Apple、「visionOS SDK」と「Xcode 15 beta 2」を提供開始。Apple Vision Proに向けたアプリケーション開発のテスト環境が整う

2023.06.23
ニュースVR・AR・MR
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 「visionOS SDK」および「Xcode 15 beta 2」の提供開始
  • Apple Vision Proは、WWDC23で発表されたHMD型の空間コンピュータ。M2チップと新開発のR1チップを搭載し、2024年後半から販売開始予定。価格は3,499ドル
  • 3Dコンテンツをプレビューする新ツール「Reality Composer Pro」やVision Pro上でのインタラクションなどをシミュレーションする「visionOSシミュレータ」が登場

2023年6月21日、AppleはApple Vision Proに搭載されているvisionOSのソフトウェア開発キット「visionOS SDK」および統合開発環境Xcodeの最新Beta版「Xcode 15 beta 2」の提供を開始しました。

関連記事
Apple、空間コンピュータ「Apple Vision Pro」を発表。計2,300万画素のマイクロOLEDディスプレイ、「M2」チップと新開発の「R1」チップを搭載
2023.06.06
関連記事
Apple、空間コンピュータ「Apple Vision Pro」用のOS「visionOS」を発表。アプリはUnityで開発可能
2023.06.06

visionOSは、SwiftUI、UIKit、RealityKit、ARKitなどのAppleプラットフォームで見られるフレームワークの多くを提供しており、iPadOSやiOSアプリの開発者は既存のプロジェクトにvisionOSデスティネーションを追加することですぐに開発を始めることが可能とのこと。

Xcode 15 beta 2には、このvisionOS SDKに加えて3Dコンテンツプレビューツール「Reality Composer Pro」や、Vision Pro上のアプリとインタラクションをプレビューするシミュレーションツール「visionOSシミュレータ」のほか、visionOS上のアプリとゲームのプロファイリングツール「RealityKit Trace」のテンプレートが含まれています。

Reality Composer Pro

(画像はWWDC23「Meet Reality Composer Pro」から引用)

Reality Composer Proは、visionOSアプリやゲーム用3Dコンテンツのプレビューを目的としたツールです。WWDC23でもReality Composer Proの紹介が行われていました。Reality Composer Proを使用し、素早く3Dコンテンツのチェック、シミュレータでの確認を行うことで、フィードバックのサイクルを短くすることが可能です。

visionOSシミュレータ

visionOSシミュレータは、Vision Pro上のアプリとインタラクションがプレビュー可能なシミュレータです。マウスを使ったアプリ内の視線の動きや、タップジェスチャのシミュレーションを行えます。

シミュレーションシーンとして複数の背景や照明シナリオが用意されており、アプリがどのように動作するかをさまざまな環境で確認可能です。また、既存のiPadやiPhoneアプリのシミュレーションを行うことも可能になります。

RealityKit Trace

(画像はWWDC23「Meet RealityKit Trace」から引用)

RealityKit Traceは、visionOSアプリのパフォーマンスを向上させるため、プロファイリングし問題を発見するツールです。Xcode 15 beta 2では新しいRealityKit Traceテンプレートである「RealityKit Frames instrument」「RealityKit Metrics」が追加されました。

なお、WWDC23でも言及のあったUnity開発環境については、既にベータプログラムの募集が始まっています。visionOS SDKの詳細は、Apple Developer News「visionOS SDKが利用可能に」と「Spotlight on: Developer tools for visionOS」を、Xcode 15 beta 2の詳細はリリースノートをご確認ください。

visionOS SDKが利用可能に - Apple DeveloperXcode 15 beta 2 リリースノート

関連記事

Unityのプロジェクトをインポートできるプラグインも無料公開。3DゲームやVRアプリの開発に向いた「UNIGINE Engine」、バージョン「2.18.1」がリリース
2024.04.25
「Meta Quest」のOS、サードパーティのハードウェアメーカーに開放。ASUSやレノボはデバイスを開発中
2024.04.23
XRプラットフォーム・アプリ間の標準化を目指す「OpenXR」、バージョン「1.1」が公開
2024.04.16
VRで感覚を生じさせる仕組み「神経刺激インタフェース」について解説した書籍、コロナ社から発売
2024.03.25
「Meta Quest 2/Pro」を寝転がった状態で使いやすくなる新機能、ソフトウェア・バージョン「v63」で試験導入。新たな決済方法「Quest Cash」も
2024.03.07
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、Apple Vision Pro向けOS「visionOS」サポート開始を発表。有料プランユーザーがUnity 2022 LTS以降のバージョンで利用可能に
2024.02.02

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!