GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート

2024.03.21
ニュースクリエイティブモードフォートナイトUEFN
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • GDC 2024で行われた「State of Unreal」にて、UEFNの新機能、新要素が発表
  • UEFNがリアルな人間の3Dモデルを作成する「MetaHuman」をサポート
  • レゴと『Rocket Racing』の島を独自に制作できるようになった

2024年3月21日(木)、Epic Games世界最大級のゲーム開発者向けカンファレンスGame Developers Conference 2024」で行われた講演「State of Unreal」にて、『フォートナイト』クリエイティブとUnreal Editor for Fortnite(以下、UEFN)の新機能・新要素について発表しました。

『State of Unreal Livestream | GDC 2024』

クリエイティブとUEFNの新機能、新要素は以下の通りです。

レゴ®と『Rocket Racing』の島を制作可能に

クリエイティブとUEFNがレゴの島の制作に対応

『レゴ フォートナイト』と同様に、レゴ専用の小道具、消耗品、アイテムなどを使ったオリジナルのレゴの島を、クリエイティブUEFNで制作できるようになりました。

『LEGO® Elements and LEGO Styles come to Fortnite Creative and UEFN』

レゴの島の中では、『レゴ フォートナイト』上と同じプレイヤーキャラクターを使用可能。制作用のテンプレートは「ホームビルダー」「障害物コース」「ミュージックコンサート」「スターター島」の4つが用意されています。

(画像はUnreal Engine公式ブログより引用)

レゴの島を制作するには、島クリエイタープログラムへの参加に加え、追加の規約に同意する必要があります。また、レゴの島におけるエンゲージメント配当の15%は、The LEGO Groupに分配されます。

詳細は、こちらをご確認ください。

『Rocket Racing』の島を制作するテンプレートプロジェクトや仕掛けが追加

UEFN上でオリジナルの『Rocket Racing』の島を制作できるようになりました。

『Build Your Own Rocket Racing Islands with UEFN』

UEFNには、『Rocket Racing』の島のベースとなる2つのテンプレートプロジェクトが追加されています。専用の車両をスポーンする「Rocket Racing 乗り物スポナー」や、トラックの作成とカスタマイズを行う『「Rocket Racing」トラックの仕掛け』、ゲームモードやラップ数を設定する「レースマネージャーの仕掛け」など、新たな仕掛けも導入されました。

詳細は、こちらをご確認ください。

UEFNがMetaHumanをサポート

UEFNが、フォトリアルな人間の3Dモデルを制作するフレームワーク「MetaHuman」を正式にサポートしました。

MetaHuman Creator

「MetaHuman Creator」は、MetaHumanのプリセットキャラクターをベースにオリジナルの3Dモデルを作成するアプリケーションです。

髪型や目、メイク、歯などの項目を調整し、多様多種な顔とフェイシャルアニメーションを作成できます。

(動画はクリエイターポータルより引用)

作成したMetaHumanキャラクターは、UEFNから起動できる「MetaHuman Importer」経由でインポートし、仕掛け「NPCスポナー」によってNPCとして利用できます

MetaHuman Animator

「MetaHuman Animator」は、iPhoneやヘッドマウントカメラでキャプチャした映像を、MetaHuman用のフェイシャルアニメーションに変換するアプリケーションです。

作成したフェイシャルアニメーションは、MetaHumanキャラクターだけでなくフォートナイトのキャラクターにも適用できます。

『State of Unreal Livestream | GDC 2024』
1:11:20ごろからMetaHumanのデモ「The Talisman」が再生される

Marvelous Designerのライセンスを無料で1年間利用可能

4月下旬にリリース予定のUnreal Engine 5.4では、Marvelous DesignerCLOが統合。統合されたMarvelous Designerで制作した衣装はUEFNのプロジェクトにインポートできます。

UEFNのクリエイターは、Marvelous Designerのライセンスを無料で1年間利用できるようになります。ライセンス登録の申請開始は4月後半に予定されているとのこと。

詳細はこちらをご確認ください。

MetaHumanのデモ「Talisman」に登場するMetaHumanキャラクターには、Marvelous Designerによって作られた動きのある衣装が使われている(画像はクリエイターポータルより引用)

以上のほかにも、5月には『Fall Guys』のアセットやアニメーション、ジェリービーンズがUEFNに追加されることがアナウンスされています。

また、Epic Games『フォートナイト』の開発をUEFNとVerseに移行するといい、2025年末までにUEFNで開発された『フォートナイト』バトルロイヤルの最初のシーズンをリリースする予定としています。

今回行われた発表の詳細は、こちらをご確認ください。

GDC 2024 の State of Unreal の重要ニュースフォートナイト エコシステム GDC 2024Fortnite Creator Roadmap

関連記事

フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2024.04.10
【UEFN】よく使うショートカットまとめ
2024.04.05
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
2024.03.27
LiaqN氏も参戦!無料で遊べるお祭り騒ぎな最大20人の大乱闘デスマッチ『Boom Bang Party – FFA』が本日リリース!先行プレイレポをお届け
2024.03.12
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
2024.03.11
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
2024.02.26

注目記事ランキング

2024.04.09 - 2024.04.16
1
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
10
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
16
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
17
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
24
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
25
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
26
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
27
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
28
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
30
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マーケットプレイス(Market Place)
マーケットプレイス
  1. インターネット上で売買を行う仕組みやウェブサイト自体を示す。
  2. Epic Games LauncherやアンリアルエンジンのWebサイトからアクセスできる、アンリアルエンジン用のオンラインストア。アセットやプラグインなどの販売・購入が可能。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!