5/10(金)発売の『CGWORLD 2024年6月号 vol.310』最新号の一部をゲームメーカーズで先行公開!テーマは「ローポリから始める3DCG」

2024.04.29
ニュース3DCGBlender映像制作
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 2024年5月10日(金)、『CGWORLD 2024年6月号 vol.310』が発売
  • 特集テーマは「ローポリから始める3DCG」。ビギナー層にも分かりやすいトピックを全42ページにわたって展開
  • ゲームメーカーズでも取り上げた「256ポリゴンのリグ付きオリジナルキャラクター“流流”」制作者のLee氏らが寄稿

ボーンデジタルは2024年5月10日(金)、3DCGや映像技術の専門誌『CGWORLD 2024年6月号 vol.310』を発売します。CGWORLD SHOPAmazon.co.jpにて予約購入が可能で、価格は1,540円(税込)。

(画像はCGWORLD.jpより引用)

『CGWORLD 2024年6月号 vol.310』の特集テーマは「ローポリから始める3DCG」。3DアバターやVTuberなどの台頭によるメタバース関連需要の増加、無料で使えるBlenderなどの3DCGツールの拡大と各種チュートリアルの充実などを背景として、ローポリ技術が3DCG学習の第一歩として注目を集めています。

関連記事
ゼロから分かるBlender講座 Vol.01ーキャラクターモデルを自作してゲームエンジンで動かすまでの最短チュートリアル
2022.06.03

本特集ではローポリの定義から制作ノウハウの紹介まで多岐にわたる情報が掲載される予定。執筆陣はモデラーや講師としても活動しているますく氏(@mask_3dcg)やBlender解説動画を投稿しているびび氏(@kaeru_sippo0201)、3DアーティストのLee氏(@leedoppo)など現役クリエイターとなっています。

関連記事
オリジナルキャラクター「流流」のリグ付きローポリモデル、3DアーティストのLee氏が無料公開
2024.02.28

特集は全42ページ。今回はCGWORLD編集部から特集の一部を見本としてご提供いただけたので、ここで紹介します。

全42ページのうち、8ページ分を先行公開!ローポリとはなにか、その作り方について細やかに執筆されている

なお、ボーンデジタルは『CGWORLD + digital video』を月額500円で定期購読できる「リモートワーククリエイター応援プラン」も販売しています。2024年4月30日(火)までに申し込むと、『CGWORLD 2024年6月号 vol.310』から購読可能とのこと。

『CGWORLD 2024年6月号 vol.310』の詳細は、「CGWORLD.jp」のニュースページや各種ECサイトをご確認ください。

CGWORLD vol.310(2024年6月号)、「ローポリから始める3DCG」特集号を先行告知!

『CGWORLD 2024年6月号 vol.310』を10名の方にプレゼント!

ゲームメーカーズのXアカウントをフォローし、該当ポストをリポストしていただいた方の中から、抽選で10名の方に『CGWORLD 2024年6月号 vol.310』をプレゼントいたします。

ぜひ、この機会にゲームメーカーズのXをチェックしてください。

応募期間は「2024年4月29日(月)から2024年5月6日(月)23時59分まで」。また、応募に際しては本記事に記載した注意事項もご確認ください。

ゲームメーカーズ公式X

プレゼントキャンペーンについての注意事項

・ご応募いただいた方の中から抽選でプレゼントいたします
・当選者の方にのみXのダイレクトメッセージにてご連絡いたします
・プレゼントの発送は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます
・個人情報の取り扱いについてはプレゼントの発送にのみ使用いたします
プライバシーポリシー
・到着した商品に不備がありましたら商品の販売元へお問い合わせください
・配送業者による配送遅延や、未配などの賠償義務は負いかねますのでご了承ください。また商品の返品や交換はできかねます

【なりすましアカウントのご注意】

ゲームメーカーズのアカウントに成りすまして、DMを送信しているアカウントが発生したケースがあります。DM受信の際には「@GameMakersJP」であることを十分にご確認ください。

関連記事

Adobeの「Substance 3D Modeler」のバージョン1.10.50がパブリックベータに。ブーリアンを使った非破壊プリミティブやオブジェクトのアウトライン管理が可能に
2024.05.20
『NieR Replicant ver.1.22474487139…』におけるHoudiniの活用事例、トイロジックがブログで紹介。UVスクロールで複雑なエフェクトを作成
2024.05.13
3Dモデルの見た目は変わらず、データサイズを3分の1に。インフィニットループ、自社ブログで頂点レイアウトについて解説
2024.05.13
【Adobe・Maya・ZBrushなど】学生向け無料・割引プランがあるDCCツールまとめ
2024.05.12
1,000種類以上のベースメッシュを無料で公開している「The Base Mesh」がリニューアル。ダウンロード形式にGLBファイルが追加、3Dビューワーの搭載など
2024.05.07
Epic Games、NaniteとGPU駆動のマテリアルパイプラインの関連を解説した「GDC 2024」の講演資料を公開。ノート付スライド資料は無料
2024.04.30

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!