「Kensington Slimblade Pro(R)ワイヤレストラックボール グレー」発売開始。トラックボールの定番機に待望のカラーバリエーションが登場

2023.06.23
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 名機SlimBladeのワイヤレス対応版「Slimblade Pro(R)」にカラーバリエーションが登場
  • 有線接続、無線接続(2.4GHzレシーバー接続)、Bluetooth接続に対応。ソフトウェアを用いたキーアサインも可能
  • Amazon限定発売で、価格は17,500円(税込)

2023年6月20日(火)、アコ・ブランズ・ジャパン株式会社は「Kensington Slimblade Pro(R)ワイヤレストラックボール グレー」を発売しました。本製品は2022年12月27日に発売されたSlimblade Pro Wirelessトラックボールのカラーバリエーション版で、Amazon限定での販売となります。価格は17,500円(税込)。

従来製品と仕様は同一で、有線接続、無線接続(2.4GHzレシーバー接続)、Bluetooth接続の3通りの方法でデバイスへ接続でき、内蔵リチウムイオンバッテリーは有線接続の際、自動的に充電を行う形式。本体は4ボタン設計で、無料で使用できるソフトウェア「KensingtonWorks」を用いた自由度の高いキーアサインも可能です。

Slimblade Pro Wirelessトラックボールの前身モデルとなるのが、2009年に発売されたSlimBlade トラックボール(USB2.0接続、2ボタン式)。この当時から直径55mmの大玉サイズの真っ赤なボールが象徴的な製品でしたが、カラーバリエーションの追加は今回が初めて。なお、ボールのみの別売はありません。

KensingtonWorksの画面。4ボタンそれぞれに機能をアサインできるだけでなく、同時押し部分にも割り当てが可能。画像は10年近くSlimBladeシリーズを愛用する筆者のセッティング。また、今回は撮影用にバインド(左上)を解除しているが、普段はGoogle Driveに設定をバックアップしている

対応OSではWindows 7 以降、macOS 10.14以降。無線接続(2.4GHzレシーバー接続)、Bluetooth接続が可能なため、どちらかにトラブルが発生した際も即時に繋ぎ替えができるのもポイントです。製品の詳細はプレスリリースおよびKensington Webサイトをご確認ください。

アコ・ブランズ・ジャパン株式会社 - プレスリリースKensington 公式サイト

以下、プレスリリースからの引用です。


業界最大規模の事務機器メーカーとして最先端のオフィス製品を提供するアコ・ブランズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都中野区、代表取締役:新田敏明) のKensingtonブランドより、有線接続、無線接続(2.4GHzレシーバー接続)、Bluetooth接続の3種類でデバイスへの接続を可能にしたSlimblade Pro(R)ワイヤレストラックボール グレーを6月20日(火)に発売します。Amazon限定で販売し、価格は税込17,500円です。Amazonの以下URLにて販売します。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0C5QP55YX

Kensingtonトラックボールで年間販売金額No.1のK72327JP Slimbladeトラックボールの緻密なコントロールを可能にする直径55mmの大玉サイズおよび4ボタン設計、水平スクロール機能をそのままに、接続方式および充電機能を進化させたモデルを開発しました。新発売のK72085JP Slimblade Pro(R)ワイヤレストラックボール グレーは2023年1月に発売したK72081JP Slimblade Pro(R)ワイヤレストラックボールのカラーバリエーションで、光沢のあるブラックの筐体にグレーのボールを配色、全体的に色味を抑えてよりシンプルでスタイリッシュなデスクトップに馴染むデザインに仕上げました。
有線接続、無線接続(2.4GHzレシーバー接続)、Bluetooth接続の3種類の接続を可能にしたモデルで、充電可能なリチウムイオンバッテリー搭載し有線接続時に充電できます。また、無料ソフトウェアのKensingtonWorksをダウンロードして使用することでユーザーに合わせたボタン等のカスタマイズが可能です。スクロールスピードやポインタースピード、ボタンの機能割当などの他に、メディアオプションにより再生や一時停止、音量コントロールのカスタマイズが行える他、会議アプリケーションを割り当てることで会議の終了、コールを受けるなど使用頻度の高い機能をワンクリックの動作で行うカスタマイズができユーザーの生産性を最大限に高めます。

【製品特徴】

選べる3つの接続タイプ
有線接続、無線接続(2.4GHzレシーバー接続)、Bluetooth接続の3つの接続タイプでユーザーに最も合った接続で使用可能です。

充電可能な付属バッテリー
付属のワイヤーでUSB-C接続するだけでバッテリーの充電可能。およそ4カ月分充電できます。(通常使用の場合)

水平方向のツイストのボールの動きにより緻密な操作を実現
ボールを水平にひねるツイストの動きをすることでウェブサイトやワードドキュメントを簡単にスクロールすることができます。

右利きにも左利きにも使える左右対称デザイン
高さを抑えた設計で、右利きにも左利きにも使える左右対称のデザイン。長時間の作業も手や腕への負担を軽減しながら使用できます。

光学トラッキングテクノロジーによる操作
デュアルセンサーを備えているので緻密で正確なカーソルによるトラッキングやスクローリングを可能にします。

Plug &Playですぐ使用可能、KensingtonWorksで柔軟なボタンのカスタマイズ可能
無料ソフトウェアのKensingtonWorksにより、ボタンの機能割当ができます。ユーザーにとって最適なカスタマイズにして作業の生産性を最大限に高めます。

WindowsおよびmacOS対応
Windows7 以降、macOS 10.14以降に対応。

【製品仕様】

製品名:Slimblade Pro(R)トラックボール グレー
型番: K72085JP
JAN: 4995364273275

システム要件
対応OS:Windows 7以降、macOS 10.14以降
Plug & Play:基本操作はPlug&Playで使用開始可能
ソフトウェア:KensingtonWorksTM(ボタンの機能割当)
ダウンロード用URL:https://www.kensington.com/ja-jp/software/kensingtonworks/
デバイス側の接続要件:Bluetooth LE (Bluetooth 4.0/5.0 *Bluetooth 3.0には非対応)

USB接続インターフェース
USBコネクタータイプ:USB 2.0コネクター(トラックボール側はUSB-C接続)
ホストデバイス側:USB 2.0/3.0 Type A (USB-A to Cアダプター付属)
ワイヤレス接続
トリプル接続可能:Bluetooth LE、2.4GHzワイヤレスナノレシーバー接続、有線接続
USB接続
接続ポート:USB 2.0/3.0ポート
ホスト接続コネクター:2.4GHzレシーバー、有線またはBluetooth LE (Bluetooth 4.0/5.0)

その他機能
DPIオプション:4段階(400/800/1200/1600DPI)

製品サイズ
サイズ:133 mm x 153 mm x 56 mm
重量:285g
製品色:ブラック

パッケージサイズ
サイズ:148 mm x 195 mm x 65 mm
重量:475g
パッケージ内容:
Slimblade Pro(R)トラックボール本体
USB-C to USB-A充電ケーブル
USB-A to USB-Cアダプター
取扱説明書
コンプライアンスシート
保証書
案内インサート

マスターカートンサイズ
サイズ:285 mm x 220 mm x 185 mm
重量:2,890g
ケース入り数:4

原産国、認証および保証
原産国:中国
保証:3年保証

製品等のお問い合わせは以下へ
E-mail: JP.Kensington@acco.com
TEL  : 04-7129-2135

【会社概要】
商号  :アコ・ブランズ・ジャパン株式会社
代表者 :代表取締役 新田 敏明
所在地 :東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー14F
設立  :昭和36年5月16日
事業内容:製本機、ラミネーター、シュレッダなどの事務機器とその周辺のサプライ用品、PC周辺機器の製造、販売

アコ・ブランズ・ジャパン株式会社 プレスリリース

関連記事

インディーゲーム情報番組「INDIE Live Expo 2024.5.25」、番組内容発表!『ピギーワン SUPER SPARK』『少年期の終り』などが注目タイトルに
2024.04.19
Unity Technologies、HDRPを解説した無料の電子書籍をUnity 2022 LTS版にアップデート。進化した水面の表現やSpeedTreeを組み合わせたTerrainの使い方を183ページにわたって紹介
2024.04.19
オーディオミドルウェア「Wwise」のサウンドをUnreal Engineで再生。「書かれた通りに設定すれば必ず動作する」ガイド、Audiokineticが公開
2024.04.18
【2024年5月25日(土) 東京開催】ゲームづくりで盛り上がろう!「ゲームメーカーズ スクランブル2024」 イベント情報(随時更新)
2024.04.18
“弾が大きくて遅い”対戦TPS『FOAMSTARS』、戦闘システムが生まれた経緯をトイロジックが解説。重視したポイントは「いかに上手くエイムできるか」ではない
2024.04.18
インディーゲーム開発者向け支援プログラム「iGi」、第4期がスタート。選出された6チームやiGi特別賞が発表される
2024.04.17

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
18
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!