Adobe Photoshop、不要な部分を取り除く「削除ツール」などアップデート。Beta版の「ジェネレーティブ塗りつぶし」では画像の生成・拡張も

2023.05.24
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Adobe Photoshopがバージョン24.5にアップデート
  • 画像の不要な部分を自然に取り除く「削除ツール」など機能強化
  • Beta版の「ジェネレーティブ塗りつぶし」機能では生成AIの活用により、オブジェクトや背景の生成、画像の拡張などができる

Adobe Photoshopデスクトップ版バージョン24.5にアップデートされました。いくつかの機能強化が行われたほか、Beta版アプリケーションに生成AIを活用した「ジェネレーティブ塗りつぶし」機能が追加になっています。

削除ツール

画像の中の不要な部分を自然かつ簡単に取り除く「削除ツール」が追加されました。オブジェクトにブラシをかけると、対象のオブジェクトを削除し、画像全体の整合性を保持しながら自動的に背景を塗りつぶします。

背景を補正しながら人物を削除(画像は公式サイトより引用)

色調補正

色調補正」は、ピクセル値を変えずに画像のカラーや色調を補正する機能です。アップデートで色調補正のプリセットにポートレート、風景、写真の修復、クリエイティブ、白黒、映画的が追加されました。

新たに6つのプリセットが追加(画像は公式サイトより引用)

グラデーションツール

グラデーションツール」は、複数のカラー間で段階的なブレンドを作成する機能です。新しいカンバス上のコントロールとリアルタイムで結果を確認できる「ライブプレビュー」が導入されたことで、作業をより高速化させることができます。

グラデーションウィジェットでグラデーションを調整し、リアルタイムで確認できる(画像は公式サイトより引用)

コンテキストタスクバー

実行した作業に最も関連性の高い次の作業をサジェストする「コンテキストタスクバー」が追加されました。例えば、オブジェクトが選択されると、コンテキストタスクバーに選択とマスク、ぼかし、反転、調整レイヤーを作成、選択範囲を塗りつぶすなどの関連性の高いオプションが表示されます。

次のステップを予測して表示する(画像は公式サイトより引用)

ジェネレーティブ塗りつぶし

ジェネレーティブ塗りつぶし」は、Adobe PhotoshopのBeta版でのみ使用できる、生成AIを活用した機能です。同機能では、以下の操作が可能です。

オブジェクトを生成:選択された領域内で、テキストプロンプトで指定されたオブジェクトを生成。

背景を生成:被写体の背景を選択後、テキストプロンプトから新しいシーンを生成。

画像を拡張:画像のカンバスを拡張し、空白の領域を選択します。プロンプトを使用しないで生成すると、シーンがその雰囲気に合わせて拡張される。プロンプトで生成すると、シーンの残りの部分を拡張しながら、コンテンツが画像に追加される。

オブジェクトを削除:削除するオブジェクトを選択し、プロンプトを使用せずに実行すると、オブジェクトを削除する。

テキストプロンプトからオブジェクトを生成(画像は公式サイトより引用)

テキストプロンプトから背景を生成(画像は公式サイトより引用)

画像の雰囲気にあわせた拡張(画像は公式サイトより引用)

ジェネレーティブ塗りつぶし」は今後数か月かけて強化され、年末までに Photoshop のほとんどのユーザーに提供する計画とのことです。なお、Adobe PhotoshopのBeta版の導入方法についてはこちらをご確認ください。

Adobe Photoshopバージョン24.5アップデートの詳細はこちらをご覧ください。

Photoshopがバージョン 24.5にアップデート。機能強化に加えBeta版にジェネレーティブAIを活用した新機能が追加ジェネレーティブ塗りつぶしで Photoshop の未来を体験

関連記事

インディーゲーム情報番組「INDIE Live Expo 2024.5.25」、番組内容発表!『ピギーワン SUPER SPARK』『少年期の終り』などが注目タイトルに
2024.04.19
Unity Technologies、HDRPを解説した無料の電子書籍をUnity 2022 LTS版にアップデート。進化した水面の表現やSpeedTreeを組み合わせたTerrainの使い方を183ページにわたって紹介
2024.04.19
オーディオミドルウェア「Wwise」のサウンドをUnreal Engineで再生。「書かれた通りに設定すれば必ず動作する」ガイド、Audiokineticが公開
2024.04.18
【2024年5月25日(土) 東京開催】ゲームづくりで盛り上がろう!「ゲームメーカーズ スクランブル2024」 イベント情報(随時更新)
2024.04.18
“弾が大きくて遅い”対戦TPS『FOAMSTARS』、戦闘システムが生まれた経緯をトイロジックが解説。重視したポイントは「いかに上手くエイムできるか」ではない
2024.04.18
インディーゲーム開発者向け支援プログラム「iGi」、第4期がスタート。選出された6チームやiGi特別賞が発表される
2024.04.17

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!