個人利用無料のAIコーディングツール『Amazon CodeWhisperer』が正式リリース。リアルタイムのコード生成に加え、脆弱性チェックや意図しないコード盗用を防ぐ機能も

2023.04.19
ニュースAIプログラム
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • AWSがAmazon CodeWhispererを一般に公開
  • リアルタイムにコードを提案するツール
  • 個人プランは無料、プロフェッショナルプランは月額19ドル

2023年4月13日、Amazon Web Servicesは、個人利用無料のAIコーディングコンパニオン『Amazon CodeWhisperer』の正式リリースを発表しました。

Amazon CodeWhispererは、記述されたコードやコメントに続くコードをリアルタイムで自動生成する、AIコーディングコンパニオンです。Visual Studio Codeや、IntelliJ IDEAなどの統合開発環境(IDE)に拡張機能『AWS Toolkit』を導入することで利用でき、PythonJavaをはじめとする15種類の言語がサポートされています。

コメントに基づいたコードを生成する様子(画像は公式ブログより引用)

セキュリティスキャン機能

Amazon CodeWhispererは、コードに脆弱性があるかどうかをチェックするセキュリティスキャン機能を搭載。脆弱性を発見した場合、修正のためのコード提案も行います。

記事執筆時点でセキュリティスキャンがサポートされている言語は、Python、Java、JavaScriptのみ。

セキュリティスキャンの様子(画像は公式ブログより引用)

リファレンストラッキング機能

さらに、提案したコードと類似する、Amazon CodeWhispererがトレーニングデータとして使用しているオープンソースのコードをログに出力する機能を備えており、意図しないコードの盗用を防ぎます。ログには、類似するオープンソースコードのリポジトリURLとライセンス情報が出力されます。

コードのリファレンスをトラッキングしている様子(画像は公式ブログより引用)

Amazon CodeWhispererでは、無料の個人プランと、月額19ドルのプロフェッショナルプランが提供されています。

個人プランでは、コードの提案・セキュリティスキャン・リファレンストラッキングが利用でき、加入にはAWS Builder IDが必要です

詳細は公式ドキュメントをご確認ください。

Amazon CodeWhisperer 公式サイト個人で無料で使用できる Amazon CodeWhisperer が一般公開されました|AWSブログ

関連記事

Epic Gamesが開発中のプログラミング言語「Verse」って知ってる?編集部員が感じる2つの特徴「ロールバック」「非同期処理」などを解説
2024.06.12
Apple、統合開発環境「Xcode 16」のベータ版をリリース。予測的コード補完エンジンや、処理負荷を可視化する「flame graph」の実装など
2024.06.11
「シェーダー最適化入門」、サイバーエージェントのゲーム・エンタメ技術組織が新設ブログで公開
2024.06.10
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
NVIDIA、AIがゲームプレイをサポートする「Project G-Assist」を発表
2024.06.03
「次世代のAI PC」向けアプリの開発キット「Snapdragon Dev Kit for Windows」、Microsoft Buildで発表
2024.05.22

注目記事ランキング

2024.06.13 - 2024.06.20
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マージ(Merge)
マージ 何か複数のものをまとめて1つに融合・統合すること。ゲーム開発において、多くの場合、異なる作業者が同一のファイルを編集したのち、ひとつに統合する作業のこと。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!