オープンソースのゲームエンジン『Godot 4.2』アップデート。GDExtensionのホットリロードに対応したほか、AMDのアップスケーリング技術「FSR 2.2」をサポート

2023.12.01
ニュースGodot
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 『Godot 4.2』がリリース
  • GDExtensionのホットリロードに対応
  • AMDのアップスケーリング技術「FSR 2.2」をサポート

Godotは「Godot Engine」の最新バージョン『Godot 4.2』をリリースしました。

Godot Engineは、クロスプラットフォームに対応している2D・3Dゲーム用のゲームエンジンです。オープンソースで開発されているため使用料がかからないのも特徴です。

本記事では、バージョン4.2へのアップデートからいくつかをピックアップして紹介します。

タイルマップエディタにタイルを回転・反転する機能が搭載

タイルマップにタイルを回転・反転して配置できるようになりました。加えて、タイルマップエディタがリファクタリングされ、パフォーマンスが向上しています。

複数のグリッドを使用するタイルにも対応している

スクリプトエディタに「Code Region」機能が導入

GDScriptを編集するスクリプトエディタに、コードの領域を指定する「Code Region」機能が搭載されました。

コードを「#region ○○」(○○は領域名)と「#endregion」タグで囲うことで領域が設定されます。領域はエディタ上で1行に折りたためるようになるため、同じファイル内のコードを領域で分類することで可読性を向上できます。

右クリックメニューからも領域を作成できる

中心以外を原点とするメッシュのスケールに対応

3Dビューポートのギズモに、新たなスケール機能が導入されました。

従来のスケールでは、オブジェクトの中心のみを基点としていました。今回のアップデートにより、オブジェクトをボックスで囲ったときの各面を基点としてスケールできるようになります

新たなスケール機能は、コリジョンやCSG、ボリュームなどに対して使用できます。

3Dビューポートには、デカールやフォグなどが選択しやすくなるインジケーターの追加などの改善も施されています。

GDExtensionをホットリロード可能に

GDExtensionの変更をエディタを起動したまま反映させる、ホットリロードが可能になりました。これにより、変更のたびにエディタを再起動する工程が不要になります。

加えて、WebプラットフォームビルドにおけるDLL(ダイナミックリンクライブラリ)のロードをサポート。それに伴い、WebプラットフォームでGDExtensionが使えるようになりました。

AMDのアップスケーリング技術「FSR 2.2」をサポート

AMDが提供するアップスケーリング技術「FidelityFX™ Super Resolution(FSR) 2.2」を新たにサポートしました。FSRを使用して制作されたデモプロジェクト『Godot 42』が公開されています。

『Godot 42』プレイ動画

レンダリング関連では、Forward+とモバイルレンダラーに2D HDRレンダリングが導入されるなどのアップデートが行われています。

ここまで『Godot 4.2』の機能を紹介してきましたが、次期バージョン『Godot 4.3』も2024年初めのリリースを予定しているとのこと。

詳細は、Godot公式ブログをご確認ください。

Godot公式ブログ『Godot 4.2 arrives in style!』

関連記事

Godot Engineの家庭用ゲーム機対応モジュールの価格プランが公開。1プラットフォーム 800ドル/年(チームごと)から
2023.12.13
Unreal EngineやUnity、Godot Engineなどのアドベントカレンダーも。Qiitaによる2023年版の記事投稿イベントが開催
2023.11.01
Godot Engineの学び方からコントリビューターの心構えまで4講演。『Godot勉強会 #1』のスライド資料が公開
2023.10.27
「Godot Engine」、最新バージョン『Godot 4.2』のベータ版がリリース。CPUパーティクルをGPUパーティクルへ変換する機能が導入
2023.10.24
「第2回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト」の受賞15作品が発表。プラチナ賞は、悪徳商人からオタカラを盗むアイテム収集アクションゲーム『BANDIT KNIGHT』が受賞
2024.03.04
「シリアスゲーム」の成り立ちから開発方法、課題や展望まで事例を交えて解説。コロナ社がシリアスゲーム入門書籍を発売
2024.03.04

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
18
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!