インディーゲーム紹介番組『INDIE Live Expo 2023』の番組内容を発表。タイトル初出し情報やゲームの生まれた文化や背景を知れるコーナーも

2023.04.21
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • インディーゲーム紹介番組『INDIE Live Expo 2023』のイベント詳細が発表
  • ゲームタイトルの初出し情報「INDIE Live Premiere」や文化や背景とともにスタジオを紹介する「世界のインディースタジオ」など放送
  • 応援放送を行う個人・企業を募集中

INDIE Live Expo実行委員会は2023年5月20日・21日に放送されるインディーゲーム紹介番組『INDIE Live Expo 2023』の内容を公開しました。

INDIE Live Expo』は「ゲームへの貢献」をテーマに世界中に最新のインディーゲーム情報を発信する、日本最大級のインディーゲーム紹介番組です。今回も、日本語・中国語・英語の3か国語で同時配信されます。

本放送日となる5月20日には、まだ配信されていない新しいゲームとの出会いをテーマに、200本を超えるゲームタイトルを紹介

INDIE Live Expo実行委員会が特別に選出したゲームタイトルの初出し情報を紹介する「INDIE Live Premiere」、ゲームプレイから一歩踏み込み、ゲームが生み出された文化や背景にも想いをはせながらスタジオを紹介する「世界のインディースタジオ」なども放送します。

また、5月21日には、アフターショーとして旬なインディーゲームを実況者とともに紹介

ゲーム実況コーナー、バラエティーコーナーのほか『INDIE Live Expo』と連動したセールも実施予定とのこと。

INDIE Live Expo実行委員会では、インターネット上で『INDIE Live Expo』をミラー配信・同時視聴配信する応援放送を行いたい個人・企業を募集しています。応援放送に言語・プラットフォームの制限はありません。『INDIE Live Expo』に対する誹謗中傷、インディゲームユーザーにとって不利益な情報を配信しない限り、誰でも無制限かつ自由にミラー配信・同時視聴配信を行えます。また、応援放送に協力した個人・企業は、INDIE Live Expoのホームページおよび番組内で紹介される可能性があります。

応援放送を希望する場合は、応援放送応募フォームから申し込みが必要です。

詳しくはプレスリリースをご確認ください。

『INDIE Live Expo』公式サイト『INDIE Live Expo 2023』応援放送応募フォームプレスリリース

以下、プレスリリースからの引用です。


INDIE Live Expo実行委員会より、2023年5月20日、21日の2日間にわたって世界にインディーゲームを紹介する番組「INDIE Live Expo 2023」の内容が決定したことをお知らせいたします。

本イベントは「ゲームへの貢献」をテーマに、インディーゲームを多くのユーザーに知ってもらうために実施されるインディーゲーム紹介番組です。日本語・中国語・英語の放送を、各言語向けの異なるプラットフォームで同時配信し、世界のプレイヤーに向けてインディーゲーム情報を発信するものとなります。

「INDIE Live Expo」は、日本語・中国語・英語で同時に放送を行い、インディゲームの最新情報を世界に紹介する情報番組です。これまでに1,800タイトル以上のゲームを紹介し、7,300万以上視聴されています。

公式サイトURL:https://indie.live-expo.games/

◆「INDIE Live Expo 2023」本放送(5月20日放送)番組内容
「INDIE Live Expo 2023」本放送では、まだ配信されていない新しいゲームとの出会いをテーマに、200本を超えるゲームタイトルを紹介していきます。

・INDIE Waves
プラットフォームを問わず、世界中のインディゲームを映像とともに紹介します。

・パブリッシャーセレクション
パブリッシャーが選ぶ、粒よりのゲームを紹介します。

・タイトルピックアップ
INDIE Live Expo実行委員会から今注目すべきインディーゲームの情報を紹介します。

・世界のインディースタジオ
各国・地方の風土や歴史を背景としたインディーゲームを、そのゲームが生まれた土地のスタジオとともに紹介します。ゲームプレイから一歩踏み込み、ゲームが生み出された文化や背景にも想いをはせる楽しみ方を提示します。

・INDIE Live Premiere
INDIE Live Expo実行委員会が特別に選出したゲームタイトルの初出し情報を紹介します。

◆アフターショー(5月21日放送) 番組内容
「アフターショー」では、今遊びたいゲームをテーマとして旬なインディーゲームを実況者とともに紹介していきます。

・ゲーム実況コーナー
人気実況者やインフルエンサーとともに、注目のインディーゲームを遊び、紹介していきます。

・バラエティーコーナー
クイズなど、インディーゲームに関する企画をお楽しみいただけます。

上記のコーナー以外にも、INDIE Live Expoと連動したセールなども予定しております。続報をお待ちください。

<応援放送募集中!>
言語やプラットフォームを問わず、本放送をインターネット上で応援放送(ミラー配信/同時視聴配信)したいという個人・企業を募集しています。本取組に協力をいただいた個人・企業は、番組ホームページおよび番組内でご紹介させていただくことがあります。

応援放送はどなたでも大歓迎です。興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

◆応援放送応募フォーム:https://indie.live-expo.games/contact/support/

※「INDIE Live Expo」に対する誹謗中傷、インディーゲームユーザーにとって不利益な情報を配信しない限りにおいて、無制限かつ自由にサイマル放送を行っていただけます。

<協賛企業一覧>

「INDIE Live Expo」では、この取組を継続可能なものとし、拡大していくために協賛・協⼒をしてくださる企業・団体を募集しております。オリジナルコーナー展開や、宣伝映像等の放映、ロゴの掲載も可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

◆協賛のお問い合わせ先:https://indie.live-expo.games/contact/sponsor/

<協力企業・メディアパートナー>

<「INDIE Live Expo Letter」無料購読者募集中>

INDIE Live Expo実行委員会は、個人クリエイター、ディベロッパー、パブリッシャー向けにゲームの宣伝と開発に役立つ情報をお届けするメールマガジン「INDIE Live Expo Letter」を刊行しています。ご興味を持たれましたら、この機会にぜひメールマガジンにご登録ください。
◆ご登録はこちら:https://indie.live-expo.games/contact/magazine/

関連記事

インディーゲーム開発者向けカンファレンス『Indie Developers Conference 2023』、タイムテーブルを公開。スポンサーとして任天堂、ハピネットなども参加
2023.12.08
3Dスキャンアプリを提供するLuma AI、3D Gaussian Splatting対応のライブラリ「Luma WebGL Library」を公開。Three.jsやReact-Three-Fiberと連携して使用可能
2023.12.08
『ストリートファイター6』にZBrushがいかに使われたかを解説するセッション動画が公開。キャラクターの個性を表現する筋肉表現とは
2023.12.08
Riot Games、『League of Legends』の「NEXUS BLITZ」復活にあたって施した、UIの再設計に関する解説記事を公開
2023.12.07
「Unreal Engine」2023年12月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!コンボの入力をバッファリングするシステムや、大規模なAIの群衆を実装するプラグインなど
2023.12.06
『Unity UI 完全に理解した勉強会』のアーカイブ動画が公開中。UI Toolkitの紹介、高度な検索型UIの実現手法など6講演が発表されている
2023.12.05

注目記事ランキング

2023.12.03 - 2023.12.10
1
フォートナイトとUEFNがv28.00にアップデート。新しいカメラの仕掛けにより、見下ろし視点や横スクロールのゲームが制作できるようになった
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
日産自動車、UEFNで作られたマップ『Electrify the World』を期間限定公開。EVコンセプトカーが登場する世界を楽しめる
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
9
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
13
フォートナイトとUEFNがv27.10にアップデート。プレイヤーに与える武器のマガジン内に入っている初期弾薬量を設定するオプションが追加
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
15
フォートナイトがv22.30にアップデート!クリエイティブモードにて「バトルロイヤル島」が登場したほか、メモリ使用量を表示する新たなマップUIが追加
16
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
17
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
18
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
19
フォートナイト上にオリジナルゲームを開発・公開できるPC専用エディタ『Unreal Editor For Fortnite(UEFN)』、ついにリリース!
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
22
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
23
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
26
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
27
【STEP6-4】インポートしたアセットを使ってギミックを作る
28
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
30
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

プロジェクト(Project)
プロジェクト
  1. 有限な期間で定められた目標を達成するための活動。
  2. ゲーム制作において、ひとつのタイトルを開発する活動。
  3. ゲームエンジンでは、ひとつのタイトルを開発するための環境一式。プロジェクトを開く起点となるファイルをプロジェクトファイルと呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!