Unityの新料金システム「Unity Runtime Fee」、内容の大幅な変更を発表。Unity Pro/Enterpriseユーザー、かつ2024年以降にリリースされるLTS版で開発したゲームが対象に

2023.09.26
ニュースUnity
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Unity Technologies、料金システム「Unity Runtime Fee」の内容を変更
  • 最大2.5%の収益、または「初回エンゲージメント数」に基づいて自己申告する形式に
  • Unity Pro/Enterpriseユーザー、かつ2024年以降にリリースされるLTS版で開発したゲームが対象

Unity Technologiesは、2023年9月12日に発表した料金システム「Unity Runtime Fee」の内容を変更することを発表しました。それに伴いUnityブログの記事を公開し、FAQページも更新されています。

Unity Runtime Feeは、Unity Plus/Pro/Enterpriseなどの利用料金とは別に発生する料金システム。前回の発表より、対象や条件が大幅に変更されています。

Unity Runtime Feeで発生する料金

最大2.5%の収益、または一意の「初回エンゲージメント数」に基づいて計算される金額のうち、少ない方が請求額になります(いずれも月次ベース)。

収益、初回エンゲージメント数は、Unity Technologies側の計測ではなく、自身の持つデータに基づいて自己申告する形です。

初回エンゲージメントの定義は、「特定のエンドユーザーが、1つの配布プラットフォームにおいて初めて、正常かつ合法的に、Unity Runtimeを使用して稼働しているゲームの取得、ダウンロード、またはゲームへの参加を行った瞬間」と発表されています。

定義の詳細は英語版FAQページに掲載されていますが、日本語版FAQページでも「特定の」「合法的」など、各単語に関する説明が載っています。

初回エンゲージメントの単価は、Unityのプランや、エンドユーザーがエンゲージメントを行った国・地域によって異なります。

オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、日本、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、スイス、韓国、英国、米国は「グループA」に属し、初回エンゲージメント数に応じて段階的に単価が変化します。グループA以外の国または地域は、単価が一定の「グループB」として設定されます。

例えばUnity Pro利用者で、グループA、当月の初回エンゲージメント数が10万の場合は、単価は0.15米ドルと設定されています。Unity Runtime Feeの概要は、以下の通りです。

Unity Runtime Feeの概要(画像は公式サイトより引用)

なお、FAQページによれば、初回エンゲージメント数として使えるデータを持っていない場合は、収益をベースにして申告することが推奨されています。

Unity Runtime Feeの対象プラン、ゲーム

対象プランは、Unity ProまたはEnterprise。2024年以降にリリースされる長期サポート版(LTS)(※)を使用して開発されたゲーム、または開発中にそのLTS版にアップグレードしたゲームが対象です。

※ 記事執筆時点では、「Unity 2023 LTS」と呼ばれているバージョン

そうしたゲームが、過去12か月の総収益が100万米ドル以上かつ、初回エンゲージメント数が100万回以上であること。これら2つの条件を満たした場合のみ、Unity Runtime Feeの対象となります。

Unity Runtime Feeの対象外は、Unity Personal/Plusユーザー、そして記事執筆時点でサポートされているバージョンのUnityで作られたゲームです。現時点では、映画や教育関連のサブスクリプションプランにも適用されないことも発表されています。

Unity Runtime Fee以外の変更点

Unity Personalの利用資格のうち、「年間の収益および調達金額の上限」が10万米ドルから20万米ドルに引き上げ。また、これまで必須だった「Made with Unity」表示が任意に変更されます。これら条件は、2024年にリリースされるLTSバージョン以降が対象です。

加えて、Unity Pro/Enterpriseの価格は引き上げが予定されています。詳細情報は後日発表されるとのこと。

今回の詳細は、Unityブログの記事FAQページをご確認ください。

コミュニティへのご報告各 UNITY プランへの変更点について(FAQ)

関連記事

Unity Technologies、HDRPを解説した無料の電子書籍をUnity 2022 LTS版にアップデート。進化した水面の表現やSpeedTreeを組み合わせたTerrainの使い方を183ページにわたって紹介
2024.04.19
Steamの「実績解除」を手軽に実装。インディーゲーム開発者のザクロスケ氏、Unity用ビジュアルノベル制作ツール「宴」のプラグインを無料公開
2024.04.16
Adobe、「Substance 3D Connector」をオープンソースとして公開。Blender・Maya・3ds MaxやUE5・Unityなどの間でのアセット共有を目指す
2024.04.08
【Unity】よく使うショートカットまとめ
2024.04.04
Unity Technologiesが「GDC 2024」での発表をまとめた記事を公開中。ジェスチャーによるゲームプレイを可能にする「Unity Sentis」などUnity 6で実装予定の機能を紹介したセッションも
2024.03.29
製造工場と物流倉庫のフォトリアルな無料デモ『Unity Factory』『Unity Warehouse』、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンが公開
2024.03.28

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!