Unity用ビジュアルノベルツール「宴」、6年ぶりのメジャーアップデートで「宴4」へ

2023.12.12
ニュースUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

多くのUnityゲーム開発者に活用されているビジュアルノベルツール宴が、メジャーアップデートして宴4になりました。

宴4の新機能・変更点(抜粋)

本記事では新機能・変更点について、抜粋してご紹介します。すべての情報は公式のリリースノートをご覧ください。

AssemblyDefinitionFilesへ対応

宴のエディタ部分のプログラムについて整理が行われました。アセットストアのガイドライン変更に伴い、サンプルのソースコードにもnamespaceが使用されるようになったということです。これによりサンプルをより組み込みしやすくなりました。

TextMeshProへの正式対応

日本語、簡体字、繁体字、ハングルに対応したNotoSansフォントを標準で組み込み、TextMeshProを使用したローカライズ対応が実装されました。

UIデザインの一新

新規作成時のテンプレートUIが一新され、TextMeshProに完全対応した16:9画面となりました。プロジェクト作成時に新UI(TextMeshPro版)とレガシー版(レガシーText版)を選択可能です。

16:9のメイン画面

16:9のバックログ

レンダーパイプライン変更への対応

将来的なURP対応のため、イメージエフェクトやフェード処理などのレンダーパイプラインに関わる部分の拡張がしやすくなりました。この機能に関するドキュメントとプラグインは後日公開の予定です。

購入したユーザーの皆さんからは特にUIの刷新が好評のようです。

6年ぶりのメジャーアップデートということで、Unity周りの仕様に宴が対応してきた印象です。今後URPに関連する機能も使用できるようになるということから、演出表現の幅も大きく広がるのではないでしょうか。今後のアップデートにも注目です。

宴の購入(AssetStore)はこちらです。
宴の購入(BOOTH)はこちらです。
宴4の公式のリリースノートはこちらです。

UTAGE4 for Unity Text Adventure Game Engine Version4|Unity Asset Storeヴィジュアルノベルツール「宴」Ver4|BOOTH宴4 公式リリースノート

本記事はIndieGamesJp.devとのメディア提携により掲載しています。

元記事URL:https://indiegamesjp.dev/?p=8730

関連記事

Unity Technologies、初心者から上級者まで幅広くカバーしたアニメーションの電子書籍を無料で公開。Blenderからのインポート、AIナビゲーションなど解説
2024.06.14
Unity 6からURPで正式導入される「RenderGraph」、サイバーエージェント「コアテク」が紹介記事を公開
2024.06.11
「シェーダー最適化入門」、サイバーエージェントのゲーム・エンタメ技術組織が新設ブログで公開
2024.06.10
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
Unity Technologies、データ指向プログラミングをサポートするUnityの新たなアーキテクチャ「DOTS」について解説した電子書籍を無料公開
2024.05.31
「Unity ゲーミングレポート 2024」、日本語版が無料公開。Unityで開発する約500万人のデータをもとに、AI活用など5つのトピックで動向をレポート
2024.05.30

注目記事ランキング

2024.06.08 - 2024.06.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!