オーディオミドルウェア「Wwise」のサウンドをUnreal Engineで再生。「書かれた通りに設定すれば必ず動作する」ガイド、Audiokineticが公開

2024.04.18
ニュースアンリアルエンジンサウンド
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Audiokinetic、Unreal EngineでWwiseのサウンドを再生するガイドが公開
  • 詳細な解説により、「書かれた通りに設定すれば必ず動作する」とのこと
  • 記事後半には、フォルダの配置例やUAssetの作成方法などのTipsも

Audiokineticは、Unreal EngineでWwiseから発音する方法」と題した記事を「akBlog」公開しました。

「思った通りに動かない」といった問題によってWwiseが難しいと思われてしまうことを避けるため、「書かれた通りに設定すると必ず動作する」手順を解説しています。

解説に用いられたバージョンは、Wwise 2023.1.1.8417」と、Unreal Engine 5.3.2

今回はWwise内に存在する波の音の素材をサンプルに、Unreal Engine(以下、UE)上で音を発するまでの手順を記載しています。

記事では、UEのサードパーソン テンプレートを使ってプロジェクトを作成するところからはじまり、プラグイン「Wwise Unreal Integration」の導入、各ソフトウェアの初期設定などの項目に分けて丁寧に解説されています。

(画像はakBlogより引用)

なお、フォルダの配置例やUAssetの作成方法などのTipsも「付録」として紹介されています。

詳細は、akBlogをご確認ください。

akBlog『Unreal EngineでWwiseから発音する方法』

関連記事

iZotope、高機能オーディオリペアツール「RX 11」を発売。機械学習による超強力なノイズ除去ツールの進化など、注目の新機能を紹介
2024.05.17
設定漏れも一目で分かる。おかず氏、Actor・PrimitiveComponentを条件で色分けできるUE5.4用プラグイン「Custom Actor Coloration」を公開
2024.05.14
「ゼロから始めるプロシージャル入門!」など、Epic Gamesが講演した技術セミナー「Epic Games Conference 2024」の講演資料が公開
2024.05.09
マテリアルについて知る講演、UE5.4で改良されたActor Coloration機能の解説も。UE勉強会「Unreal Engine Meetup Connect」第2回の講演資料が公開
2024.05.09
「Unreal Engine」2024年5月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!東京をイメージした環境アセットや、魚群をシミュレーションできるプラグインなど
2024.05.08
対戦TPS『FOAMSTARS』開発に活用したUE4の「エフェクトのプール機能」、トイロジックが紹介記事を公開
2024.05.08

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!