スライド式メカニカルキーボード採用のポータブルゲーミングPC「GPD WIN 4 2024」発売。Ryzen 7 8840U、2TBのSSD、32GBのメモリを搭載

2024.04.08
ニュース周辺機器・ハードウェア
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • スライド式のメカニカルキーボードを採用したポータブルゲーミングPC「GPD WIN 4 2024」が発売
  • 本体サイズが約220×92×28mm、重さ約598gの小型ポータブルゲーミングPC
  • OSはWindows 11 Home、Ryzen 7 8840U、32GBのメモリ、2TBのSSDを搭載

GPDブランドの代理店である天空やリンクスインターナショナルは、同ブランドのポータブルゲーミングPC「GPD WIN 4 2024」を発売します。

2社で発売時期などが異なり、天空の「GPD Direct」では発売中。リンクスインターナショナルは、Amazon.co.jpなどの各種ECサイトにて、4月上旬に165,600円(税込)で発売を予定しています。

本体カラーはブラック・ホワイトを展開しているが、GPD Directではブラックのみ扱っている(画像はGPD Direct 製品ページより引用)

「GPD WIN 4 2024」は、本体サイズが約220×92×28mm、重さ約598gの小型ポータブルゲーミングPCです。ディスプレイは6インチで、タッチ操作に対応、リフレッシュレートは最大60Hz。

また、ディスプレイをスライドすることでスライド式メカニカルキーボードも使用できます。

ゲームパッドや各種ボタン、光学式マウスセンサー、指紋認証センサーのほか、背面に2つの物理ボタンを備える(画像はGPD Direct 製品ページより引用)

OSはWindows 11 Homeで、CPUはAMDの「Ryzen™ 7 8840U」、メモリはLPDDR5x 32GB、ストレージは2TBのSSDを採用しています。

バッテリー容量は45.62 Wh、バッテリー連続動作時間 は2~10時間とのこと。

本体には6軸のジャイロセンサーも搭載(画像はGPD Direct 製品ページより引用)

さらに、OCuLinkポートが搭載されているほか、外付けGPU「GPD G1」にも対応しています。

関連記事
小型eGPUボックス「GPD G1」の最新バージョンが登場。OCuLinkにより3画面同時出力を実現する「GPD G1 2024」、リンクスインターナショナルから発売中
2024.03.29

複数ポートを備えたGPD 4シリーズ専用クレードル(別売)を使用することで、マウスや外部ディスプレイなど、周辺機器との接続がより手軽になります。

(画像はGPD Direct 製品ページより引用)

詳細は、製品情報(天空リンクスインターナショナル)をご確認ください。

GPD WIN 4 2024 | GPD DirectGPD WIN 4 2024 | リンクスインターナショナル

関連記事

2D向けゲームエンジン「GameMaker」で2024年にリリースされる機能は?新しいコードエディターやPrefab機能など、提供予定の機能を紹介する記事をYoYo Gamesが公開
2024.05.20
Adobeの「Substance 3D Modeler」のバージョン1.10.50がパブリックベータに。ブーリアンを使った非破壊プリミティブやオブジェクトのアウトライン管理が可能に
2024.05.20
インディーゲーム紹介番組「INDIE Live Expo 2024.5.25」、情報更新。注目作品として『Hotel Barcelona』『けものティータイム』『Hookah Haze』が発表
2024.05.20
iZotope、高機能オーディオリペアツール「RX 11」を発売。機械学習による超強力なノイズ除去ツールの進化など、注目の新機能を紹介
2024.05.17
VESAによるHDRモニターの認証規格「DisplayHDR」がバージョン1.2へ更新。色域要件の厳格化が行われたほか、新たなテスト手法の追加も
2024.05.17
ゲーム開発者から多く寄せられたSteamの質問と回答をValveが公開。Steam内でゲームが表示される仕組みなど、8つの質問に回答
2024.05.16

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!