Googleマップの地理情報をもとにリアルな3Dマップを作成可能。Google Maps JavaScript APIの新機能「Photorealistic 3D Maps」、試験運用開始

2024.05.28
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Google Maps JavaScript APIの新機能「Photorealistic 3D Maps」、試験運用開始
  • Googleが保有する地理情報をもとに3Dマップを作成できる
  • 3Dマップのデモや公式ドキュメントも公開されている

Googleは2024年5月14日(現地時間)、同社が提供するAPI「Google Maps JavaScript API」の新機能として、Googleが保有する地理情報をもとに3Dマップを作成できる「Photorealistic 3D Maps」の試験運用を開始したと発表しました。

(画像はGoogle Maps Platformのブログ記事より引用)

Google Maps JavaScript APIは、Googleマップの機能をWebサイトやアプリケーションに組み込むことができるツールです。

今回、同APIの新機能である「Photorealistic 3D Maps」の試験運用が開始されました。本機能は、Googleが保有する地理情報を用いることで、現実世界に即したリアルな3Dマップの作成およびレンダリングが可能です。

「Photorealistic 3D Maps」のデモ映像

本機能はHTMLやJavaScriptで動作するWebコンポーネントとして設計されており、ポリゴンやポリラインのオーバーレイ、2Dデータの3D変換、レイヤーの切り替えなどを簡易的な操作で行えます。

記事執筆時点では、50か国以上の2,500を超える都市の3Dデータを利用可能です。

Photorealistic 3D Mapsで取得した、ハワイ・オアフ島の3Dマップ(画像はGoogle Maps Platformのブログ記事より引用)

試験運用中は本機能を無料で使用できます。また、本機能により作成された3Dマップのデモや、公式ドキュメントも公開されています。

詳細はGoogle Maps Platformのブログ記事をご確認ください。

「Access 3D Maps in Maps JavaScript API starting today」Google Maps Platform

関連記事

500以上のアニメーションを同梱。UE5.4の「Motion Matching」学習に役立つサンプルプロジェクトをEpic Gamesが無料公開
2024.06.13
ゲーム業界を目指す学生のCEDEC2024/TGS2024参加をサポート。IGDA日本、「スカラーシッププログラム」参加者を募集中
2024.06.13
株式会社デジタルハーツ 渡辺 栄宏氏による「全開発者におくるデバッグ入門! 個人開発でも使えるQA Tipsや基礎的な考え方をご紹介」のスライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.13
プロデューサー ディレクター 脚本家 山中拓也氏による「心に残る物語のつくりかた」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.13
Blender4.2 LTSのベータ版がリリース。EEVEEの改善やレンダリングの強化による主要な既存機能の変更をピックアップ
2024.06.12
「Substance 3D Modeler」が1.11にアップデート。シーン内オブジェクトの管理に役立つScene Outlinerや、指定オブジェクトだけエクスポートできる機能が正式に追加
2024.06.12

注目記事ランキング

2024.06.07 - 2024.06.14
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!