『Unity 2022 LTS』用のサンプルとして作られた2D農業シミュレーションゲーム『Happy Harvest』、Unity Asset Storeで無料公開

2023.07.07
ニュースUnityUnityアセットストア
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Unity Technologies、2Dゲームのサンプルプロジェクト『Happy Harvest』を公開
  • 公式ブログの紹介記事では、シャドウやタイルマップなど、2D独自の表現テクニックを説明
  • 各テクニックに対して、より詳細に解説する記事も順次公開中

2023年7月5日(現地時間)、Unity Technologiesは、2Dゲームのサンプルプロジェクト『Happy Harvest』を、Unity Asset Storeにて公開しました。

それに伴い、同作の制作に使われたテクニックを紹介する記事が、公式ブログで掲載されています。

『Happy Harvest』(画像はUnity Asset Storeダウンロードページより引用)

Happy Harvest』は、『Unity 2022 LTS』で開発された2Dゲームのサンプルプロジェクトで、Unity Asset Storeから無料で入手できます。

Unity 2022 LTS』におけるシャドウ、タイルマップ、スプライトのボーンアニメーションなどの機能が活用されています。また、レンダリングパイプラインはUniversal Render PipelineURP)を使用しています。

ゲーム内容は、トップダウン形式の農業シミュレーション(画像はダウンロードページより引用)

タイルマップ機能

『Happy Harvest』の地面に使用されている「Tilemap」機能は、小さなスプライトをタイルとし、グリッド状に並べることで地形を作成します。

地形の変更に柔軟に対応できるだけでなく、レベル全体を1枚の大きなテクスチャとして扱う必要がないため、負荷の軽減にも寄与します。

Tilemap機能には、絵を描くようにタイルを配置できるブラシツールや、隣接するタイルの形状に応じて自動でスプライトの種類を切り替える「Rule Tile」、自動コリジョン生成機能などが搭載されています。

また、Tilemapには専用のレンダラーが用意されているため、効率的なレンダリングが可能です。

「Rule Tile」を設定すれば、異なるタイル同士を違和感なく接続できる(画像はUnity公式ブログより引用)

キャラクターのボーンアニメーション

解説記事では、キャラクターの制作手法についても紹介しています。

キャラクターは元々各パーツごとにレイヤー分けされたPSDファイルであり、レイヤーを保ったままUnityにインポートされています。

レイヤー分けされたキャラクターのパーツ(画像は公式ドキュメントより引用)

インポートされたキャラクターのスプライトは、Unity上でリギングし、アニメーションを作成しているとのこと。

また、「Sprite Library」を使用してキャラクターのバリエーションを管理しているほか、「Sprite Swap」によってスプライトを切り替えています。

身体だけでなく、フェイシャルリグも作成している(画像はUnity公式ブログより引用)

2Dならではのライティング

記事では、2D独自のライト・シャドウ表現についても解説されています。

『Happy Harvest』のキャラクターやオブジェクトには、ノーマルマップのほか、リムライト専用のマスクマップが使用されています。これにより、オブジェクトの形状が判断しやすくなります。

画像右下の赤く表示されているのが、リムライト用のマスクマップ(画像はUnity公式ブログより引用)

そのほか、昼夜のサイクルに応じてディレクショナルライトの角度が変わるシステムも実装されています。

なお、木や家など、太陽光による影が不自然になってしまうオブジェクトには専用の影を付けているとのこと。

太陽光に使用しているディレクショナルライトを制御するスクリプト(画像はUnity公式ブログより引用)

また、『Happy Harvest』のより詳細な解説記事として、「タイルマップの使い方」「2Dキャラクターのアニメーションの作り方」「URPでのライティング」についての記事が公開されています。近日、「VFXとシェーダー」についての記事も公開予定とのことです。

詳しくは、Unity公式ブログおよびUnity Asset Storeのダウンロードページをご確認ください。

『Happy Harvest demo: See the latest 2D techniques』Unity公式ブログ『Happy Harvest』ダウンロードページ

関連記事

Unity公式イベント「U/Day Tokyo 2024」現地レポート!Unity 6以降のロードマップやHTML/CSSライクにUIを作れる新機能など全9セッション情報から気になる情報をお届け
2024.07.11
ゲーム開発者必見のカンファレンス10選【GDC・CEDEC・Unreal Fest・U/Dayなど】
2024.07.11
サイバーエージェント主催のUnity勉強会「CA.unity #8」から、6セッションのスライド&動画が公開。『学マス』のライティングやソースコード自動生成機能などを解説
2024.07.05
『呪術廻戦 ファンパレ』シナリオパート制作に迫る開発者インタビュー。Live2Dキャラクターの実在感を高める3Dライティングと作品愛あふれるワークフロー【CAGC2024】
2024.07.03
『桃鉄ワールド』にUnityを導入した理由や役立った機能は?ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、シニアプロデューサーの岡村 憲明氏にインタビューした記事を公開
2024.06.27
『呪術廻戦 ファントムパレード』の「夢幻廻楼」背景演出について、サムザップが技術ブログで解説。無限に続く塔、天候の変化を表現する方法とは
2024.06.26

注目記事ランキング

2024.07.10 - 2024.07.17
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ラグドール(Rag Doll)
ラグドール ぬいぐるみを意味する英語。 ゲームにおける、キャラクターの全身が脱力したかのような挙動を行う物理シミュレーション。ラグドール物理。 例えば、上空からの落下やキャラクターが死亡した際に用いられる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!