Unity上でアセットレギュレーションのテストができる『Asset Regulation Manager』がリリース、自動化も可能

2022.06.17
ニュースUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • CyberAgentが『Asset Regulation Manager』をOSSとしてリリース
  • Unity上でアセットレギュレーションのテストができる。自動化も可能
  • パラメーターの指定方法やスクリプトでの実行、結果の書き出し形式の指定など開発現場に合わせた使い方もできる

CyberAgentのゲーム・エンターテイメント事業部は2022年6月16日、『Asset Regulation Manager』をOSSとしてリリースしたことを発表しました。

ゲーム開発において「アセットレギュレーション」を厳密に管理することは重要です。 アセットレギュレーションの代表的な例として、テクスチャサイズやメッシュの頂点数の制限などが挙げられます。本ツールを使うことで、Unity上でアセットレギュレーションのテストケースを作成、実行、そして自動化することもできます。

CyberAgent|Developer Blogのリリース記事では、本ツールのコンセプトや使用方法などが詳しく解説されています。

アセットレギュレーションが管理されず規定外のサイズのアセットが使用されると、ロード時間やダウンロード時間、メモリの使用量に影響が出る

リリース記事内では、アセットレギュレーションの自動化までの流れを細かく画像付きで解説している

画像は、テストによってレギュレーション違反のアセットを発見している様子

本ツールでは開発現場にあわせて様々な使い方ができるよう、以下のような機能も実装されているとのことです。

  • Targets、Constraints の多様な指定方法(独自の指定方法を作成することも可能)
  • コピペや Undo/Redo などのGUIツールに必要な機能一式
  • 結果をテキストではなくJson形式で書き出すオプション
  • GUIツールを使わずにスクリプトから操作するフロー

これらの機能の詳細は、GitHub内のドキュメントに掲載されています。

『Asset Regulation Manager』 リリース記事『Asset Regulation Manager』 ダウンロードページ

関連記事

Unity Technologies、初心者から上級者まで幅広くカバーしたアニメーションの電子書籍を無料で公開。Blenderからのインポート、AIナビゲーションなど解説
2024.06.14
Unity 6からURPで正式導入される「RenderGraph」、サイバーエージェント「コアテク」が紹介記事を公開
2024.06.11
「シェーダー最適化入門」、サイバーエージェントのゲーム・エンタメ技術組織が新設ブログで公開
2024.06.10
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
Unity Technologies、データ指向プログラミングをサポートするUnityの新たなアーキテクチャ「DOTS」について解説した電子書籍を無料公開
2024.05.31
「Unity ゲーミングレポート 2024」、日本語版が無料公開。Unityで開発する約500万人のデータをもとに、AI活用など5つのトピックで動向をレポート
2024.05.30

注目記事ランキング

2024.06.09 - 2024.06.16
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マーケットプレイス(Market Place)
マーケットプレイス
  1. インターネット上で売買を行う仕組みやウェブサイト自体を示す。
  2. Epic Games LauncherやアンリアルエンジンのWebサイトからアクセスできる、アンリアルエンジン用のオンラインストア。アセットやプラグインなどの販売・購入が可能。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!