を公開。ノート付スライド資料は無料
2024.04.30
5/10(金)発売の『CGWORLD 2024年6月号 vol.310』最新号の一部をゲームメーカーズで先行公開!テーマは「ローポリから始める3DCG」
2024.04.29

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!