ゲーム翻訳者・武藤 陽生氏、4/8(土)14時からゲーム翻訳講座を無料でライブ配信。オープンソース化したゲーム『Duelyst』を題材に使用

2023.03.29
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • ゲーム翻訳者の武藤 陽生氏が、4/8(土)14時からゲーム翻訳講座を無料で開催
  • オープンソース化したゲーム『Duelyst』のチュートリアル部分を使った講座
  • ライブ配信後、動画は非公開に

ゲーム翻訳者・出版翻訳者である武藤 陽生氏は、自身のYouTubeチャンネル上で、ゲーム翻訳講座を無料でライブ配信することを発表しました。開催日時は、2023年4月8日(土)14時より。

武藤 陽生氏はゲーム翻訳者であり、『Va-11 Hall-A』などの翻訳や、『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』の翻訳監修を手がけています。

同氏のYouTubeチャンネルでは、『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』の翻訳方針について話す動画や、ゲームのパブリッシングサポートを行う「架け橋ゲームズ」の方と対談する動画などが公開されています。

『Trek to Yomi』を担当した方との対談動画

そんな武藤氏はこのたび、ストラテジーカードゲーム『Duelyst』を使った、無料の翻訳講座を開きます。なお、『Duelyst』はオープンソース化されており、ゲームデータをすべて利用できます。

関連記事
サービス終了したストラテジーカードゲーム『Duelyst』、オープンソース化。個人の利用・改変だけでなく、商用利用も可能
2023.01.12

武藤氏は、『Duelyst』の原文をもとにした課題を用意し、事前に課題に取り組んだ4名の訳した文章を使って、講座が進行します。

講座を視聴するだけでも楽しめますが、ゲーム翻訳に挑戦したい方に向けて、課題用ファイルなども用意されています。

課題は『Duelyst』のチュートリアル部分で、ボリュームは500ワードほど。課題に使うファイルなどは、告知動画の概要欄に記載されています。講座前までに課題を翻訳しておくと、実りの多い講座になると武藤氏は話しています。

なお、今回のライブ配信は、配信終了後に非公開になります。

ゲーム翻訳講座の詳細は、告知動画をご覧ください。

武藤 陽生氏 YouTubeチャンネル

関連記事

Unity開発者向け技術カンファレンス「U/Day Tokyo 2024」、7/1(月)に渋谷で開催。Unity 6の展望や最新サービスの紹介など、9講演が実施予定
2024.05.29
リリース済の2Dランアクション作品をベースにゲームづくり。「GameMaker」用テンプレート『Super Chicken Jumper』が無料公開
2024.05.29
Googleマップの地理情報をもとにリアルな3Dマップを作成可能。Google Maps JavaScript APIの新機能「Photorealistic 3D Maps」、試験運用開始
2024.05.28
静音性を高めた磁気スイッチを採用。エレコム、75%サイズのキーボード「VK720A」シリーズの予約販売を開始
2024.05.28
フォートナイトとUEFNがv30.00へ大規模アップデート。使用できるフォートナイトキャラクターが800以上になったほか、UEFNのプロファイル機能などが追加に
2024.05.27
効率的なリギングやアニメーション制作をサポート。無料で使えるMaya用フレームワーク「eST3」をポリゴン・ピクチュアズがリリース
2024.05.27

注目記事ランキング

2024.05.23 - 2024.05.30
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!