インディーゲーム開発者向けカンファレンス『Indie Developers Conference 2023』、タイムテーブルを公開。スポンサーとして任天堂、ハピネットなども参加

2023.12.08
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

12月17日開催のインディーゲーム開発者向けカンファレンス「Indie Developers Conference 2023」のタイムテーブルが公開され、また新規スポンサーとして任天堂、ハピネット、Audiokinetic、OMENが参加することが発表されました。これで本イベントのスポンサーと運営の企業・団体はのべ27にのぼります。

「Indie Developers Conference」は、個人から数人のチーム規模のインディーゲーム開発者を対象としたカンファレンスです。
インディーゲームの開発活動に必要な技術的知見はもちろんのこと、マーケティングやパブリッシング、リリース後の対応に至るまで、開発者が必要とするノウハウをテーマにセッションを実施します。

https://indiedevconf2023.peatix.com/

セッション タイムテーブル

スポンサー一覧

・ダイヤスポンサー
えーでるわいす

・サファイア / ゴールドスポンサー
株式会社CRI・ミドルウェア
株式会社Cygames
集英社ゲームクリエイターズCAMP
株式会社ジー・モード
ID@Xbox (日本マイクロソフト株式会社)
任天堂株式会社
room6
TECOPARK株式会社

・トパーズ / シルバースポンサー
Game Server Services 株式会社
株式会社ハピネット
松竹株式会社

・オパール / ブロンズスポンサー
A.I.VOICE for GAMES (株式会社エーアイ)
Audiokinetic株式会社
合同会社ボーナス・ステージ
クラスメソッド株式会社
iGi indie Game incubator (株式会社マーベラス)
INDIE Live Expo
OMEN (日本HP)
Play,Doujin!(メディアスケープ株式会社)
株式会社ポケットペア
SACRA GAME MUSIC(株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ/株式会社Phoenixx)
特定非営利活動法人 映像産業振興機構
わくわくゲームズ

チケット販売はこちら

Indie Developers Conference 2023

本記事はIndieGamesJp.devとのメディア提携により掲載しています。

元記事URL:https://indiegamesjp.dev/?p=8733

関連記事

UEでローカルLLMを実装するプラグイン、「技術書典16」でUE技術書を販売した挑戦の記録など。技術勉強会「UE Tokyo .dev #3」の講演資料が公開
2024.06.19
Niantic、Web上で3D/XRコンテンツを制作できるビジュアルエディター「Niantic Studio」パブリックベータ版を無料リリース。3Dスキャンアプリ「Scaniverse」も更新
2024.06.19
ロジクールで「最もポータブル」を謳うワイヤレスキーボード。最薄部4.3mm、重さ222gの「Keys-to-Go 2」、6/27(木)に発売
2024.06.18
Epic Games、UEとUEFNにおけるオーディオ技術の紹介記事を公開。メタバースのサウンド構築に使える「MetaSounds」、音楽制作ツールセット「Patchwork」なども解説
2024.06.18
株式会社ホットスタッフ・プロモーション コヤ所長(小山 順一朗)氏による「【公開】ヒット作品のつくり方」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.18
スクワッドスターズ株式会社 岡田 和也氏による「猫でも分かる ゲームエンジンのサンプルを面白くする方法」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.18

注目記事ランキング

2024.06.13 - 2024.06.20
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マージ(Merge)
マージ 何か複数のものをまとめて1つに融合・統合すること。ゲーム開発において、多くの場合、異なる作業者が同一のファイルを編集したのち、ひとつに統合する作業のこと。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!