『Adobe Firefly』のジェネレーティブAIも無料で使用可能な『Adobe Express』の最新ベータ版が登場

2023.06.14
ニュースツール紹介
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 『Adobe Express』の最新バージョン(ベータ版)が登場
  • 『Adobe Firefly』のジェネレーティブAIや『Adobe Stock』のロイヤリティーフリー画像・動画・音楽・フォントも無料で使用可能
  • 最新ベータ版を使うには『Adobe Creative Cloud』のデスクトップアプリケーションなどからアクセス

『Adobe Express』の最新バージョン(ベータ版)が登場(※)しました。『Adobe Express』は無料~月額1,078円で使えるオンラインデザインツールで、テンプレートを使用してInstagramコンテンツ・チラシ・TikTok動画・ロゴ・ポスター・チラシ・バナー・名刺などを直感的な操作で作成できます。

※ リンク先は現在、デスクトップ版のみ動作します。また、Adobeのアカウントのログインが必要です

今回リリースされたベータ版で『Adobe Firefly』のジェネレーティブAIを使用できるようになりました。

関連記事
Adobe、画像やテキストエフェクトを生成するAI『Adobe Firefly』を発表。パブリックドメインコンテンツなどを学習データに利用
2023.03.22

メディアパネル内にある「テキストで画像生成」では、テキストを入力するとAIがそれに応じた画像を生成します。正方形(1:1)・横(4.3)・縦(3:4)・ワイドスクリーン(16:9)から画像サイズを選択できるほか、コンテンツのタイプも指定が可能です。

テキストパネル内の「テキストを追加」>「テキスト効果」からは入力されたテクスチャや素材を使ったをテキストをAIが生成(※)します。

※ 記事執筆時点では英語のみ対応

「テキストで画像生成」の画面。写真かグラフィックかだけでなく、画像のテイストも選択可能

「テキスト効果」の画面。フォントそのものも12種類のうちから選べる

また、動画、複数ページのテンプレートやデザイン素材も追加されました。

動画およびデザイン対応のテンプレート、ロイヤリティーフリーの『Adobe Stock』画像、動画とオーディオアセット、アイコンや背景、22,000種類におよぶフォントなど約2億のアセットが利用できる、とAdobeは述べています。

Adobe Express (beta), The Fast, Easy and Fun, All-In-One App

『Adobe Express』の最新ベータ版を使うには、こちらのリンクからアクセスが可能です。

詳しくは、Adobe Express 公式ブログまたはTwitterのAdobe Express の日本公式アカウントをご確認ください。

Adobe Express (Beta)『素早く手軽に楽しく使えるオールインワンの編集アプリ「Adobe Express」がさらに充実してバージョンアップ』Adobe Express 公式ブログAdobe Express 日本公式アカウント

関連記事

ゲッティイメージズ、画像生成AIサービス『生成AI by Getty Images』を発表。同社保有のコンテンツのみが学習に使用され、安全に商用利用が可能
2023.09.27
フォートナイトとUEFNがv26.20にアップデート。マッチメイク時にパーティを同じチームに割り当てるオプションが追加される
2023.09.27
Unityの新料金システム「Unity Runtime Fee」、内容の大幅な変更を発表。Unity Pro/Enterpriseユーザー、かつ2024年以降にリリースされるLTS版で開発したゲームが対象に
2023.09.26
CGWORLD JAM vol.05にゲームメーカーズが登壇します!『ゼロから始める「UEFN」。自作モデルを使った”超簡単”な3Dアクションゲームの作り方を実演!』
2023.09.25
インディーゲームイベント『TOKYO INDIE GAMES SUMMIT 2024』、出展者の募集を開始。出展料無料、12/4(月)まで募集を受付
2023.09.25
PCゲーム『Scars Above』のオーディオ最適化方法紹介記事をAudiokineticが公開。エラー特定方法から最適化まで開発者が解説
2023.09.22

注目記事ランキング

2023.09.21 - 2023.09.28
1
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
2
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
3
CGWORLD JAM vol.05にゲームメーカーズが登壇します!『ゼロから始める「UEFN」。自作モデルを使った”超簡単”な3Dアクションゲームの作り方を実演!』
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
8
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
11
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
12
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
15
【UEFN書籍発売記念!2大キャンペーン】UEFNで島を作ろう!動画投稿キャンペーンを開催。『フォートナイト 2800V-Bucks』が15名に当たるプレゼント企画も
16
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
17
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
18
フォートナイトとUEFNがv26.10にアップデート。「ジップライン」が仕掛けとして追加されたほか、Verseからマテリアルの差し替えが可能になった
19
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
20
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
24
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
25
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
26
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
27
【STEP4-3】仕掛けを使って「坂を転がるボールのギミック」を組み込む
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
UEFNで「栄誉の仕掛け」が実装。制作者が設定した条件を達成したプレイヤーに対し、XPを付与できる
30
【STEP6-3】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――キーボーとムラスケのメッシュをインポート
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ブループリント(Blueprint)
ブループリント
  1. 設計図。
  2. アンリアルエンジンにおいて、標準搭載されているビジュアルスクリプト言語。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!