GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート

2024.03.21
ニュースクリエイティブモードフォートナイトUEFN
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • GDC 2024で行われた「State of Unreal」にて、UEFNの新機能、新要素が発表
  • UEFNがリアルな人間の3Dモデルを作成する「MetaHuman」をサポート
  • レゴと『Rocket Racing』の島を独自に制作できるようになった

2024年3月21日(木)、Epic Games世界最大級のゲーム開発者向けカンファレンスGame Developers Conference 2024」で行われた講演「State of Unreal」にて、『フォートナイト』クリエイティブとUnreal Editor for Fortnite(以下、UEFN)の新機能・新要素について発表しました。

『State of Unreal Livestream | GDC 2024』

クリエイティブとUEFNの新機能、新要素は以下の通りです。

レゴ®と『Rocket Racing』の島を制作可能に

クリエイティブとUEFNがレゴの島の制作に対応

『レゴ フォートナイト』と同様に、レゴ専用の小道具、消耗品、アイテムなどを使ったオリジナルのレゴの島を、クリエイティブUEFNで制作できるようになりました。

『LEGO® Elements and LEGO Styles come to Fortnite Creative and UEFN』

レゴの島の中では、『レゴ フォートナイト』上と同じプレイヤーキャラクターを使用可能。制作用のテンプレートは「ホームビルダー」「障害物コース」「ミュージックコンサート」「スターター島」の4つが用意されています。

(画像はUnreal Engine公式ブログより引用)

レゴの島を制作するには、島クリエイタープログラムへの参加に加え、追加の規約に同意する必要があります。また、レゴの島におけるエンゲージメント配当の15%は、The LEGO Groupに分配されます。

詳細は、こちらをご確認ください。

『Rocket Racing』の島を制作するテンプレートプロジェクトや仕掛けが追加

UEFN上でオリジナルの『Rocket Racing』の島を制作できるようになりました。

『Build Your Own Rocket Racing Islands with UEFN』

UEFNには、『Rocket Racing』の島のベースとなる2つのテンプレートプロジェクトが追加されています。専用の車両をスポーンする「Rocket Racing 乗り物スポナー」や、トラックの作成とカスタマイズを行う『「Rocket Racing」トラックの仕掛け』、ゲームモードやラップ数を設定する「レースマネージャーの仕掛け」など、新たな仕掛けも導入されました。

詳細は、こちらをご確認ください。

UEFNがMetaHumanをサポート

UEFNが、フォトリアルな人間の3Dモデルを制作するフレームワーク「MetaHuman」を正式にサポートしました。

MetaHuman Creator

「MetaHuman Creator」は、MetaHumanのプリセットキャラクターをベースにオリジナルの3Dモデルを作成するアプリケーションです。

髪型や目、メイク、歯などの項目を調整し、多様多種な顔とフェイシャルアニメーションを作成できます。

(動画はクリエイターポータルより引用)

作成したMetaHumanキャラクターは、UEFNから起動できる「MetaHuman Importer」経由でインポートし、仕掛け「NPCスポナー」によってNPCとして利用できます

MetaHuman Animator

「MetaHuman Animator」は、iPhoneやヘッドマウントカメラでキャプチャした映像を、MetaHuman用のフェイシャルアニメーションに変換するアプリケーションです。

作成したフェイシャルアニメーションは、MetaHumanキャラクターだけでなくフォートナイトのキャラクターにも適用できます。

『State of Unreal Livestream | GDC 2024』
1:11:20ごろからMetaHumanのデモ「The Talisman」が再生される

Marvelous Designerのライセンスを無料で1年間利用可能

4月下旬にリリース予定のUnreal Engine 5.4では、Marvelous DesignerCLOが統合。統合されたMarvelous Designerで制作した衣装はUEFNのプロジェクトにインポートできます。

UEFNのクリエイターは、Marvelous Designerのライセンスを無料で1年間利用できるようになります。ライセンス登録の申請開始は4月後半に予定されているとのこと。

詳細はこちらをご確認ください。

MetaHumanのデモ「Talisman」に登場するMetaHumanキャラクターには、Marvelous Designerによって作られた動きのある衣装が使われている(画像はクリエイターポータルより引用)

以上のほかにも、5月には『Fall Guys』のアセットやアニメーション、ジェリービーンズがUEFNに追加されることがアナウンスされています。

また、Epic Games『フォートナイト』の開発をUEFNとVerseに移行するといい、2025年末までにUEFNで開発された『フォートナイト』バトルロイヤルの最初のシーズンをリリースする予定としています。

今回行われた発表の詳細は、こちらをご確認ください。

GDC 2024 の State of Unreal の重要ニュースフォートナイト エコシステム GDC 2024Fortnite Creator Roadmap

関連記事

フォートナイトとUEFNがv30.20にアップデート。公開した島のインプレッションを確認できる「分析」タブの追加、「MetaHuman」と「Marvelous Designer」を活用したテンプレートが公開
2024.06.25
クロスシミュレーションツール「Marvelous Designer」が1年間無料で使用可能。Epic Games、UEFNクリエイターに向けてライセンスを期間限定で提供中
2024.06.25
Epic Games、UEとUEFNにおけるオーディオ技術の紹介記事を公開。メタバースのサウンド構築に使える「MetaSounds」、音楽制作ツールセット「Patchwork」なども解説
2024.06.18
フォートナイトとUEFNがv30.10にアップデート。従来のアクターとは異なるオブジェクト構成システム「Scene Graph」が実験的機能として導入
2024.06.14
Epic Gamesが開発中のプログラミング言語「Verse」って知ってる?編集部員が感じる2つの特徴「ロールバック」「非同期処理」などを解説
2024.06.12
ゲームメーカーズが作ったUEFNの説明書を公開!仕掛けを組み合わせたギミックの作成手順などを解説【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.05.29

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!