あの相棒が、もっと話のわかる人間に。SQUARE ENIX AI部、4/24に『ポートピア連続殺人事件』を題材にして自然言語処理を体験できるテックプレビューを無料配信

2023.04.22
ニュースAI
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • SQUARE ENIX AI部が自然言語処理のテックプレビューを公開
  • 1983年にリリースされたPCゲーム『ポートピア連続殺人事件』を題材に自然言語処理技術を体験できる
  • 2024年04月24日にSteamで無料公開を予定

SQUARE ENIX AI部が自然言語処理を用いたテックプレビュー『SQUARE ENIX AI Tech Preview: THE PORTOPIA SERIAL MURDER CASE』を2023年4月24日からSteamで無料配信します。

本テックプレビューの題材となっている『ポートピア連続殺人事件』は1983年にリリースされたアドベンチャーゲームです。このゲームでは、キーボードからキャラクターの行動を自由に入力する「コマンド入力式」というシステムが採用されていました。しかし、当時の自然言語に対するアルゴリズムの限界から、すべきことはわかっていても入力する「コマンド」がわからない、ということが起こっていました。

今回リリースされるテックプレビュー版では、自然言語処理(※)を用いてこの問題を解決。数限られたコマンドに縛られることなく、自然な日本語入力での対応が可能になっています。

※ 人間の話し言葉や書き言葉をコンピュータが理解し扱う技術。Natural Language Processing(NLP)

プレイヤーが入力した言葉を理解し、受け答えをしている(画像は公式サイトより引用)

本テックプレビューでは、NLU(※1)によりプレイヤーが入力した言葉を理解し、NLG(※2)により文章を生成することを可能にしています。ただし、雑談会話機能に関しては、NLGによってAIが非論理的な発言を生成する可能性があるため、テックプレビューでは機能が削除されています。雑談会話機能の提供は今後の研究次第、とのこと。

※1 Natural Language Understanding。自然言語理解。コンピュータが人の話し言葉や書き言葉を正しく理解するための技術。
※2 Natural Language Generation。自然言語生成。人の書いたものと遜色ない文章を生成する技術。

NLUによりプレイヤーの曖昧な指示でも会話が成立している(画像は公式サイトより引用)

音声認識の機能も実装されており、プレイヤーの声で文字の入力ができます。ただし、十分な体験を得るためには、CUDA対応のGPUと多くのVRAMが必要です。

このほか詳細については、SQUARE ENIX AI Tech Preview: THE PORTOPIA SERIAL MURDER CASE』公式サイト や、SQUARE ENIX AI – DIVISION の記事をご確認ください。

『SQUARE ENIX AI Tech Preview: THE PORTOPIA SERIAL MURDER CASE』公式サイト『SQUARE ENIX AI Tech Preview: THE PORTOPIA SERIAL MURDER CASE』STEAM

関連記事

実写映像を3Dアニメーション化するAIツール「Wonder Studio」にUEエクスポート機能追加。カメラやキャラクターアニメーションなどの要素に分解も可能
2024.02.16
NVIDIA、ローカル環境で動くAIチャットボット『NVIDIA Chat With RTX』を無料で公開
2024.02.14
3Dスキャンアプリ『Luma AI』生成データをUE5にインポートするプラグイン『Luma Unreal Engine Plugin』v0.41がリリース。機械学習モデルを利用し生成した3DオブジェクトをUE5で表示できる
2024.01.17
NVIDIAが「NVIDIA ACE」の最新デモを発表。低遅延でRiva ASRとA2Fを使ったNPCとの自然な会話が実現
2024.01.11
Steam、生成AIを使ったゲームの大半がリリース可能に。ただし、「必要に応じて今回の決定を再検討する予定」とも公表
2024.01.11
「GitHub Copilot Chat」、組織・個人向け一般提供を開始。コードの疑問やチェックを、Visual Studioなどの開発環境内にてチャット形式でAIに質問できる
2024.01.10

注目記事ランキング

2024.02.19 - 2024.02.26
1
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
9
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
15
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
16
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
17
フォートナイトとUEFNがv28.20にアップデート。「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などを実現する「入力トリガーの仕掛け」が登場
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
23
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ワイヤーフレーム(Wire Frame)
ワイヤーフレーム
  1. 3Dモデルのエッジ情報のみを表示するレンダリング手法。ゲーム開発においては、3Dモデルやシーンのポリゴン構造を確認することに用いることが多い。
  2. UIやWebページなどのレイアウトを決めるための設計図。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!