Valve、「Steam Deck」の日本発売を発表!特設サイトにて予約受付を開始

2022.08.04
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Valveが「Steam Deck」を日本を含むアジア地域で販売することを発表
  • ストレージと付属品が異なる3モデルを展開
  • 出荷時期は2022年の年末を予定

2022年8月4日、Valve CorporationKomodoは、ポータブルゲーミングPC「Steam Deck」を、日本を含むアジア地域で販売することを発表しました。また、発表に合わせて特設サイトにて、「Steam Deck」予約の受付を開始しています。

「Steam Deck」は、Steamの最新AAAタイトルでも快適に動作すると謳うポータブルゲーミングPCです。同製品はストレージや付属品が異なる3モデルを展開しており、特設サイトにて予約を受け付けています。なお、予約時には予約金として1000円が発生し、「Steam Deck」購入時には予約金が差し引かれます。

59,800円

  • 64GB eMMC
  • キャリングケース

79,800円

  • 256GB NVMe SSD
  • 高速ストレージ
  • キャリングケース
  • 限定Steamコミュニティプロフィールバンドル

99,800円

  • 512GB NVMe SSD
  • 最速ストレージ
  • プレミアム防眩エッチングガラス
  • 限定キャリングケース
  • 限定Steamコミュニティプロフィールバンドル
  • 限定仮想キーボードテーマ

初回出荷は2022年の年末を予定しており、日本から順次出荷されるとのこと。

KomodoはSteam向けのゲームの開発・パブリッシングも手掛けており、2022年8月6日~7日に開催されるBitSummit、2022年9月15日~18日に開催される東京ゲームショウにおいて、「Steam Deck」での初の自社制作作品を公開すると述べています。

詳しくはプレスリリースをご確認ください。

Steam Deck 購入予約サイト

 

以下、プレスリリースからの引用です。

 


VALVEがKOMODOと提携し、アジアでSTEAM DECKを提供開始

世界最強の携帯ゲーム機をBitSummitと東京ゲームショウで発表

Valve Corporationと株式会社 Komodoは本日、Valve が北米と欧州で販売しているポータブルゲーム端末、「Steam Deck」をアジア地域で提供する計画を明らかにしました。初回分は、日本、韓国、香港、台湾で 2022年の年末に出荷される予定で、オンライン予約は本日より、https://steamdeck.komodo.jp で受け付けています。

Valveの代表取締役社長兼CEOであるゲイブ・ニューウェルは、「私たちは日本、韓国、香港や台湾のゲーマー達が、「Steam Deck」の性能とデザインにより、皆様が知っているゲームや好きなゲームをプレイするための最高な方法だと納得していただけることを願っています」と述べています。

出荷は日本から開始され、その後数週間以内に韓国、香港、台湾のお客様にもお届けする予定です。本格的なPCでもあり、数百タイトルのシングル・マルチプレイヤーゲームに対応する世界最強の携帯ゲーム機である「Steam Deck」は本年2月に北米と欧州の一部で発売され、絶賛を博しました。

Komodoは、リッキー・ウーイとモモセ・ジャック・レオンの共同設立で、株式会社Degicaのゲーム部門が独立した新会社として設立され、VRシステムの「Valve Index」を販売するなど、長年のゲームパブリッシングの経験を活かしています。ウーイはValveにおいて、アジアでの急成長期にSteamの事業開発を主導した経験があり、モモセはデジカの創業者でもあり、パブリッシャーとして、またSteamの地域決済サービスを提供するなど、長年にわたってValveと連携しています。

Valveのグレッグ・クーマー氏は次のように述べています。「我々は、Komodoと協力して「Steam Deck」をアジアに展開することに非常に興奮しています。Komodoのチームとは何年も一緒に仕事をしてきており、彼らがお客様を非常に満足させる手助けをしてくれると、高い信頼を寄せています。」

Komodoは、今回のValveとの「Steam Deck」の配信以外にも、Steam向けのゲームの開発・パブリッシングを行っており、今週末に京都で開催されるBitSummit および9月の東京ゲームショウで、「Steam Deck」での初の自社制作作品を公開する予定です。

KomodoのCEOであるリッキー・ウーイは、「アジアのゲーマーにSteam Deckを提供できることを大変光栄に思っていますし、今週末の京都と来月の東京ゲームショウで「Steam Deck」、そして初の自社開発ゲームを紹介することを楽しみにしています」と述べています。

「Steam Deck」は、AAAタイトルなど世界的に有名なゲームをはじめ、世界中のゲーマーに親しまれている数千ものゲームが動作するパワフルな携帯ゲーム機です。
使いやすさ、人間工学、快適さを追求し、それぞれのゲーマーのプレイスタイルに合わせたカスタマイズも可能です。

「Steam Deck」は、今年後半に以下の価格でアジア地域に出荷される予定です。

日本:¥59,800
台湾:NT$13,380
香港:HK$3,288
韓国:₩589,000

アジア地域での「Steam Deck」のご予約は、https://steamdeck.komodo.jp でお受けしています。

プレスリリース

関連記事

インディーゲーム情報番組「INDIE Live Expo 2024.5.25」、番組内容発表!『ピギーワン SUPER SPARK』『少年期の終り』などが注目タイトルに
2024.04.19
Unity Technologies、HDRPを解説した無料の電子書籍をUnity 2022 LTS版にアップデート。進化した水面の表現やSpeedTreeを組み合わせたTerrainの使い方を183ページにわたって紹介
2024.04.19
オーディオミドルウェア「Wwise」のサウンドをUnreal Engineで再生。「書かれた通りに設定すれば必ず動作する」ガイド、Audiokineticが公開
2024.04.18
【2024年5月25日(土) 東京開催】ゲームづくりで盛り上がろう!「ゲームメーカーズ スクランブル2024」 イベント情報(随時更新)
2024.04.18
“弾が大きくて遅い”対戦TPS『FOAMSTARS』、戦闘システムが生まれた経緯をトイロジックが解説。重視したポイントは「いかに上手くエイムできるか」ではない
2024.04.18
インディーゲーム開発者向け支援プログラム「iGi」、第4期がスタート。選出された6チームやiGi特別賞が発表される
2024.04.17

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
18
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!