「Unity 2022.2」におけるSplinesパッケージについて紹介する記事がUnityブログにて公開

2022.12.19
ニュースUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Splinesパッケージを紹介する記事がUnityブログにて公開
  • スプラインは、川や道路の作成、カメラトラックの設定などでよく使用される
  • スプライン機能や新しいツールオプションなどについて紹介されている

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、「Unity 2022.2 の Splines を使って、フロー状態でより美しいパスを描き出そう」と題した記事をUnityブログにて公開しました。

森を通る道、アニメーションパス、レベルデザインなどさまざまな分野でスプラインを活用(画像はUnityブログより引用)

今回の記事では、Splinesパッケージとスプラインの違いや、新しいツールオプションなどについて紹介しています。

スプラインは3Dと2Dの両方のクリエイティブツールでよく使用されるパスの一種です。主に川や道路の作成、カメラトラックの設定、領域や図形の定義などで使われます。

Unity 2022.2には、他のオブジェクトと同じように簡単にスプラインを作成できるSplines パッケージのアップデートが含まれており、開発者の独自のカスタムコンポーネントやUnity Asset Storeのパッケージを作成できます。

スプライン機能に含まれるコンポーネントは、以下の3種類が用意されています。

  • Instantiate:スプラインに沿ってアイテムのコピーを生成
  • Animate:ゲームオブジェクトをスプラインに沿って動かす
  • Extrude:スプラインに沿ってチューブメッシュを構築

「Instantiate」コンポーネントを使ってフェンスを構築(gif画像はUnityブログより引用)

さらに、Splines 2.1では、新たに複数の分岐したパスを持つスプラインを作成でき、接続されていない箇所からでもスプラインセクションを開始できるようになりました。

分岐、分断された部分からスプラインを描き始められる(gif画像はUnityブログより引用)

その他、スプラインの新機能、ツールオプションが多数追加されています。詳細は「Unity 2022.2 の Splines を使って、フロー状態でより美しいパスを描き出そう」をご確認ください。

Unity 2022.2 の Splines を使って、フロー状態でより美しいパスを描き出そう

関連記事

Unity Technologies、初心者から上級者まで幅広くカバーしたアニメーションの電子書籍を無料で公開。Blenderからのインポート、AIナビゲーションなど解説
2024.06.14
Unity 6からURPで正式導入される「RenderGraph」、サイバーエージェント「コアテク」が紹介記事を公開
2024.06.11
「シェーダー最適化入門」、サイバーエージェントのゲーム・エンタメ技術組織が新設ブログで公開
2024.06.10
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
Unity Technologies、データ指向プログラミングをサポートするUnityの新たなアーキテクチャ「DOTS」について解説した電子書籍を無料公開
2024.05.31
「Unity ゲーミングレポート 2024」、日本語版が無料公開。Unityで開発する約500万人のデータをもとに、AI活用など5つのトピックで動向をレポート
2024.05.30

注目記事ランキング

2024.06.13 - 2024.06.20
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マージ(Merge)
マージ 何か複数のものをまとめて1つに融合・統合すること。ゲーム開発において、多くの場合、異なる作業者が同一のファイルを編集したのち、ひとつに統合する作業のこと。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!